<半分、青い。>鈴愛の“朝ドラヒロイン感”はずれた人生に共感の声「現実ってこうだよね」

<半分、青い。>鈴愛の“朝ドラヒロイン感”はずれた人生に共感の声「現実ってこうだよね」

朝ドラらしくない?鈴愛の人生を振り返る

注目を集めた2018年上期の連続テレビ小説「半分、青い。」(NHK総合ほか)が幕を下ろした。多くの視聴者がヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の人生を見届けたいと毎朝チャンネルを合わせ、自身の経験や価値観に照らしてSNSなどで感想をつぶやいた。さまざまな感情を呼び起こした楡野鈴愛の半生とは、どんなものだったのか。(以下ネタバレがあります)

■ 漫画家を目指し、挫折した20代

鈴愛は1971年7月7日、岐阜県の小さな町で生まれた。多くの朝ドラの出発点は、ヒロインの幼少期。だが今作は、鈴愛が母親のおなかの中にいる状態で始まった。

難産の末に誕生した鈴愛は、同じ日に同じ産院で生まれた萩尾律(佐藤健)、幼なじみの西園寺龍之介(=ブッチャー、矢本悠馬)、木田原菜生(奈緒)とともに幼少期を過ごし、9歳で左耳を失聴した。

高校3年時には、就職活動にも苦労した。なかなか内定が得られない中で祖父・仙吉(中村雅俊)の尽力もあり農協から内定を受けたものの、律に借りた少女漫画がきっかけで秋風羽織(豊川悦司)の描く世界に魅せられ、上京。秋風のオフィスで漫画修業を始めた。

小宮裕子(清野菜名)や藤堂誠(=ボクテ、志尊淳)とともに漫画家修業に打ち込み、20歳で見事デビュー。しかし、長く壮絶なスランプの末、27歳で漫画家を辞め、秋風の元を去った。

■ 職を転々とした30代

この頃から、鈴愛の人生は朝ドラヒロイン“らしさ”から大きく逸脱していく。

秋風オフィスを離れた鈴愛が選んだ職は、それまでのキャリアとは何の関連もない“百円ショップ店員”。そこで出会った映画監督志望の青年・森山涼次(間宮祥太郎)と結婚し、愛娘・花野をもうけた。

だがその後、36歳で離婚し、バツイチのシングルマザーとなって帰郷。「私は人には使われん。私は、社長をやる」と宣言し、仙吉から五平餅の味を受け継いで“センキチカフェ”をオープンした。

カフェが軌道に乗ると、今度は「スケートを習いたい」という花野の願いをかなえるため再上京。シェアオフィスでアイデア商品を開発・販売する仕事を細々と続けたあと、母・晴(松雪泰子)の一言をきっかけに、39歳で律と“そよ風の扇風機”の開発を開始。40歳で“マザー”ことそよ風の扇風機を完成させ、ドラマは幕を下ろした。

■ やりきったら、振り向かない

これまで連続テレビ小説でたびたび描かれてきたヒロイン像は、これと決めたことに向かってひたすら突き進む女性だ。強い動機づけがあり、そこに向かって壁を乗り越えていくストーリーはわかりやすく、視聴者の共感も呼びやすい。1回見逃してもすぐに展開に追いつくこともでき、毎朝15分という放送形態にもマッチする。こうしたヒロイン像は“朝ドラの王道”と評されることも少なくない。

著名なファッションデザイナー姉妹の母がモデルの「カーネーション」(2011年下期)や児童文学「赤毛のアン」の翻訳者をモデルにした「花子とアン」(2014年上期)、ニッカウヰスキーの創業者夫妻を描いた「マッサン」(2014年上期)、日本で初めて女子大学を設立した女性がモデルの「あさが来た」(2015年下期)など、何かを成し遂げた実在の人物に材をとった作品も多い。

「半分、青い。」の鈴愛は、そうしたヒロイン像とは大きく異なる人生を歩んできた。これと決めたことにひたすら突き進む部分は同じだが、全力でぶつかってボロボロになるまで格闘したらすっぱりと思いを断ち切り、いっさい振り向かない。

たとえば、漫画家を辞めた鈴愛は“絵を描くこと”を封印した。描くことはプロの腕前なのにもかかわらず、花野にせがまれても絵を描くことはなく、「私はペンを持ったら、本気出しそうで怖い。ただ者ではないと思われたらかなわん」と冗談とも本気ともつかぬ言い訳をしてみたりする。鈴愛が再び絵を描くまで、漫画家を辞めてから8年以上が経っていた。

■ 「人間には“生きる力”がある」

楡野鈴愛の物語が、わかりやすく共感を得やすい王道ストーリーから逸脱してまで表現したもの。それは“生きる力”だ。

脚本家の北川悦吏子氏は、ドラマスタート前にザテレビジョンのインタビューで「どんなことが起こっても人間には生きていく力があるということを伝えたいんです。“人間って強いよ”、そうじゃない?と問い掛けたい」と語っていた。

9歳で左耳の聴力を失った鈴愛は、ショックから立ち直り「お母ちゃんに“鈴愛の左耳はこんなに楽しい”って見せたい」と、律の協力を得てゾートロープを作り上げた。

何があっても、それを生きる力に変えて前に進む。そんな鈴愛の生き方は、最終回まで変わることはなかった。漫画家から百円ショップ店員、突然の結婚と、離婚。センキチカフェからの再上京。東京でのリヤカー引きから、そよ風の扇風機開発――。その都度目の前のものに全力でぶつかり、文字通り七転び八起きの半生を送った鈴愛の“生きる力”の逞しさは、たびたび話題を呼んだ。

■ 永野芽郁「変わらないからこそ鈴愛」

最終回が放送された9月29日、公式サイトでは、永野芽郁と佐藤健のインタビューを掲載。その中で、永野は鈴愛について「鈴愛もあまり変わった実感がありません。40歳になっても子ども時代と変わらない口調ですし(笑)」と前置きしつつ、「でも、変わらないからこそ鈴愛だなぁ、とも思います。周りを気にせずに突っ走って、うまくいったり、うまくいかなかったりする。それって人間らしいですよね。たぶん、良いとか悪いとかより前に、人としてのパワーにあふれているのが鈴愛なのかもしれません」と振り返った。

「鈴愛の人生ってかなりリアルだと思う」「人生は期待通りに進まないけれど、悪いことばかりじゃない。現実ってこうだよね」「“正しい生き方”ができていない自分みたいな人間に優しいドラマだった」――。「半分、青い。」最終回を受け、SNSなどではそんな声も上がっている。

■ “初志貫徹”こばやんが再登場

“王道”の朝ドラももちろんいいけれど、現実はそんな人生ばかりではない。壁に阻まれて前に進めないこともあるし、自分自身が能力の限界を感じて諦めてしまうことだってある。リアルに近いヒロインを描いたことが、この作品の“新しさ“だったのだろう。

そんな「半分、青い。」だが、最終回には“王道”らしき人生を歩んだ人物も登場した。高校時代の鈴愛が初めてデートした相手・新聞部(当時)の“こばやん”こと小林(森優作)だ。

拷問器具について熱く語る鈴愛に引いてしまった小林と“次の約束”を交わすことはなく、恋はフェードアウト。それから20年以上の時を経て、小林は新聞記者となって鈴愛の前に現れた。

「本当に新聞社に入ったんですね」と感慨深げな鈴愛に、小林は「初志貫徹」と言い放った。その一言を、鈴愛はどんな思いで聞いただろうか…。鈴愛と好対照な人生を歩んだこばやんが最終回で登場したのには、“懐かしキャラ登場”だけではないインパクトがあった。

見る者の予想を裏切る半生を歩んできた鈴愛。この先もきっと、予測不可能で生きる力にあふれた人生を送ることだろう。鈴愛のこれからの人生に幸多からんことを願うばかりだ。

なお、10月8日(月・祝)には連続テレビ小説「半分、青い。」総集編を NHK総合で放送予定。 昼1:30-2:58総集編(前編)、 昼3:05-4:33総集編(後編)となっている。後日BSプレミアムでも総集編を放送予定。「半分、青い。」本編は初回からすべて、有料動画サービス・NHKオンデマンドでも視聴できる。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)