女性刑事熱演の吉田羊「“演じる”というのは“役を生きること”だと思わせてくれた作品」

女性刑事熱演の吉田羊「“演じる”というのは“役を生きること”だと思わせてくれた作品」

「連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜」で主人公の女性刑事・石川百合を演じる吉田羊

吉田羊主演の「連続ドラマW コールドケース2 〜真実の扉〜」が10月13日(土)からスタート(毎週土曜夜10:00-11:00、WOWOWプライム※第1話は無料放送)。

本作は、米CBSの大ヒットドラマ「コールドケース」を、オリジナル脚本と日本人キャストでリメークしたもので、未解決凶悪犯罪、通称“コールドケース”を扱う捜査チームの活躍を描く。2016年10月に放送された第1シーズンから2年がたち、よりパワーアップした神奈川県警捜査一課の5人が、再び難事件に立ち向かう。

今回は、主人公の女性刑事・石川百合を演じる吉田にインタビューを行い、役に没頭したという彼女の作品への取り組み方やキャスト・スタッフに対する深い愛情が明かされる。

――2年ぶりにコールドケースがスタートしますが、シーズン2をやると聞いたときの心境をお聞かせください。

私自身、この作品と石川百合というキャラクターが大好きなんです。女優として正しい位置に戻してくれますし、自分との境目が分からなくなるくらい感情移入できる役なので、本当に一生付き合っていきたい作品だと思っていました。なので、シーズン2が決まった時はとにかくうれしかったです。続編というのは愛してくれる方がいないと成立できないことですので、視聴者の皆さまと愛される作品を作ってくださったプロ集団のスタッフに心から感謝する思いでした。

ただし、2年後を描くというのは同じ世界でありながら新しいものを提供しなければならないし、もう一段階上の作品作りが必要となります。実際に現場に入ってみると、より深く進化した作品になっているなと思いましたので、その辺りは杞憂(きゆう)に終わりました。

――具体的に「もう1つ上の作品作り」とはどういうものなのでしょうか?

シーズ1をへているので「ここで百合さんはどうするだろう?」と考える必要がありませんでした。言ってしまえば、“私が感じたこと=百合さんの考えである”という結論に至ったので、「役としてどうするのか」ではなく「このシーンをどうするのか」という時間に充てられたという意味で、もう一段階上の作品作りができたと思っています。

――役と一体化できるのは役者としてとても幸せなことですね。

そうですね。演じていて無理がないというのは私にとって理想的で、その点で百合さんは天職というか(笑)、“演じる”というのは“役を生きること”だと思わせてくれた作品でもあります。

――シーズン1と比べてキャストやスタッフのチームワークはいかがでしたか?

シーズン2の撮影初日、1と変わらないロケーションとスタッフがいて「ホームに帰ってきたな」と感じました。それが1人よがりの考えではなく、リハーサルを終えた際に監督が「OK! 百合が帰ってきた!」って言ってくださったんです。「あーみんな同じ気持ちでいてくださったんだ」と思って、そういう意味でも「私のホームはここなんだな」って思いました。

安心感があって懐が深く、何をやっても受け止めてくださるし、もちろん返してもくださるし、そこの信頼関係というのは、このシリーズをより進化させる要素だと思っています。

――レギュラーメンバーと改めて共演して新しい発見はありましたか?

高木信次郎を演じる永山(絢斗)くんに関しては、彼が心を開いてくれたなと(笑)。シーズン1では私のことを「吉田さん」と呼んでいましたが、今回は「羊さん」と呼んでくれるようになりました。そんなこともあってか、永山くんとのシーンはディスカッションする瞬間が多くありました。

あと、三浦友和(本木秀俊役)さんが、シーズン1より我々の近くにいてくれるようになりました。前回はランチが別々だったんですけど、今回は三浦さんの方から「一緒に食べようか」と言ってくださって。「カメラが回っていないところでもチームワークができているな」と思いました。

――撮影中の印象的なエピソードをお聞かせください。

滝藤賢一(立川大輔役)さんが、ずっと鍛えていて空き時間に滝藤流のストレッチを全員でやった思い出があります(笑)。あとは、みんな光石研(金子徹役)さんが大好きなんですけど、光石さんに言うせりふに対して、感情が入り過ぎるといううれしい悩みもありましたね(笑)。

――本編を拝見しましたが、どことなく高木に向ける百合の表情が「優しくなったな」と感じました。

シーズン2は1よりも「“慈しみ”が増したな」と思っていて、高木はシーズン1で起こった悲しい出来事をへていますし、さらに私自身も赤松(ユースケ・サンタマリア)の事件をへています。そんな中で、捜査一課の5人が互いを思いやったり、労り合ったりして絆が深まっているように思います。

「百合さんは孤独ではないのかもしれない」とも感じました。百合も同じようなことを思ったのだとしたら、きっとこの2年間で、あの4人に対して彼女はより心を開いただろうし、捜査対象者にしても「心のそばに立つことを怖がらなくなっただろう」と想像しました。そうしたものが結果的に慈しみにつながっている気がします。

――撮影中に心の支えになったものは何ですか?

捜査一課のメンバーが心の支えでした。撮影が長丁場になることもありましたが、それでも楽しくいられたのは「現場に行けばあの4人に会える」と思えたからです。

――百合と似ていると感じる部分はありますか?

誤解を恐れずに言えば、私は「結局人は孤独だ」と思っていて、百合さん自身も小さい頃から絶対的な孤独を抱えていて「人間は完全に分かり合うことはできない」と考えているんです。だからこそ「寄り添おうとすること」はできるのかなと。分かったふりをして側にいるのではなく、「分からないけど側にいるね」という百合さんのスタンスは共感できます。

――ではまったく違う点はありますか?

頭の良いところ(笑)。百合さんは心理学も学んでいて切れ者だし、「こういう風になれたらいいな」と思っていますね。

――石川百合を演じてみて意識の変化はありましたか?

先ほど「女優として正しい位置に戻してくれる」と申しましたが、この役をへて別の作品に入った時に、無理をしている自分に気付くんです。「あ、これ芝居をしようとしているな」というバロメーターになりましたね。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)