有働由美子、手のひらに書いたメモ書きをバラされる

有働由美子、手のひらに書いたメモ書きをバラされる

マツコデラックスがNHKと民放の違いを力説

10月1日に放送された「月曜から夜ふかし」(日本テレビ系)は、番組初の生放送。同日放送された報道番組「news zero」のメーンキャスター、民放初登場のフリーアナウンサー・有働由美子をスタジオゲストに迎え、番組MCの村上信五(関ジャニ∞)やマツコデラックスと生トークを展開した。

トーク開始早々、村上に手のひらの「メモ書き」を指摘された有働は「(news zeroスタッフの)みんなには私今日カンペ使わないからって言ったのに、忘れたら困るからって、こっそり手に…。今バレた」と言い訳し、「すいません」と頭を下げた。

また、マツコが「news zero」の演出にダメ出しをすると、有働は「私にはスゴいみんな評判いいですよって言ってましたよ」と、周りから言われたことを告白。

マツコは「だから信じちゃダメよだれも。みんな陰で言ってんだから。誰も信じるな。資本主義ってそういうことだからな。

だって今までもう社会主義(NHK)で生きてきたから。やっと今資本主義に来たからさ。そういうことなのよ」と、NHKと民放との違いについて持論を展開した。

ネット上では「夜ふかしにも有働さん」「手のひらに書いたカンペ、汗で滲んで消えた」「生でも安定感すごい」などさまざまな意見が寄せられていた。

次回の「月曜から夜ふかし」は10月6日(土)夜9時より、2時間のスペシャルとしてオンエア予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)