高橋克実&ひょっこりはん、泥棒役で新米刑事・中島健人を追い込む!?

高橋克実&ひょっこりはん、泥棒役で新米刑事・中島健人を追い込む!?

10月13日(土)放送の「ドロ刑―」でゲスト出演する高橋克実。その役どころは10年に一度の大物空き巣だ

Sexy Zone・中島健人主演の新土曜ドラマ「ドロ刑ー警視庁捜査三課-」(10月13日(土)スタート、毎週土曜夜10:00-10:54日本テレビ系)の第1話に登場するスペシャルゲストが高橋克実とひょっこりはんであることが分かった。

■ 「ドロ刑」は中島健人×遠藤憲一が異色のタッグを組む新感覚刑事ドラマ

本ドラマは、現在「週刊ヤングジャンプ」(集英社)で連載中の福田秀の漫画「ドロ刑」を原作に映像化した刑事ドラマ。

新米刑事・斑目勉(中島)と大泥棒・煙鴉(遠藤憲一)という異色の年の差バディが事件を解決するという斬新な設定が話題となっている。

■ 高橋克実&ひょっこりはんの役どころをチェック!

高橋が演じるのは、人生を懸けて自らの盗みの技を磨いてきた伝説の空き巣「キツツキのマサ」こと瀬戸正次郎。

窓ガラスに、極めて小さな穴をあけて侵入する「突き破り」という手口を得意とし、空き巣の世界では「10年に1人の大物」と言われる“キツツキのマサ”が斑目と煙鴉の前に立ちはだかる最初の難敵となる。

一方、ひょっこりはんが演じるのは電車内に現れるスリの常習犯。たまたま現場に居合わせたプライベート中の警察官・斑目からも財布を奪ってしまう。

1話にして大物泥棒役として“ラスボス感”漂う高橋と、まさに「ひょっこり!」と現れ、悪さをするひょっこりはんの存在感にも注目だ。なお、初回放送は15分拡大、夜10:00-11:09で放送。

■ 中島健人演じる主人公の役どころと最新あらすじをチェック!

<第1話>斑目(中島)は「公務員で安定している」という理由で警察官になった“さとり世代”の若手警察官。非番の日はプライベートを大切にするあまり、電車内の泥棒騒ぎを見て見ぬふりをして自分の財布がスリ(ひょっこりはん)にすられたことにも気付かないほど。

しかし、その様子が警視庁の鯨岡(稲森いずみ)の目に留まり、なぜか窃盗犯専門の捜査三課の刑事に抜てきされる。

刑事講習初日、喜ぶどころか定時に帰れなくなることに意気消沈する斑目は、バーで隣り合わせた男(遠藤)に愚痴をこぼす。

あきれる男だったが、帰り際に斑目から「煙鴉さん」と声を掛けられ、表情は一変。

煙鴉というのは煙草の香り以外一切の痕跡を残さないという伝説の大泥棒。その姿は誰にも見せたことがないはずだが、斑目はその香りから男の正体が煙鴉だと見抜いたのだ。

皇子山(中村倫也)はじめ三課の刑事たちが喉から手が出るほど捕まえたいと思っているはずの自分を、斑目は逮捕するかと思いきや、「今、オフなんで」と見向きもしない。そんな斑目に煙鴉は憤りを感じる。

翌日、斑目は“キツツキのマサ”(高橋)の張り込みに失敗し落ち込む。そこで、煙鴉は「お前にマサを捕まえさせてやる」と持ち掛ける。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)