福山雅治×バカリズムによる“日テレの朝ドラ”が始動!「挑戦的かつエンタメな朝ドラになれば」

福山雅治×バカリズムによる“日テレの朝ドラ”が始動!「挑戦的かつエンタメな朝ドラになれば」

福山雅治&バカリズムによる豪華タッグが実現!

日本テレビが開局65年を機に立ち上げた「ドラマ製作プロジェクト」の詳細が明らかになった。

企画プロデュース・主題歌を福山雅治が、脚本をバカリズムが担当する当プロジェクト。

これまで2人による不定期特番「ご参考までに。」を通じ、12月放送を目標に朝ドラマを制作すること、タイトルは「生田家の朝」に決定したことは発表されていた。

放送時間は、同局朝の情報番組「ZIP!」放送中の朝7時50分頃から7分ほど。12月10日(月)にスタートし、12月26日(月)まで全13回の放送予定だ。

バカリズムが手掛けるドラマの内容は「どこにでもいるフツーの家族」の朝の物語。お茶の間とテレビの中が合わせ鏡のように同じ時間軸で進んでいき、日常に起こる小さな事件や小さな幸せを描く。

主演・生田浩介を演じるのは、ユースケ・サンタマリア。日テレドラマの主演は23年ぶりとなる。

その妻・早苗役を尾野真千子、中学1年生の娘・美菜役を関谷瑠紀、小学1年生の息子・悟役を鳥越壮真が務める。子役の2人は、オーディションで選ばれた。

日本のどこにでもあるようなごく普通のサラリーマン家庭・生田家の面々が、「ダイニングテーブルの生活感問題」「ソファーもほぼ死んでいる問題」など、毎回家庭の問題に直面していくオフビート・ホームドラマだ。

■ 福山雅治らが意気込みを語る

家族思いだが妙に理屈っぽい浩介を演じるユースケは「僕は初めてのことがとにかく好きで、この朝ドラマも日テレ初だというので、ぜひやらせてくれって言いました。前例がないので気が楽です。

これが第2弾、第3弾で、前回評判が良かったとかなら受けないですよ(笑)。(共演者とは)初めて食卓を囲んだときから、『俺たち本当に初めてなの?』っていうくらいツーカーです。芝居を超えた、ある種ドキュメンタリーのよう」とコメントを寄せた。

また、“サバサバ母さん”キャラの早苗を演じる尾野は「ユースケさんはずっとしゃべっているのですが、そのおかげで皆、笑顔になれて、家族の絆が生まれてきて楽しいドラマになりそう。

朝いち、これを見て、ホッとして元気を出して、学校行くぞ!みたいになってくれることを願って、私たち、頑張っております!」と語った。

そして企画プロデュース・主題歌を務める福山は「日テレさんならではの挑戦的かつエンタメな朝ドラになればとの思いで、企画立案から制作に携わらせていただきました。ドラマである以上は脚本が命。

ならば今最も、いや、常にお仕事をさせていただきたいクリエイターNo.1のバカリズムさんにオファーをさせていただきました。

当然ながら予想を裏切り期待を超えるバカリさんならではの毒を含みつつな面白い脚本になっております。

さらに、メインキャストにユースケ・サンタマリアさんと尾野真千子さんがご出演いただけるということをお聞きしました。バカリさんの作品世界を、これ以上ないキャストで映像化できることに興奮しています。まるで運命に導かれた今回のプロジェクト」と期待に満ちたコメント。

気になる主題歌については「一日が気持ちよくスタートできるような楽曲を目指します。ご期待ください」と意欲を見せている。

脚本を務めるバカリズムは「どこにでもいそうな家族のどこにでも起こりそうな出来事を題材にしているので、特に大きな事件もどんでん返しも起こりませんが、たぶん面白いんじゃないかなと思います。

キャストはユースケさん、尾野さんという大好きな2人に演じていただくことが決まったので、僕的にはもう8割方成功です。とにかく毎朝見てください」とアピールした。

この豪華な顔ぶれで、日本テレビの朝に新風を吹き込む。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)