中村紀洋から三振奪取を! 大学野球のエースだったディレクターの夢はかなうか

「EXD44」ディレクターが元横浜DeNAベイスターズの中村紀洋氏と"ピンポン玉"野球対決

記事まとめ

  • 11月25日放送「EXD44」で、ディレクターが元横浜DeNAベイスターズの中村紀洋氏と対決
  • 野球部エースだったディレクターは「プロから三振を奪う」と"ピンポン球"野球を提案
  • 本業そっちのけでピッチング練習を続けた彼は、中村氏から三振を奪うことができるのか

中村紀洋から三振奪取を! 大学野球のエースだったディレクターの夢はかなうか

中村紀洋から三振奪取を! 大学野球のエースだったディレクターの夢はかなうか

元横浜DeNAベイスターズの中村紀洋がディレクターからの挑戦を快諾

11月25日(日)放送の「EXD44」(毎週日曜夜0:55-1:25、テレビ朝日)で、ディレクターが元横浜DeNAベイスターズ中村紀洋と対決。憧れのプロ野球選手から三振を奪うため、ピンポン球での野球に挑む。

挑戦者は大学時代に野球部のエースピッチャーとして活躍したが、プロ野球選手になる夢かなわず、テレビ朝日に入社して7年目の小澤将ディレクター。

彼は「憧れのプロ野球選手から三振を奪う」という夢をかなえるため、“Mr.フルスイング”こと、元ホームラン王の中村紀洋に対戦をオファーした。

小澤ディレクターが中村から三振を奪うために考えた方法とは、ボールの代わりにピンポン球で野球を行う“ピンポン野球”での対決。

「テレビの面白い企画は思いつかないが、野球センスはある」という小澤ディレクターは、ピンポン野球の最強投手コーチを呼び、本業そっちのけでピッチング練習を続けた末、勝負球となる変化球を習得した。

果たして、それはどんなボールなのか。そして、見事に三振を奪い、夢をかなえることはできるのか。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)