内村光良、広瀬すずにアドバイス「あの番組は化け物だ!」

内村光良、広瀬すずにアドバイス「あの番組は化け物だ!」

仲良くガッツポーズを決める広瀬すず(左)、内村光良(中央)、櫻井翔(右)

12月31日(月)にNHK総合にて放送される「第69回NHK紅白歌合戦」(夜7:15-11:45※中断ニュースあり)の司会を務める内村光良、広瀬すず、櫻井翔の会見が行われた。

2年連続となる総合司会の内村、個人としては初の白組司会となる櫻井翔、初めての紅白出演で紅組司会に抜てきされた広瀬が、それぞれの「紅白歌合戦」への思いを語った。

■ 広瀬すず、緊張のファーストコメント

――まずは、意気込みをお願いいたします。

内村:2回目はないと思っていたので、驚きました。昨年は、フレッシュさだけで乗り切っていた感じですし、今回はそうはいかないので、2年目は大変だなと思っています。不安ですが、鮮度を保ちつつ頑張っていきたいです。

広瀬さん、櫻井さん、桑子真帆アナと4人で、アーティストの方々の渾身のパフォーマンスを盛り上げていけたらと思っています!

広瀬:私は紅白に初出場?…です(笑)。逆にフレッシュさ全開で、頑張りたいです。司会は初めてなので、未知の世界なんですが、皆さんに迷惑をかけないように、まずは楽しめたらいいなと1番に思っています。

櫻井:紅白に初めて出させていただいたのが2009年で、(嵐が)10周年のタイミングでした。その時に、本当にいろんな人に「おめでとう」と言っていただいて、紅白に出るってすごく大変なことなんだなと実感したんです。そういった大きな舞台で、司会として出させていただけるなんて夢にも思っていませんでした。この大役をしっかりと務めあげたいと思っています。

僕らが初めて出場した時に、司会をしていた中居(正広)くんがずっと舞台袖で見守ってくれていたんですよね。その時に、司会の方が横で支えてくれる心強さを痛感したんです。そういった意味でも、僕と同じ事務所でも初出場の後輩がいますし、アーティストの皆さんを支えられるように務めたいと思っています。

■ 櫻井翔、単独初司会は「身近な先輩に教えていただきたい」

――櫻井さんは、嵐としては司会を務められたことがありますが、一人で司会を務めることにプレッシャーを感じる部分はありますか?

櫻井:僕、別の音楽番組でも司会をやっているせいか、あんまり周りに驚かれないんです。ただ、身近に相葉(雅紀)と二宮(和也)という、過去に司会を務めた先輩がいるので、彼らに教えを乞いたいと思っています。

先ほども申し上げたとおり、特別な舞台であることは歌手として初出場した時に強く思いました。国内のみならず、国外にも届いている番組だということは痛感しております。でも、あんまりそんなことを言っていると、広瀬さんが緊張しちゃいますからね。

広瀬:その通りです…(笑)。

――後輩のKing & Princeをどのように見守りたいと思いますか?

すごく見守りたいんですけど、意外と司会って舞台袖にいる時間が限られているので、本番はどうなるか分かりませんが、少なくともリハーサルの時だけでも見守りたいと思っています。

Sexy Zoneの時にも同じように声をかけたんですが、緊張し過ぎても足りないような大舞台なので、十分に緊張して、その緊張も楽しんでやってもらえればと思っています。

■ 内村&櫻井、初司会の広瀬にアドバイス

――広瀬さんは、内村さんや櫻井さんからアドバイスは聞きましたか?

広瀬:何もかも教えていただきたいです! 映画で櫻井さんとは共演させていただいていたので、心強いです。司会を務めるということが情報解禁された時に、櫻井さんから「何かあったらなんでも言ってね」と言っていただけてすごくその言葉に安心したんです。

内村:僕も最近、(広瀬、櫻井が共演した映画)「ラプラスの魔女」を見たので、いけると思いました。いい作品ですよね。

すずちゃんに言いたいのは、去年僕が体験したことです。リハと本番は全然違うよ! あの番組は化け物だ!!

櫻井:僕からはアドバイスできるようなことはないけど…(笑)。司会も、衣装チェンジとかがたくさんあって、広瀬さんのファンの視聴者は、きっとファッションとかも気になっていると思うので、「かっこいい」「かわいい」「キレイ」とか、いろんな広瀬さんが見られたらいいなと思いますね。

――司会に決定してから、周りの方々から何か声をかけられましたか?

櫻井:コンサートツアー中なので、MCの時にその話題になったんです。相葉が司会の時は白組が負けてて、二宮は勝っているので、優勝旗を持ってほしいと言われております。

でも、もし僕が受け取れるなら、リーダーの大野(智)が「横で俺も持ちたい」と謎の言葉を残していました。割り込んで優勝旗に触りたいそうです。

内村:私は、さまぁ〜ずから最近、あだ名のように「総合」とよく呼ばれています。「『総合』今日の居酒屋はこちらです」とか言ってきて、あいつらはバカにしてきてます(笑)。

広瀬:私は、先輩や高校の友達とは、いろんな方からメールとかいただいて、こんなに反響があるのかと驚きました。今、“朝ドラ”の撮影をしているんですけど、その現場でキャストの方々にも声をかけていただきました。

――広瀬さんと櫻井さんは、楽しみにしているアーティストの方はいらっしゃいますか?

広瀬:同世代の若いアーティストの方が多い印象で、最近はあいみょんさんをずっと聞いていたので、すごくうれしいなと、楽しみに思っています。

櫻井:初出場のKing & Princeが、フレッシュに、この大舞台でどうやってパフォーマンスしてくれるのか楽しみです。あとは、「刀剣男士」の方々が、どうパフォーマンスを見せてくれるのか、現時点では全然想像がつかないので、すごく楽しみにしています。

――内村さんは、三津谷寛治さん(内村演じる「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」[NHK総合]の人気キャラクター。昨年の紅白にも登場した)から、何か言葉はありましたか?

内村:昨年の司会については、後半のダブルのスーツが思いのほか似合ってたと評価をいただけたんです。なので、ことしもダブルのスーツを着たいと思っています。

――内村さんは、総合司会の重要性については昨年なにか感じられましたか?

内村:最も重要性を感じたのは、早着替えです。バッタバッタしてました。でも、歌手の方々を見ていたら、すごく幸福感にあふれていて、もっとこのステージにいたいというか、この熱気の中にいたいと思えたんです。

新たな野望もあるんです。私、「ポケットビスケッツ」として紅組で出場したことがあるので、次は白組で出場したいです。そして、審査員も務めて、紅白のグランドスラムを達成したいと思っております。

――皆さんでお互いに期待のメッセージをお願いします。

内村:櫻井くんはもう、アイドルでありながら非常にインテリジェンスな方なので…インテリジェンス櫻井氏ですし、他局で音楽番組の司会もやっていらっしゃいますし、放っておこうと思っております。本番中は、ほとんどすずちゃんの方を向いていると思います。

櫻井:かまってくださいよ! さみしいな〜。ことし、「LIFE!」に出させていただいた時も内村さんが垣根を作らずに接してくださったんです。だから、僕はかまってもらえるように、なついていきたいと思います。

広瀬さんは、本当にフレッシュで新鮮な部分も大きいと思いますが、映画の共演中には僕のトレーニングの先生をしてくださっていたので、広瀬先生の背中を追いかけながら…(笑)。本当に、楽しく和気あいあいとやっていきたいです。

広瀬:本当に、私が足を引っ張らなければ大丈夫であろう、経験のたくさんある大先輩のお二人なので、全力でついていきたいです。映画の座長である櫻井さんがいることがすごく心強いです。映画のプロモーションでも一緒にいろんな地方に回らせていただいていたので、その感覚ですこし気軽にできたらいいなと思います。

――皆さんにとって、紅白歌合戦はどんな存在ですか?

内村:やっぱり年の瀬の一大イベントですよね。物心ついたときからやっていますし、みんなが見ている番組だと思います。私の実家が酒屋なんですが、その手伝いの合間に紅白を見るのがすごく楽しみで、そういう思い出を思い起こしています。日本中の人が見る舞台だと思うので、そんなところに立てて光栄です。

櫻井:いなかに帰った時にも見るのは紅白でしたし、大みそかの食卓を、司会、そして歌手として彩りをそえられたらと思っています。

広瀬:私も本当に、紅白の日は特別で、その放送の時間帯だけでなく、それまでの時間もワクワク待っているような、一大イベントだと思っています。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)