ジェジュンが出演した「スカッとジャパン」が4週間ぶりにTOP3入り!【視聴熱ウィークリーTOP3】

ジェジュンが出演した「スカッとジャパン」が4週間ぶりにTOP3入り!【視聴熱ウィークリーTOP3】

ジェジュンが出演した「痛快TV スカッとジャパン」が2位にランクインした

WEBサイト「ザテレビジョン」では、11月12日〜18日の「視聴熱(※)」バラエティー ウィークリーランキングを発表した。

1位「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、AbemaTV)42874pt

11月25日は、「秋のGENE高 修学旅行 日光編」の第2弾として、GENERATIONSメンバーが江戸時代を再現した歴史テーマパーク「江戸ワンダーランド日光江戸村」を訪れた。

到着後、メンバーたちは江戸時代のコスプレを体験することに。小森隼は農民、白濱亜嵐はかぶき者、佐野玲於は侍、片寄涼太は新撰組、数原龍友は悪代官、中務裕太は町娘、関口メンディーは落ち武者となった。これらの姿は、番組公式Twitterでも予告としてアップされており、話題になっていた。

その後は今回の企画でメンバーたちに課されているテストを実施。コスプレ姿のままで「萌えGENE選手権江戸時代編」が行われた。内容は、町娘に絡んでいる2人の浪人を追っ払い、最後に“キュン”とするセリフを言うというもの。

順位は町娘と浪人を演じた俳優が選ぶことになり、1位はメンディーが選ばれた。メンディーは、浪人に襲われて死んだという幽霊の落ち武者という設定にし、時間を止めて刀を抜いた1人の浪人が仲間を斬るように仕向けるという展開に。偶然メンディーが刀を落としてしまった事で、町娘が存在を感じるというミラクルも加わり、勝利した。

最後のテストは、メンバーが巨大迷路に挑戦し、ゴールの順位によりポイントを獲得するというもの。迷路の1位は片寄となったが、先週のテストの分を合わせた総合順位では白濱が勝利。

最下位になった中務は江戸時代の拷問を体験する罰ゲームを受けた。また、ポイントが高い順に昼食の内容も変わったが、最下位になった中務はゆば刺しとなったものの「うまい」と堪能していた。

2位「痛快TV スカッとジャパン」(毎週月曜夜8:00-9:00ほか、フジテレビ系)37589pt

11月19日の放送は、松下由樹、福澤朗が出演した「言ってやったスカッと」、長嶋一茂が出演した「出身大学で見下すボンボン常連客」などのエピソードが紹介された。

「神店員スカッと」のVTR前には、スタジオゲストの千鳥・ノブが「岸優太(King & Prince)かジェジュンの2点張りなんですよ」と予想を立てる中、過去の出演も大反響となったジェジュンが登場。

1本目のエピソードでは、カフェでのバイト中に、のどの調子が悪くなってしまった女性店員に対し、先輩役に扮(ふん)したジェジュンがハーブティーを笑顔と共に出してあげ、好評だったが、続く2本目が問題?を巻き起こした

古着屋で目当てのTシャツのサイズが売り切れた女性客に、そのサイズのTシャツを着ていたジェジュン演じる店員がその場で脱いでプレゼント。このエピソードにはスタジオで陣内智則が「それはアカンで!」、ノブが「やりすぎやって」と言い、MCの内村光良も「ジェジュン!」と思わず叫んだ。

陣内はスカッとボタンを押さず、千鳥も“ちょいスカッ”の判断を下すと、スタジオの観客が「えぇ〜」とブーイングとなったが、千鳥・大悟は「店長なら『何してんのオマエ!』ってなる」と言った。それに対し、若槻千夏は「ジェジュンだからいいんです。蛭子(能収)さんはダメ!」と返して、スタジオは笑いに包まれた。

3位「嵐にしやがれ」(毎週土曜夜9:00-9:54、日本テレビ系)16731pt

11月24日の放送は、「秋のパンデスマッチ!」に黒木華とハリセンボンが登場。1カ月待ちの食パンで作るハニートーストや、フランス人も絶賛するパン屋さんのミルクフランスを懸け、クイズ対決を繰り広げた。

また、「MJ倶楽部」には、新井浩文と浅野忠信が出演。ホームセンターで材料を調達し、タンドール窯とハンモックを作り、さらにそのタンドール窯でタンドリーチキンを調理してタンドリーパーティーを行った。

SNSでは、「なんか映画みたい」「優雅で絵になるな」「浅野さんも新井さんも可愛すぎる」などの3人の和気あいあいとした姿に対するコメントが上がっていた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやドラマランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)