AKB48メンバーの悩みとは? 鈴木サン拓ロースが鐘を片手に電話の前で…

鈴木拓にメンバーが悩み相談 「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」

記事まとめ

  • 鈴木拓が「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」で悩み相談に応える
  • 吉川七瀬が「明石家サンタならぬ鈴木サン拓ロースが」と口走ってしまう場面もある
  • 岡部麟、小栗有以、小田えりな、高橋彩音、清水麻璃亜の5人が鈴木に相談を持ちかける

AKB48メンバーの悩みとは? 鈴木サン拓ロースが鐘を片手に電話の前で…

AKB48メンバーの悩みとは? 鈴木サン拓ロースが鐘を片手に電話の前で…

今回の「バッチこーい!」は、サンタの格好をしたMCに電話と鐘…どこかで見たことのある企画

12月16日(日)放送の「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎月第1・第3日曜夜11:30-0:00、千葉テレビ)は、「バッチバチ!鈴木サン拓ロースのプレゼントショー」を開催する。

電話で悩みを聞き、トークの内容が良ければ鈴木拓が鐘を鳴らし、プレゼントをもらえるという、どこかで見たような企画。吉川七瀬が「明石家サンタならぬ鈴木サン拓ロースが」と口走ってしまうが、鈴木が「拡散しないでください。バレちゃうので」と、すかさず観客に釘を差した。

■ チーム8メンバーが悩みを告白

相談を持ちかけるのは、岡部麟、小栗有以、小田えりな、高橋彩音、清水麻璃亜の5人。

トップバッターの岡部は「茨城県が今年も魅力度ランキングでまた最下位になってしまったんです。魅力を分かってもらってないって悔しい思いもしたんですけど…」と地元の話題を切り出す。

しかし、「いろいろな場所で茨城をいじってもらったり、フィーチャーしてもらえるということで、また私の注目が上がるんじゃないかと思ってうれしかった」と、笑顔を見せて周りを驚かせる。

鈴木は「みんなは心の底からバカにしているんだけどね。本人はポジティブにとらえているから、いいんじゃないの」と鐘を鳴らした。

■ 小田えりなはタピオカに嫉妬…?

また、小田は「最近、タピオカが流行っている。いろいろな世代の方がお店の前で行列を作っている。私の握手会よりもすごく並んでいて…」と悲しそうに話すも、スタジオは爆笑に。

それでも表情を変えず悲しそうな小田だったが、鈴木から「(初めての著書)『クズころがし』(主婦と生活社)の握手会は100人限定で、15人が来て、そのうち8人が関係者だった」という、さらに悲惨な話を聞かされると、笑顔を取り戻した。

ほか、高橋は香川県代表・行天優莉奈との会話、清水はある店で見掛けたというドランクドラゴンの写真、小栗は大阪みやげ、急きょ相談側で参加することになった吉川は漢字の間違いについてのエピソードを披露。爆笑の“悩み”でプレゼントゲットを目指す。

■ 写真問題に鈴木&清水が登場

後半に行われる「バッチバチ!三択ロース&(と)ビーフ」は、三択クイズで優勝したメンバーにローストビーフが送られる企画。鈴木が「タイトル先行の企画。ただの尺合わせ」と言い放ってスタートした。

約1年ぶりとなる、サンタ帽で髪の毛を隠した「洗顔ばばぁ」として登場した清水は、鈴木の写真を並べた問題で鈴木をいじるも、次の問題では自身がターゲットにされる羽目に。

メンバー全員からいじられた清水だが、スタジオを爆笑の渦に巻き込む。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)