小籔千豊が社会の裏側に迫る!“教団後継者”の半生とは

フジテレビ「真夜中の事件簿」で小籔千豊が「幸福の科学」大川隆法総裁の長男と対峙

記事まとめ

  • フジテレビの深夜枠<22世紀計画>で「真夜中の事件簿」が8日に放送される
  • 小籔千豊がMCを務め、“表には出てこない”ギリギリのネタを徹底追跡する番組
  • 「幸福の科学」の創始者・大川隆法総裁の長男・宏洋氏が脱会宣言をした騒動を追跡する

小籔千豊が社会の裏側に迫る!“教団後継者”の半生とは

小籔千豊が社会の裏側に迫る!“教団後継者”の半生とは

12月8日(土)の「真夜中の事件簿」では、小籔千豊が社会の裏側に迫る

「22世紀計画」では、12月8日(土)に「真夜中の事件簿」(夜1:45-2:45、フジテレビ)を放送する。

フジテレビで11月から新たにスタートした深夜枠「22世紀計画」は、バラエティーのみならず、情報や報道などフジテレビの全部署から募集した企画の中から、“深夜ならでは”の企画を取り上げて発信。

社会の裏側や現象など、テレビのニュースでは扱うことのない、“気になるけれど表には出てこない”ギリギリのネタを、報道記者・ディレクターたちが徹底追跡する報道エンターテインメントで、小籔千豊がMCを務める。

今回は、2018年の宗教界に激震が走った宗教団体「幸福の科学」の創始者・大川隆法総裁の長男・宏洋氏が脱会宣言をした騒動を追跡。宏洋氏本人が初めてテレビの取材に応じ、スタジオで小籔と対峙(たいじ)する。

教祖の子供という“特殊”な人生はどのようなものだったのか、“教団の後継者”として生まれ、育てられてきた宏洋氏が半生を告白。

監視カメラが付けられた子供部屋、お付きの人だらけの家族旅行、受験の失敗から格下げされたエピソード、離婚そして脱会の真相を赤裸々に語る。

■ 東京チャイナタウンの「闇」に迫る

また、知られざる東京チャイナタウンの「闇」を追跡。スーツケースを引きながら夜な夜な徘徊(はいかい)する美女軍団と謎のビジネスの実態や、人知れず広がっている外国人の闇社会が明らかに。

スタジオには歌舞伎町案内人が登場し、日本を食い物にする外国人たちの悪徳手口を検証する。

ほか、過激派(極左暴力集団)に入り委員長にまでのし上がった現役東大2年生を取材。番組ディレクターが、革命を目指し暴力を否定しない過激派のアジトに潜入し、想像を絶するからくりハウスの内部に迫る。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)