名倉潤、K-1王者の美人妻の奔放な振る舞いに不満顔

名倉潤、K-1王者の美人妻の奔放な振る舞いに不満顔

久保優太選手の告白に驚いた名倉潤

12月13日深夜に放送された「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)は、「業界の裏側大暴露SP」。現役K-1王者の久保優太選手が、株式投資に成功し「闘う投資家」と称されている理由や、美しすぎる妻の話などを大暴露した。

株とFXをメーンに行っているという久保選手は、その証拠として確定申告の用紙を持参。個人で取引しているのは9000万円の利益、経営している会社でやっている取引の方で1億5000万円の利益があることを公表した。

久保選手が投資家になったのは、2013年26歳の時。最初は個人で100万円から株式投資を始めた。

「元々、おじいちゃんが山一證券に定年まで勤めていて、小さい頃から株の取引の勉強はしていた」という久保選手は、株を始めて1年程度で1億2000万円の利益を得た。

だが、絵に描いたような成金生活を送っていった結果、トレーニングを怠り、格闘技の成績も落ちていく。

そんな暗黒時代を救ったのが妻サラさんとの出会い。「運気がめちゃくちゃ良くて。彼女と付き合ってからは一旦転げ落ちたチャンピオンに返り咲いたし、また投資も良くなった」と久保選手は振り返った。

そんなサラさんも、実は破天荒な浪費生活を送る人物だった。相談なくフェラーリを3000万円で購入したり、トレーニングに励む夫を置いて海外旅行へ行くこともあるなどやりたい放題。自由奔放の彼女は、都内を中心に事業を展開する父親を持つ、とてつもないお譲様だった。

二人は婚姻契約書を交わしており、「僕は女性と遊んではいけないが、サラちゃんはいい。門限は僕は夜の1時だがサラちゃんはなし」と明かす久保選手。

家事、ペットの世話、子供が生まれた後の面倒などもすべて久保選手が担当するなど、その内容はサラさんに有利なものが多い。

他人からしたら不公平極まりない「契約」。名倉潤も「根本的に彼女のどこが好きなの? K-1選手で投資もやって、ご飯作って、犬の散歩も行って、やること多過ぎひん?」と不満顔に。久保選手は「(サラさんは)ただいてくれるだけでいい、女神的な存在」と、その思いには揺ぎない様子で語っていた。

ネット上では「久保夫婦面白かった」「2人がいいならそれが一番笑」「金銭感覚が庶民にはわからない〜」「犬を撫でて10万円って」など、さまざまな声が多く集まった。次回の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」は、12月20日(木)深夜オンエア予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)