古田新太、本格“忍者アクション”に苦労も?「みんなで『ヴヴ…』って言いながら」<忍べ!右左エ門>

古田新太、本格“忍者アクション”に苦労も?「みんなで『ヴヴ…』って言いながら」<忍べ!右左エ門>

主人公・右左エ門(内村光良)のかつての忍者仲間・長次を演じる古田新太

12月19日(水)に放送されるスペシャルドラマ「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」(夜10:00-11:10)。

同作は、コント番組「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」のスタッフ、キャスト陣が制作する時代劇。主演を務めるのは、「LIFE!」の座長である内村光良で、脚本は人気キャラクター「宇宙人総理」を生み出した倉持裕が担当する。

元忍者の右左エ門(内村光良)は、かつての忍者仲間の長次(古田新太)から、息子の序助(中川大志)の結婚相手・おこと(永野芽郁)の生き別れた父親(堤真一)捜しを頼まれる。依頼を引き受けた右左エ門は、おことの父親が江戸城に囚われていることをつきとめ、救出に奔走するというストーリーだ。

今回、「ザテレビジョン」では右左エ門と共に江戸城で戦うことになる長次を演じる古田にインタビューを行い、本作の印象や、現場の雰囲気などを聞いた。

■ “爆弾使い”の設定に「こいつは助かったぜ!」

――出演が決まったときには、どのように思いましたか?

(「LIFE!」には)1回、出演させていただいたことがあったので「また呼んでくれた!」と思いました。やっぱり嬉しいですね。

――「LIFE!」が手掛けるドラマが“時代劇”ということには驚きませんでしたか?

そうですよね。内村さんに、「企画は内村さんが出したんですか?」って聞いたんです。

そしたら、「違う! プロデューサーか監督のどっちかだ」って言われました(笑)。

――意外にも、“本格的”な時代劇ですよね。

倉持(裕)くんの脚本なら、そうなるだろうなと思っていました。

でも倉持くんはバカだから(笑)、おじさんたちをめちゃくちゃ戦わせるんじゃないかと怖かったんです。実際内村さんと堤さんは結構戦っているんですけど、オイラは“爆弾使い”っていう設定になって「こいつは助かったぜ!」って思いました。

終盤になると、長次さんはガンガンに爆弾使うんです。「それなら最初から使えばいいじゃん」って感じですけど(笑)。

――アクションも本作の見どころですが、撮影は大変ではなかったですか?

内村さんと堤さんがいれば、安心ですよね。体の動くおじさんたちですから!

オイラの役はチャンバラが少なかったんで、みんなに「卑怯だ」って言われましたけど、設定がそうなってるんだから仕方ないと思います(笑)。

――内村さん、堤さんとの共演については、どのように思いましたか?

内村さんも堤さんも、オイラより1個年上なんですけど、普段からオイラが一番偉そうなんです。

内村さんとは、主演されてた「ぼくが地球を救う」(2002年、TBS系)とか、映画の「木更津キャッツアイ 日本シリーズ」(2003年)とか、他にもいろんな作品で共演したことがあるので、仲はいいですよ。

オイラは、内村さんと堤さんに上から喋る役なので、普段、飯食ってるときと変わらない感じでした。堤さんに「お前」って呼びかけたら、「呼び捨てだけはするな」って注意されたりしましたけど(笑)。

――息子役の中川さんの印象はいかがでしょうか。

大志くんはかわいいですよ! 朗々としているし、まだ20歳なのにお芝居を分かってやっていますよね。彼の悪いところは…飲み屋で寝ることくらいです(笑)。

■ 内村さんは誰よりも頑張っています

――コントとドラマでは、内村さんの演技の違いは感じましたか?

内村さんはあまり変わらないです。芝居を分けて考えていらっしゃらないんじゃないかな。

オイラも、もともと大阪のコント番組から出てきた人間なので、同じタイプなんです。

役作りを特にしないですし、台本に書かれていることはそのまま言うものだと思ってます。棒読みって素敵ですよね。

――今回演じている長次は江戸ことばを使う役ですが、それも苦労なくせりふを言えたんでしょうか。

ちょうど、BS時代劇「小吉の女房」(2019年1月11日[金]スタート毎週金曜夜8:00-8:45、NHK BSプレミアム)で江戸弁を叩き込まれた後だったので、倉持くんのせりふも「ぜんぜん江戸っ子じゃねぇ」と思えるくらいでした。

だから、「大事な」を「でえじな」に直したり、「ひ」を「し」って変えた部分もあって、プロデューサーや監督には「やっぱり古田さん、江戸弁うまいですね」って言われました。

――撮影現場はどのような雰囲気でしたか?

座長の内村さんが穏やかな人だし、そんな内村さんが回しに入っているわけだから、現場は和やかでした。内村さんは誰よりも頑張っています。普通の人だったら、内村さんの現場は「楽しい」と思うはずですよ。

――「普通の人だったら」というのは…。

“ひねくれていない人は”って意味です(笑)。

オイラももちろん楽しいです! そりゃそうですよ。

――演じた中で、お気に入りのシーンはありますか?

内村さん演じる右左エ門は、忍者を辞めて10年、長次はもっと前に辞めているので、2人とも“衰えている”という設定なんです。実際も、屋根裏を走るシーンを撮影して、下りてきたらオイラも内村さんも「ヴヴ…」って言いながらうなだれてて(笑)。

アクションをやってきているので、50代にしては動ける人がそろっているのに、みんなで「ヴヴ…」って言いながら動いているのが面白かったです。

――最後に、今作の見どころを教えてください!

前半は「LIFE!」らしい細かいネタがポンポン入っているんですけど、最後はアクションで無理やり結んでいます(笑)。内村さんや堤さんがめっちゃ必死で戦っているなか、オイラは爆弾をポーンと投げたりしてて、そういうツッコみどころがあるところも、「LIFE!」らしい面白さだと思います。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)