竹内渉、カレンダーに自信「芸術作品として見て」

竹内渉、カレンダーに自信「芸術作品として見て」

竹内渉がカレンダー発売イベントに出席

グラビアの他、バラエティー番組などでも活躍中のタレント竹内渉(あゆむ)が、12月14日に自身初となるオフィシャルカレンダーを発売。東京・新宿の書店でファンイベントを開催し、囲み取材に登壇した。

出来上がったカレンダーを手にした竹内は「写真集のアザーカットでできているので、どういう感じかというのは想像していたんですけど、カレンダーでこんな姿をしていいのかなと(笑)。大丈夫なんですかね? でもすごく上品に仕上げていただいたので、女性のファンの方も『楽しみにしてます』と言ってくださる方もいたので、芸術作品として見ていただければいいと思います」とあいさつした。

お気に入りのカットには1月の1枚を挙げた。「どうやったらおしりがきれいに見えるかというのをスタッフさんと話して、いろんなポーズをしていたんですけど、女豹のような…私がどちらかと言うと、どっちかと言わなくても“S”なので、Sっぽさも出しつつ、強い女性を表現したつもりです」と理由を説明した。

「部屋のどこに飾ってほしいですか?」との質問には、「お部屋の一番こっそりできる場所においてほしいです」と意味深な回答を。

さらに「どんな時に見てほしいですか?」の問いには「寝る前にぜひ見ていただいて、悶々となってほしいです(笑)」と取材陣を笑わせていた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)