鬼才・福田雄一監督が役者発掘の裏側を明かす「キャスティング権はほぼ嫁」

福田雄一監督、山崎賢人、吉沢亮などのキャスティングは「ほぼ嫁発信」であると明かす

記事まとめ

  • 福田雄一監督「アナザースカイ」に出演し、ヒット作キャスティングの裏話を明かした
  • 福田監督は「キャスティング権はほぼ嫁にある」と明かし、MCの今田耕司は驚いた
  • 『斉木楠雄のΨ難』の山崎賢人、『銀魂』の吉沢亮も、妻発信のキャスティングだという

鬼才・福田雄一監督が役者発掘の裏側を明かす「キャスティング権はほぼ嫁」

鬼才・福田雄一監督が役者発掘の裏側を明かす「キャスティング権はほぼ嫁」

福田雄一監督が「アナザースカイ」にゲスト出演

12月14日に放送された「アナザースカイ」(日本テレビ系)に、福田雄一監督がゲスト出演。ヒット作のキャスティングにまつわる裏話を明かす場面があった。

映画、テレビ、舞台で縦横無尽にヒット作を連発している福田監督は、ムロツヨシや佐藤二朗などの個性派俳優を発掘する“眼力”でも知られている。

だが、福田監督は「キャスティング権はほぼ嫁にある」とその裏側を明かし、MCの今田耕司は「そんなばかな! 聞いたことないですよ」と声を上げた。

福田監督によると、映画の製作がスタートする前に、配役について「(妻が)自分の希望を一覧にして送ってくる」という。

そんな福田監督と妻とのやりとりを「『あー、あの人が主演だったらなー』とか」と想像する今田だったが、福田監督は「『だったらなー』じゃない。『しなさい』(笑)」と妻の真意を説明。

『斉木楠雄のΨ難』で主役を務めた山崎賢人や、『銀魂』で沖田総悟を演じた吉沢亮などの名前を挙げて「どっちも嫁発信です」と打ち明けていた。

放送終了後のSNS上には「見つけてくる人たちがスゴすぎて、奥さんのセンスがハンパないと思う」「奥様との二人三脚というべきか、嫁の尻に敷かれているというべきかw」といったメッセージが寄せられていた。次回の「アナザースカイ」は12月21日(金)放送、「クリスマスSP」をオンエア予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)