伊藤健太郎、ムロツヨシと“最強忍者コンビ”に「ムロさんとできてうれしかった」<忍べ!右左エ門>

伊藤健太郎、ムロツヨシと“最強忍者コンビ”に「ムロさんとできてうれしかった」<忍べ!右左エ門>

主人公たちに立ちはだかる“最強忍者衆”の日向と数馬を演じているムロツヨシと伊藤健太郎

12月19日(水)に、NHK総合にてスペシャルドラマ「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」(夜10:00-11:10)が放送される。

同作は、コント番組「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」のスタッフ、キャスト陣が制作する時代劇で、「LIFE!」座長の内村光良が主演を務めている。

元忍者の右左エ門(内村)は、かつての忍者仲間の長次(古田新太)から、息子の序助(中川大志)の結婚相手・おこと(永野芽郁)の生き別れた父親(堤真一)捜しを依頼される。おことの父親が江戸城にとらわれていることをつきとめた右左エ門は、体を張って江戸城に潜入することに。そこで、城を守る現役忍者たちと戦い、父親救出に奔走する。

今回は、右左エ門たちに立ちはだかる“最強の忍者衆”である日向と数馬を演じるムロツヨシと伊藤健太郎による対談を行い、意外にも激しいアクションシーン撮影の裏側や、今作の見どころなどを語ってもらった。

■ しっかりとしたドラマなんだなという印象

――「LIFE!」がドラマを制作すると聞いたときにはどのように思いましたか?

ムロ:最初は「『LIFE!』で時代劇をやるのか」ということにびっくりしました。それに、結構コントの要素が多いのかなと思って台本を読んだら、しっかりとしたドラマなんだなという印象を受けました。

伊藤:僕は、以前「LIFE!」のコント(7月13日放送「名物 極厚ステーキ」)に出演させていただいた時に、結構体を張ったボケをやる役で…。

ムロ:そのコントには僕も出ていたんですけど、あれはすごかったよね。初めての出演で、あのボケをやるのは大変だなって思った!

伊藤:そうみたいなんです(笑)。それで、今回も出演させていただけると聞いた時はすごくうれしかったです。キャストの方々を見たときには、先輩方しかいなかったので、ちょっとビビったんですけど、そんな中で出させていただけるのは光栄だなと思いました。

――コントとドラマの撮影現場の雰囲気は違いますか?

ムロ:堤さんと古田さんという、いつものコントのメンバーとは違う色で、経験値のある格好良い先輩方がきたことで、内村さんもちょっと雰囲気が変わったように感じます。

3人は同世代なので、“一緒に作ってる”みたいな感じで楽しそうなんです。いつものコントでは、内村さんが背負ってくれている部分も大きいと思うので。

伊藤:僕はまだ、コントを一度しかやっていなくて、現場の雰囲気を感じる間もなかったんですよね。でも、あの時のコントはすごく好評でした。ちびっ子たちにまねされることもあったくらい(笑)。

――今回、お2人はペアを組んで悪役を演じていましたね。

ムロ:ドラマ「今日から俺は!!」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)の撮影をしていた時に、よく一緒にご飯行ってたんだよね。だから、2人でやることに違和感はなかったです。

今回の作品ではまた違う、上下関係のある役なのであまり会話は多くないんですけど、芝居していて楽しかったです。お互いリラックスしてできたと思います。

伊藤:僕は、ムロさんとできてすごくうれしかったんです。今回の役、割と真面目なお芝居じゃないですか?

ムロ:うん。「今日から俺は!!」は真面目にやっちゃいけないドラマだったからね(笑)。

伊藤:そうなんですよ(笑)。だから今回、ムロさんと2人で真面目なトーンのお芝居ができてうれしかったです。

――2人で演じた中で、お気に入りのシーンはありますか?

伊藤:ムロさんが紙を破くところかな(笑)。

ムロ:そこか。僕が2枚重ねた紙を破くシーンがあったんですけど、本番の撮影で全然破けなかったんです。それで、「撮り直しますか?」ってスタッフさんに確認したら、健太郎が「このままの方が好きです」って言ったので、撮り直さないでそのままいくことになりました(笑)。

■ やっぱり改めて内村座長の優しさを感じました

――“最強忍者”を演じる上で、激しいアクションシーンも多かったと思います。心掛けたことなどはありましたか?

ムロ:僕は刀の殺陣が初めてだったので、何かに気を使う余裕もなく食らいついていました。アクション指導の皆さんに教えていただいたんですが、敵の顔のすぐ近くを“突く”動きには苦労しました。

なんせ相手が内村さんですから、万が一のことがあったらいけないと思って、僕が「気をつけなきゃな…」ってつぶやいたんです。そしたら内村さんが急にご自分で「俺はマセキの重鎮だからな」と言い出しまして、僕も「そんなこと本人が言わなくていい!」って。内村さんがずっとプレッシャーかけてきたんです(笑)。でも、やっぱり改めて内村座長の優しさを感じました。

2人のシーンでは、ふざけ合うというよりは、けががないように意識しながら演じましたね。殺陣ではちゃんと息を合わせないといけないので、それが内村さんとできたのは、僕にとってすごくいい経験になりました。

伊藤:僕は、堤さんとの激しいアクションシーンがあるんです。そこはちょっとプレッシャーも感じました。数馬は、他の人と違うちょっとトリッキーなアクションもあって面白いんです。数馬っぽい立ち方や顔も意識しながら撮影するのが楽しかったです。

堤さんとは違う動きになっていると思うので、違うものを持つ者同士がぶつかりあうアクションが楽しかったですし、出来上がりがどのようになっているのか想像がつかないです。

ムロ:天気の影響で撮影がオフになった日に、堤さんが「伊藤君は、アクションの動きが全部頭に入っているから」って言って、アクションチームを集めて、ご自分発信で稽古をしていたんですよ。格好良いですよね〜。

「撮影が流れても、後輩に気を使わせないようにこっそり自分で練習をする堤真一さん」、格好良いので、絶対書かないでください!(笑)

――格好良いエピソードなので、書きたいんですが…。

ムロ:書かないでほしい! だってその時、僕は古田新太さんと飲んでたんです! 古田さんに「お前はなんで稽古してないんだ!」って言われながら焼酎を飲んでました。一方その頃、堤真一さんはご自分発信で稽古をしていたなんて…書かないでください!(笑)

僕が古田さんと飲んでいたことは書いてよろしいです。

――他に、書いてもいい共演エピソードはありますかね?

ムロ:昨日、古田新太さんとムロツヨシが12時間飲んだってことですかね。健康的なお酒を、しっかりと飲みました。“健康的に”ですから。楽しすぎたので、話した内容は忘れてしまいました。

伊藤:それは健康的だったのかな…?

――伊藤さんは、堤さんのアクションを見た時にはどのような印象を受けましたか?

伊藤:格好良かったです! さすがだなと思いました。

ムロ:引きで撮影するシーンも超格好良いよね。着流しで、やっぱり堤真一さんって格好良いんだよな〜。

――最後に、今作の見どころを教えてください。

ムロ:内村さんを始め、古田さん、堤さんも永野芽郁ちゃんもいて、すごくすてきな座組で、ちょっと真面目に「LIFE!」がドラマをやっているということが、見どころですかね。

あ! そういえば昨日、塚地(武雅)さんが撮影ないのにロケ現場に来たんですよ。そんな先輩に恵まれるなんて素晴らしいことだと思うので、これは書いといてもらってもいいですか?

結構遠いロケ地まで電車で来て、しっかりと飲んで、撮影ないのに貫禄ある感じで見学してくれました。そんなすてきな座組です。こればぜひ書いてほしい。

伊藤:僕…僕はなんだろうな…。ベテランのみなさんの中で、こっそり僕とか大志くんとか若手も頑張っているところかなと思います。

ムロ:あー! 昨日の飲み会でも頑張ってたもんね。なかなかあの若さで、内村さん堤さん古田さんを前にして飲むことって難しいんですよ。それをよく頑張ってました!

伊藤:いやいや(笑)。そこじゃなくて。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)