石原良純、悪いことを注意できない世の中を疑問視「変な時代になった」

石原良純、長嶋一茂、高嶋ちさ子がマナーに言及「言えない」「変な時代になった」

記事まとめ

  • 石原良純、長嶋一茂が12日の「ザワつく!一茂 良純 時々 ちさ子の会」でマナーに言及
  • 高嶋ちさ子が投稿したのは、新幹線で大きい声で喋る子どもと注意しない家族という内容
  • 長嶋は立場上なかなか言えないと話し石原は「変な時代になった」と世の中を疑問視した

石原良純、悪いことを注意できない世の中を疑問視「変な時代になった」

石原良純、悪いことを注意できない世の中を疑問視「変な時代になった」

「ザワつく!一茂 良純 時々 ちさ子の会」に出演した高嶋ちさ子

12月12日放送の「ザワつく!一茂 良純 時々 ちさ子の会」(テレビ朝日系) では、高嶋ちさ子が投稿したツイートをキッカケに、マナーについて、石原良純長嶋一茂がそれぞれの意見を交わした。

先日、高嶋が新幹線に乗車した際、祖父・祖母・父・母と子供二人で、うち一人が2歳くらいという家族がおり、その2歳くらい子供の方がずっと大きな声でしゃべっていたという。母親、祖父、祖母はその子を注意するでもなく、同じように2時間半大きな声でしゃべり続けた。

高嶋が我慢していると、車掌から、注意したけど静かにならなかったことを明かされた。そして、降車時にその家族に遭遇すると、祖母が「自分が1人で乗っている時に近くに子どもがいるとアンラッキーって思うけど、自分の子だとしょうがないわね」と言い放ったという。

長嶋は、芸能人という立場上、「言ってトラブルになったときのリスクの方が大きいから」なかなか注意できないと発言。石原は「変な時代になったよね。大人は注意してたよ、面と向かって」と、例え芸能人でも芸能人でなくても、注意しづらくなっている世の中を疑問視した。

石原は自分なら何度か車掌などに伝えても収まらない場合は、自分で言うと思うとコメント。一方の長嶋は「俺はすぐ手を出すから」と、キレてしまう自分を知っているから我慢すると話した。

高嶋は自分の子供が小さかった頃は、DVDやスマホを使って子供をあやし、まずは周囲への配慮を優先していたと話す。騒いだらデッキに出るなどの対処もし、「そういうお母さんの積極的な行動を見て、周りの人は騒いでもしょうがない」と思えるもので、今回のように大人も一緒になって騒いでいるのは問題外と一蹴した。

次回の「ザワつく!一茂 良純 時々 ちさ子の会」は12月19日(水)深夜24:20より放送予定。ゲストにIKKOが登場する。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)