星野源が中村座の舞台へ! 友人・七之助からサプライズ

星野源が中村座の舞台へ! 友人・七之助からサプライズ

普段から親交のある中村七之助(左)と星野源(右)は素顔のトークを繰り広げた

2019年1月4日(金)に放送される東海テレビ開局60周年記念「勘九郎・七之助の極め付け!座・中村屋2(仮)」(昼1:45-3:00、フジテレビ系)に、星野源がゲストで登場する。

この番組では、歌舞伎界の次世代を担う中村勘九郎、中村七之助兄弟が、普段から交友のあるゲストの面々とさまざまな話題についてざっくばらんにトーク。“人生”“仕事”“家族”にまつわるゲストの“極め付け”の言葉を聞き出す。

第2弾となる今回、七之助はトークゲストにプライベートでも交流のある星野源を指名した。

■ 星野源の創作の“源”を探る

七之助は、11月11月に行われた、勘九郎、七之助兄弟の父・十八代目中村勘三郎の「七回忌追善公演平成中村座 十一月大歌舞伎」公演に星野を招待。星野が「お寿司を食べたい」と言っていたと耳にし、七之助は観劇後の星野を寿司でもてなすことに。

そこで、平成中村座の客席に特設のバーカウンターを設置するサプライズを実施。粋な計らいが続く中、七之助が星野の創作の“源”を探っていく。

舞台やライブなど、互いの仕事の話から始まる。七之助が最初に星野を知ったのは、映画「地獄でなぜ悪い」(2013年)だったという。橋本公次役を演じた星野に大笑いをし、“最高の役者さんだ”と思ったと明かした。

また、この世界を目指したきっかけについて質問をされた星野は、中学生の頃からひっそりと作詞・作曲をしていたと告白。

「ひどいのばかり。暗かった」と苦笑いする星野に、「聞きたい!」と反応した七之助は、「星野源の暗い曲、皆、聞きたいですよ。中村座でどうですか?」と提案。しかし、星野は「せっかくの中村座なのに?(笑)」と答えていた。

続けて、2019年の仕事の話になると、初の5大ドームツアー「星野源 DOME TOUR 2019 『POP VIRUS』」を控えている星野に七之助がエール。最後には星野が、2019年の目標である“極め付け”のひと言を発表し、トークを締めくくった。

対談中、2人は、「源さん」「七之助君」と呼び合っており、親密な様子が見て取れた。そんな星野に、収録の感想、そして中村座の印象などを聞いた。

■ 星野源コメント

七之助君に案内していただいて、舞台の裏側も全部見せていただき、花道も歩かせていただきました。中村座の舞台に上がれるとは思っていなかったので、とても幸せな気持ちになりました。

七之助君とは普段は友達なので、今日の収録は若干照れくさい部分がありましたが、仕事の話を中心に楽しい話がたくさんできたので、とても良かったです。

中村座の舞台は、昔ながらの歌舞伎の観劇の仕方というものを体験できる場所ですし、この上演のために作った劇場ということもすごいと思います。(浅草という)場所も雰囲気がありますし、勘九郎君と七之助君が醸し出す空気みたいなものが年々魅力的になっていき、他にはないものだと感じます。

やはり、(父である)勘三郎さんの匂いや、勘三郎さんへの思いを出演者の皆さんはもちろん、見ている方も含めて全員が持っていると思います。そういう雰囲気が、客席、お客さんも含めて素敵な場所だと感じました。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)