“占い師”イッセー尾形が長谷川博己の運命を占う!? 萬平がえん罪で再び捕まる<まんぷく>

“占い師”イッセー尾形が長谷川博己の運命を占う!? 萬平がえん罪で再び捕まる<まんぷく>

連続ドラマ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)の12月19日(水)放送からイッセー尾形が出演する

NHK総合ほかで放送中の連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15ほか)に、イッセー尾形が出演することが分かった。

インスタントラーメンを生み出した実業家である安藤百福氏と妻・仁子氏の半生をモデルに、戦前から高度経済成長期にかけての激動の時代を舞台に、たくましく生きる夫婦の姿を描いた、福子(安藤サクラ)とその夫・萬平(長谷川博己)の成功物語。

以前、萬平は軍事物資横領の嫌疑でえん罪にも関わらず憲兵隊に捕まっていたが、12月17日(月)からの第12週では、脱税の罪で実刑判決を受け、刑務所に収監されることに。

12月19日(水)放送の第69回で、萬平が収監された米第8軍刑務所に先に入っていた少しとぼけた謎の男として登場するのが、占い師・剛田役のイッセー尾形だ。

剛田は、再びえん罪で捕まってしまったやりきれない思いを隠せずにいた萬平に気さくに話しかけ、他人の顔を見ればその人の運命がわかるといって萬平の運命を占う。そして、剛田は萬平と共に時間を過ごす内にその人柄に引き込まれていく。

そんな剛田を演じるイッセー尾形は「『まんぷく』お邪魔しましたぁ! どう出るか分からない芝居にもかかわらず、長谷川博己さんはじめスタッフの皆さんに優しく迎えていただきました! おかげさまで自分でもどう出るか分からない芝居をやってのけた模様です(笑)。ぜひぜひご覧ください!」とメッセージを送る。

■ 第12週(12月17日[月]〜12月22日[土])あらすじ

脱税の容疑をかけられ、萬平(長谷川)は重労働4年、罰金7万円の実刑判決を受けてしまう。東京の刑務所に収監された萬平に代わり、福子(安藤)は弁護士の東太一(菅田将暉)の助けを借りて、お金を工面し、罰金を支払う。

しかしその直後、今度は財務局から10万円の追徴課税が通達される。追い詰められる福子だが、三田村(橋爪功)の助けで、会社を資産整理することで財務局の追求を逃れることに成功。しかし、それは共に働いてきた社員たちとの別れを意味していた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)