木村拓哉、企画に大苦戦!?「今回、(番組)終わらないぞ!」

ネット番組「木村さ~~ん!」で木村拓哉が曲芸に挑戦 「これ余興じゃなく本物でしょ」

記事まとめ

  • 「木村拓哉 Flow supported by GYAO」放送後、木村のネット番組「木村さ~~ん!」が配信
  • リスナーからは「忘年会でやる、いい出し物を教えてください」という切なる願いが到着
  • 太神楽曲芸師の翁家勝丸さんを紹介されると木村は「余興じゃなく本物」とうろたえた

木村拓哉、企画に大苦戦!?「今回、(番組)終わらないぞ!」

木村拓哉、企画に大苦戦!?「今回、(番組)終わらないぞ!」

軽快に傘回しをする木村

12月16日、 TOKYO FMの「木村拓哉 Flow supported by GYAO」放送後、木村のネット番組「木村さ〜〜ん!」の#20が配信された。

リスナーから、「忘年会でやる、いい出し物を教えてください」という切なる願いが到着。そこで伝統芸を極めることになり、講師の太神楽曲芸師の翁家勝丸さんを紹介されると木村は「いやいや、これ余興じゃなく本物でしょ」とうろたえる。

基本の芸「なげる、たてる、まわす」を習う木村。“どんつく花籠毬”という道具を使っての芸を初級編としてやることに。思わず木村は「これ初級!? おかしいでしょ」と動揺。

さっそく挑戦し、苦戦するもコツをつかむ木村は、続いて五階茶碗という曲芸にチャレンジ。翁家先生のお手本を見た木村は、その芸に「うぉおおおお!これは無理でしょ!」と。

そこで顎に傘をのせてバランスを取る芸を練習する。

最後は傘回しに挑む木村。先生が茶碗、枡を回すお手本を披露した後は、木村もボール回しに挑戦する。練習するうちに木村は、着ていた革ジャンを脱ぎ本気モードに。上達した木村は先生と“傘回し”でキャッチボールをするまでに。その筋の良さに、枡回しに挑戦して番組を締めることになった木村だが、なかなか納得いくものにはならず、そんな木村の首筋にはいつしか光るものが…。

番組ディレクターの蔵持総監督らは「きたきたきた!いい!」と絶賛するも納得がいかない木村は枡を回し続ける。木村が汗をかきながら奮闘する姿も必見です。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)