鈴木亮平、西郷と生きた1年がついに終幕「さらに超えるものを作っていきたい」渡辺謙、西田敏行からもエール

鈴木亮平、西郷と生きた1年がついに終幕「さらに超えるものを作っていきたい」渡辺謙、西田敏行からもエール

クランクアップ時は「土とほこりでドロドロ」だったという

鈴木亮平が主演を務める大河ドラマ「西郷どん」(夜8:00-9:00ほか、NHK総合ほか)が、ついに12月16日(日)に最終回を迎える。

西郷隆盛(鈴木亮平)は、「西南戦争」で生き残った兵士と共に包囲網を突破し、薩摩の城山に到達する。一方、大久保利通(瑛太)は、内国勧業博覧会の準備にまい進していた。大久保は、西郷軍に「降伏すれば西郷の命を助ける」と指令を出すが、その申し出を西郷は拒否する。

いよいよ、西郷の最後の戦いが描かれる最終回。1年以上西郷という役を“生きた”鈴木が心境を明かした。

■ 「西郷どん」をさらに超えるものを今後作っていきたい

2017年7月5日にクランクインし、2018年11月26日にクランクアップを迎えた鈴木は、「長い撮影期間の中で、本当にその人間を生きることができる作品は、大河ドラマ以外にはないと思います。

特に西南戦争のシーンでは『これ、神様が見て許してくれるのかな』と思うくらい壮絶でしたが、一人の人生をここまで時間をかけて追体験できたことは貴重な体験でしたし、とても幸せな時間でした。そして、人が生きること、何十年もかけて人生を全うすることはすごいことだと、あらためて感じました」と感慨深げに思いを語る。

そして、「『この人間の人生を本当に生きている』という感覚を大切にしながら、これからのすべての作品に向き合っていきたいです。『西郷どん』をさらに超えるものを今後作っていきたいと思いましたし、『西郷どん』がこれからのひとつの指針になりました」と本作での経験に感謝した。

■ 体ごとぶつかるような形で、今回の大河に参加させてもらいました

貧しい下級武士だった西郷の才能を見いだした、西郷生涯の師・島津斉彬を演じた渡辺謙。4月22日に放送された第15回では、斉彬の壮絶な死が描かれ、大きな反響を呼んだ。

本作で重要な鍵を握る人物を演じた渡辺も、最終回に向けてコメントを寄せた。

大河ドラマ「独眼竜正宗」(1987年)、「炎立つ」(1993年〜1994年)という2作で主演経験のある渡辺は、本作での演技を「私自身も鈴木との芝居の中で、エネルギーをもらいましたし、鈴木以外の多くの俳優さんたちと体ごとぶつかるような形で、今回の大河に参加させてもらいました。大河ドラマは久々でしたが、いい経験をしました」と振り返る。

また、鈴木の演技について、「クランクアップした後も『西郷どん』は、ほぼオンエアで見ていました。鈴木が『今、いい感じで迷ってるな』『今、壁に当たっているんだろうな』というところが垣間見えましたし、それこそが大河ドラマだと思います。『悩め、悩め』と親戚のような感覚で見ていました。ただ、鈴木にとっては、 本当に充実したいい1年だったと思います。彼が積み重ねてきた努力と、キャストとスタッフを引っ張っていくエネルギーで約1年3か月を乗り越えたので、『よくやった!』というよりは、少し口幅ったい言い方ですが『俺の目に狂いはなかった』ということですね」という。渡辺と鈴木は、劇中だけでなく、斉彬と西郷のような関係性だったようだ。

さらに、「鈴木の顔つきが回を重ねていくにしたがって変わっていきましたが、それは大河の主役をやる上での使命です。齢を重ね、経験を重ね、表情、目の奥、心の奥にあるものの変化に、視聴者のみなさんは心を奪われるわけですから。それはよくやったと思います。斉彬としては、ですよ(笑)。これから先、思い悩むことが良い意味で増えていくと思いますが、それは経験した者しか味わえないので、十分苦しんで、十分悩んで、これから先も頑張っていってほしいです」と、鈴木の今後に期待を寄せる。

最後に「『西郷どん』は歴史ドラマですから、結末は歴史をご存じの方は分かっていらっしゃると思いますが、そこに西郷が どう向き合っていったのか、また、俳優・鈴木亮平が西郷隆盛にどう向き合っていったのか、それを楽しみにご覧いただきたいと思います」と、鈴木へのエールと、視聴者へのメッセージを送った。

■ 西田敏行「亮平くん、役をひとつくださいね(笑)」

1年間の語りを務め、10月21日放送の第39回からは西郷の息子・西郷菊次郎役として出演した西田敏行。本作で13回目の大河ドラマ出演を果たした西田も、「西郷どん」への特別な思いを語ってくれた。

大河ドラマ「翔ぶが如く」(1990年)では、鈴木と同じく主演で西郷隆盛を演じた西田は、「大河ドラマは長くずっと続いている番組ですので、作品ごとにさまざまな進化をしていきますが、今回の『西郷どん』では、その進化が顕著に表れたのではないかと思います。平成最後の年に作られた大河ドラマが明治維新の物語でしたが、西郷隆盛や大久保利通はこれまで何度もドラマ化されている中、『西郷どん』は今の時代の解釈と思いで作られた、新しい視点の西郷さんと大久保さんだったと思います」と本作を評する。

さらに、「大河ドラマを経験した役者さんは『1年は長かった、大変だった』と皆さんおっしゃいますが、大河ドラマで主役を演じる役者さんは特に大変だったと思います。

ただ、僕の経験上、この達成感は他の現場では味わえない達成感ですので、亮平くんはその達成感を胸に秘めながら、次のステップを踏むための準備をされていると思います」と、大河ドラマで4度の主演を経験した“先輩”としてのアドバイスも言いつつ、「亮平くんの持っている素晴らし いポテンシャルをどんどん発揮して、次なるステップ、また大きなステージを踏んでいただきたいと思います。

亮平くん、私も役者仲間ですので、亮平くんのそのときのお仕事に加えていただけるよう、役をひとつくださいね(笑)」と“おねだり”した。 (ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)