内村光良、殺陣シーンに意外なモデルが「『ドン・フライ対高山戦みたいな感じで』って言われて」<忍べ!右左エ門>

内村光良、殺陣シーンに意外なモデルが「『ドン・フライ対高山戦みたいな感じで』って言われて」<忍べ!右左エ門>

体を使った殺陣はお手の物と思いきや…

「LIFE!〜人生に捧げるコント〜」のスタッフ、キャスト陣が手掛けるスペシャルドラマが、12月19日(水)に夜10時からNHK総合で放送される。主演を務めるのは、「LIFE!」の座長・内村光良で、タイトルは、「LIFE!スペシャル 忍べ!右左エ門」だ。

同作は、内村扮する「LIFE!」の人気キャラクター「宇宙人総理」を生み出した倉持裕が描く“忍者アクションコメディー”。

元忍者の右左エ門(内村)は、かつての忍者仲間の長次(古田新太)から、息子の序助(中川大志)の結婚相手・おこと(永野芽郁)の生き別れた父親(堤真一)捜しを依頼される。おことの父親が江戸城に囚われていることをつきとめた右左エ門は、体を張って江戸城に潜入することに。救出のため、右左エ門たちは城を守る現役忍者たちとの戦いに挑む。

6年目を迎えた「LIFE!」が初めて手掛けるドラマに、内村はどのような気持ちで撮影に臨んだのか。インタビューを行い、撮影現場の雰囲気や、座長として心がけていることを聞いた。

■ 撮影の合間、忍んで待っていることが多くて…

――いつものコント撮影と、ドラマの撮影では現場の雰囲気に違いはありましたか?

いつものコントの時は、同時に6〜7台のカメラを使ってマルチアングルで一気に撮るんです。

でも、今回はドラマなので、1台のカメラでコツコツコツコツ撮っていくんですよね。その時間、待つ!っていう…。 

撮影の合間、忍んで待っていることが多くて…まさに「忍べ!右左エ門」なんつって!(笑)

――決めのコメント、ありがとうございます!(笑) 忍者役の方々のアクションも今作の見どころだと思いますが、撮影はいかがでしたか?

堤さんと、現役忍者の数馬役の健太郎くんの殺陣を見たら、すごいかっこよくて、「俺の殺陣と全然違うじゃん!」と思いました。

僕の殺陣はドッタバタしてるんです。肉弾戦が多くて、指導の先生から「ここは、ドン・フライ対高山戦みたいな感じで頭突きしてもらって…」って言われるくらい(笑)。もはや剣とか持たずに、普通に叩いてるシーンも多くて。

でも、それぞれ特色があって面白いんじゃないですかね。僕は老体にムチ打って頑張りましたよ。

――堤さんのアクションと、内村さんのアクションはどんなところが違うんでしょうか?

堤さんの殺陣は、慣れていらっしゃるのでキレイなんですよね。ガタイがいいので流麗に見えて、着流しの衣装もまたかっこいい! 

僕と中川くんと古田さんの忍者の衣装は、どこぞの客寄せパンダみたいな服なんです(笑)。

長次が営んでいる呉服問屋の「紅前屋」が制作した設定なんですけど、長次の衣装には、よく見ると鶴の模様が入ってるんです。

「長次は、自分でみんなの衣装作って、自分がリーダーだと思って鶴を模様入れたんだ」っていう裏設定が分かって、面白いなって思いました(笑)。

■ 楽しかった飲み会のつけだと思って頑張ります

――撮影中は皆さんでお話されることも多かったんでしょうか。

一度、天候が悪くなっちゃって撮影がオフになった時に、昼からみんなで飲みに行きました。堤さん、古田さん、ムロ(ツヨシ)くん、中川くんとかで行ったんですけど、普通のチェーン店で唐揚げ山盛り注文して飲んでたんで、他のお客さんはびっくりしたんじゃないかな?

その日があったので、関係性がより深まって、気を使うことなくみんなで雑談できるようになりました。

でも、雨降って飲みに行った分、今日の撮影は朝7時からでずっとチャンチャンバラバラやってますから、さすがにみんな疲れちゃってますけどね(笑)。

みんな次々とクランクアップしていくのに…僕と中川くんと古田さんは最後まで撮影が残っている…。これも楽しかった飲み会のつけだと思って頑張ります。

■ 一瞬だけ鈴愛になったのが見られました

――9月22日に「LIFE!」で放送された連続テレビ小説「半分、青い。」とのコラボコントで共演していた永野さんについては、今回はドラマで印象が変わった部分はありましたか?

彼女はその時はその時で、役になりきって演じていますよね。

この作品では、しっかりした娘さんを演じられていますけど、コミカルな芝居の部分で、一瞬だけ(「半分、青い。」で演じていたヒロインの)鈴愛になったのが見られました。僕がその時、「ちょっと鈴愛だったよね?」って聞いたら笑ってましたよ(笑)。

――豪華な共演者がそろっているドラマですが、座長として心がけていることはあるんでしょうか?

スタッフさんも、いつものコントの撮影とは勝手が違うので、怒られちゃうこともあったりして、現場がピリピリする時もあるんです。

スタッフさんにとっても、怒られたことで成長している部分もあるので、「それでいい」とも思うんですけど、その空気が長時間は続かないようにしようと心がけています。

堤さんも古田さんも、そういう時に笑いを取ってくれたりするので、僕だけが心がけているっていうわけではないと思いますけど。

和やかにするために、僕の役名の右左エ門(うさえもん)っていうのを、絶対「うさ山さん」って言い間違えるスタッフがいるので、そこはいつもいじってます(笑)。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)