久住小春、“悪女役”に意欲!「もっと極めたいです」

久住小春、“悪女役”に意欲!「もっと極めたいです」

久住小春がカレンダー発売イベントに登壇した

公開中の映画「レディ in ホワイト」に出演する女優の久住小春(26歳)が、ソロでは自身初となるカレンダーをリリースし、12月16日に東京・HMVエソラ池袋店にて発売イベントを行った。

カレンダーは8月下旬に都内で撮影されたという。囲み取材でお気に入りのカットについて聞かれると「3・4月のカットがファンの方から好評だったのでこれにしました」とコメント。

また、その他のこだわりについては「5・6月は少し『オタク女子』をテーマに、髪をお団子にしてみたりゆるっとした感じで撮影して、いつもとは違った雰囲気に仕上がったと思います」と明かす。

今作のカレンダーの点数を聞かれると「スタッフみんなでこだわって作ることが出来たので100点つけたいですね!」と話した。

■ もっと悪女を極めたい

さらに、2018年1年を振り返って「今年は舞台を中心に仕事をさせていただいて、映画にも初めて出演したので充実した1年でした」と語った久住。

2019年について聞かれると「来年もカレンダーを発売できるように頑張りたいですし、お芝居ではもっといろんな役をやってみたいです。『レディ in ホワイト』では悪女をやらせていただきましたが、もっと悪女を極めたいです」と意欲を見せた。

ちなみにプライベートでは「あんまり外に出るタイプじゃない」という久住。「もっと積極的に友達を誘って外に遊びに行きたいです。ニューヨークに行ったことないので行けたらいいですね」と前向きに展望した。

なお、久住は2019年1月6日(日)から明治座で上演の舞台「由紀さおり50周年記念公演『第1部 下町のヘプバーン』」に出演する。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)