チョコレートプラネット、“ZOZO前澤社長”をものまね「似ていると言われたから」

チョコレートプラネット、“ZOZO前澤社長”をものまね「似ていると言われたから」

12月18日(火)放送の「ものまねグランプリ〜ザ・トーナメント2018〜」で“ZOZO前澤社長”のものまねをする長田庄平と、定番のIKKOポーズを決める松尾駿

12月18日(火)放送の「ものまねグランプリ〜ザ・トーナメント2018〜」(夜7:56〜10:54放送)に出演するチョコレートプラネットが、番組に懸ける意気込みとネタの見どころを語った。

■ ホリの連覇、神奈月の年間制覇が懸かる「ものまね頂上決戦」!

本番組は、秋に放送された「ものまねグランプリ・ガチランキングSP」で、上位14位以内に入ったものまねタレントの精鋭たちが、1対1のトーナメントバトルで激突。敗者復活で勝ち上がった2組を含めた総勢16組が、今年の“真のものまね日本一”を目指す。

2017年は、ホリが涙のトーナメント初優勝を果たしたが、2018年は春・秋ともに制した神奈月による初の“年間完全制覇”なるかにも期待が寄せられる。さらには和田アキ子や桜井和寿のものまねでブレーク中のMr.シャチホコも番組を盛り上げるはず。

■ チョコプラのものまねの歴史「全部載せ〜!」

そんな出演者の中でも“和泉元彌とIKKO”で特に注目されるチョコレートプラネット・長田庄平と松尾駿のコメントが到着した。今回のネタは、“ZOZOスーツ”に身を包んだIKKO(松尾)とZOZOの前澤友作社長(長田)のやり取りが中心になるようだ。

「ものまねの題材は自分のビジュアルをどう寄せていくかと表情の研究で決めていく」という長田が今回、前澤社長を選んだ理由は「僕が前澤さんに『似ている』と言われて、『これはいけるな』と」思ったから。「なかなかいい仕上がりになってきています」と胸を張る。

その長田が扮(ふん)する前澤社長が、各界の様々な方を宇宙に連れて行くというネタだそうで、松尾も「これを見れば僕らのものまねの歴史がわかります。『全部載せ』です」と意気込む。さらに新ネタも盛り込んでいるとか。

■ 松尾駿「ものまねへの恩返しになれば」

実力者ぞろいの大一番に向けて、長田が「僕らは『ものまねグランプリ』からブレークさせていただいたと言っても過言ではないです。(2016年の大会で)敗者復活から一気に3位にいって、IKKOさんのものまねが定着しました。さらにもうひと躍進できるように頑張りたいです」と気を引き締めると、松尾も「ものまねでお仕事も沢山いただけるようになったので、この年末で成果を出して、ものまねへの恩返しという意味でも頑張りたいです」と真剣な表情で力強く宣言した。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)