モー娘。飯窪春菜が卒業!「私って重い女。絶対好きですよ!」とファンに永遠の愛を誓う

モーニング娘。飯窪春菜が卒業 「北斗の拳」ラオウのパフォーマンスで幕を降ろした

記事まとめ

  • モーニング娘。’18コンサートツアー秋〜GET SET, GO!〜のツアーファイナルが終了
  • 本公演を持って10期メンバーでグループのサブリーダー飯窪春菜がグループを卒業
  • 飯窪は右手を突き上げ「北斗の拳」のラオウのパフォーマンスをしてステージを降りた

モー娘。飯窪春菜が卒業!「私って重い女。絶対好きですよ!」とファンに永遠の愛を誓う

モー娘。飯窪春菜が卒業!「私って重い女。絶対好きですよ!」とファンに永遠の愛を誓う

土日2Daysの武道館公演を大成功させたモーニング娘。'18。中央でハニー色のドレスを着ているサブリーダーの飯窪春菜は、本公演をもってグループを卒業する

モーニング娘。’18コンサートツアー秋〜GET SET, GO!〜のツアーファイナルが、12月16日に東京・日本武道館で行われた。本公演を持って10期メンバーでグループのサブリーダーを務める飯窪春菜がグループを卒業。飯窪は卒業後もソロで芸能活動を続け、女優やタレント活動をしていくという。

全国13会場、全16日程28公演が展開され、約5万8000人を動員した本ツアー。ファイナルとなる本公演には、1万人が来場。さらに国内28か所、海外2カ所で行われたライブビューイングも行われた。

メンバーの石田亜佑美は弊誌のインタビューにおいて「秋ツアーのタイトルは“〜GET SET, GO!〜”は、直訳すると“よーい、どん!”って意味。モーニング娘。の歴史に感謝しつつも、今の私たちで行けるところまで行ってみよう!って思いがあります。セットリストを見たときも、今の私たちで勝負していくんだなって思いが感じられたんですよね。今を見せていきたいです!」と力強く宣言したように、1曲目から最新シングル「自由な国だから」でスタート。その後も「君さえ居れば何も要らない(updated)」「Are you Happy?」「そうじゃない」などのシングル曲に加え、「笑えない話」「ナルシス カマってちゃん協奏曲第5番」などのアルバム曲など、現在のメンバーが加入した2011年以降の楽曲を中心に展開。会場に訪れた約1万人のファンを熱狂させた。

途中のMCでは、飯窪がプロデュースするバーチャルYouTuberのアイドル「Ni-na(ニーナ)」の話題に。Ni-naが世界一のアイドルを目指しているという設定に、同じく世界一のアイドルを目指しているメンバーの生田衣梨奈が噛み付くなど、サブリーダーズ2人の“いつも通り”のやりとりに会場は大盛り上がりを見せる一幕も。

また中盤のMCコーナーでは、ハロプロのリーダーであり飯窪と仲の良いアンジュルムの和田彩花が、飯窪の元メンバーカラーであるチョコレート色のドレスを着て登場。飯窪に「宇宙の果てについて、生きることについて、人類についてなど、壮大なテーマを話せるのははるなんだから出来たことです。話していて趣味は合わないなということも多々あります。ですが一緒にいて励まし合っていたのも事実で、とても大切な存在です。最後までステキな思い出を作ってください。そしてこれからも、はるなんは私にとって大切な存在です」とメッセージを送っていた。

その後は「LOVEマシーン」や「ザ☆ピ〜ス」「恋愛レボリューション21」など往年のヒットナンバーをメドレーで披露し、「What is LOVE」で本編がラストとなる。アンコールでは“はるなんコール”起こり、飯窪のメンバーカラーであるハニー色に会場が染まる。

アンコールに応えるかのように、新旧のメンバーカラーでコーディネートされたドレスで登場した飯窪。ファンへの感謝の気持ちを書いた手紙を読む。

「2011年9月29日に元気印オーディションでモーニング娘。10期メンバーとして加入しました。そこから約7年3カ月、私はモーニング娘。としてかけがえのない日々を過ごしてきました。そんな楽しい日々の中で、正直しんどいこともたくさんありました。歌・ダンスが未経験っていうことだけじゃなくて、加入した時点で9期10期の中で最年長。何もできない最年長でいることが何よりもしんどかったです。それでもめげずに折れずにここまでやって来られたのは、どんなときでも応援してくれる人が必ずいたからです。今、皆さんの目の前にいる飯窪春菜は、この7年の間に作っていただいたものだと思っています。だからこの身全部がこれからの人生の大きな財産です。この感謝の気持ちをどうやって返そうって思ったときに、私のことを好きだと言ってくださる人たちの前に、この先もずっとあり続けることだと思いました。私の人生で一番大切なのは私のファンの方です。未来永劫、大好きでいることを誓います。私って重い女なんですよ。だから絶対好きですよ。今日の卒業公演は私にとって次に繋がる公演にしたいです。ツアータイトルもGET SET, GO!ですし、次の未来のためのよーいどんしたいと思います。7年間本当にありがとうございました」(一部抜粋)と感謝の言葉を送り、ソロで『恋ING』を歌い上げ、7年間の成長を会場に訪れたファンの魅せていた。

最後はマンガ好きの飯窪らしく「飯窪春菜、我がモーニング娘。人生に一片の悔いなし!」と右手を突き上げ、「北斗の拳」のラオウのパフォーマンスをしてステージを降りた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)