ジャガーズ、“TikTok”で話題の嵐・大野智を「ものまねGP」で披露!

ジャガーズ、“TikTok”で話題の嵐・大野智を「ものまねGP」で披露!

12月18日(火)放送の「ものまねグランプリ〜ザ・トーナメント2018〜」に参戦するジャガーズ

日本テレビ系で12月18日(火)に放送される「ものまねグランプリ〜ザ・トーナメント2018〜」(夜7:56-10:54)に“ジャニーズJr.ものまね”でおなじみのジャガーズが出演を果たす。

本番組は2018年秋に放送された「ものまねグランプリ・ガチランキングSP」で、上位14位以内に入ったものまねタレントの精鋭たちと、敗者復活で勝ち上がった2組を含めた総勢16組が、2018年の頂点を目指す。

敗者復活戦からの逆転優勝を狙うジャガーズのちーやんとジャガーともひろが番組への意気込みとネタの見どころをたっぷりと語った。

■ Jr.だけじゃない、デビュー組もやります!

――今回はジャニーズJr.だけではなく、先輩グループのものまねも披露するそうですね。

ちーやん:(ジャガーズのものまねは)ジャニーズJr.のイメージが強いと思うんですが、デビューしているメンバーのものまねもライブではやっているんです。なかなかテレビでやる機会がなかったので、今回ぎゅっと詰め込んで披露します。

ジャガーともひろ:例えば嵐の大野智くんのピースの仕方は、TikTokにもアップしたのですが、これがすごくバスったんです。「大野くんぽい」という一瞬の姿勢ですが、このような細かな、ものまねが見せどころです。

■ ジャガーズに歴史あり!

――ジャニーズJr.に注目するようになったきっかけを教えてください。

ジャガーともひろ:小さい頃からジャニーズが好きで。小さい子って、スポーツやヒーローものに憧れるじゃないですか。それと同じような目線でずっとジャニーズに憧れていました。

ちーやん:1988年の光GENJIのバックにはSMAPがついていて、SMAPも(ジャニーズJr.として)スケボーを滑っていたんです。それでJr.に注目するようになりました。その後もSMAPのバックにKinki KidsやV6のメンバーが踊っていたりして、Jr.の中でも当時から人気があったので、「Jr.ファン」というのがファンの間では当たり前みたいになっていました。

「SMAPのバックで踊るKinki Kids」のようなものまねをやっていたんです。僕たちからしたら、バックダンサーの子も全員スターなんですよ。

■ ジャニーズJr.の研究は現場に限る!

――どのように研究しているのですか?

ジャガーともひろ:やっぱり直接コンサートに足を運ぶことです。DVDではJr.がアップになることはないので、コンサートで直接見ないと細かな動きはチェックできないんですね。

ちーやん:(コンサートでチェックする時は)それぞれ好きなメンバーが違うので、同じところはあまり見ないです。

ジャガーともひろ:お互いが好き勝手にコンサートを見たあとに、「あの時、こんなことをしていた」なんて言い合って、お互いがそのポイントに笑えたら「それは他のファンの人も笑えるだろう」と(ネタとして)OKになるんです。

■ 「僕たちのネタは三度楽しめます」

――最後に、今回の見どころについて教えてください。

ジャガーともひろ:最初の敗者復活戦ではお兄ちゃんのメーン(ジャニーズJr.ではない先輩グループ)がものまねのポイントですが、メーンを引き出すためのさりげなくJr.がやっている動きにも注目してほしいです。

目立っていない感じがよりリアルなJr.感になっていると思います。まず録画しながらメーンの動きを見ていただいて、そのあと録画で「こんなサポートをしていたんだ」と僕の動きを見ていただいて、そのあと本物のジャニーズを見ていただければ、「本当にやっていた」と三度楽しめます!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)