「科捜研の女」と「刑事ゼロ」のコラボ実現! 沢口靖子と沢村一樹が初共演

沢口靖子と沢村一樹が初共演 「科捜研の女正月スペシャル」で「刑事ゼロ」とコラボ

記事まとめ

  • 沢口靖子主演ドラマ「科捜研の女正月スペシャル」に沢村一樹が特別ゲストとして出演
  • 沢村が演じるのは新ドラマ「刑事ゼロ」(テレビ朝日系)の主人公でもある刑事・時矢暦彦
  • 同作には、宅麻伸、堀部圭亮、宮崎美子、上島竜兵らがゲスト出演する

「科捜研の女」と「刑事ゼロ」のコラボ実現! 沢口靖子と沢村一樹が初共演

「科捜研の女」と「刑事ゼロ」のコラボ実現! 沢口靖子と沢村一樹が初共演

2019年1月3日(木)放送の沢口靖子主演ドラマ「科捜研の女正月スペシャル」に、新ドラマ「刑事ゼロ」の沢村一樹が特別ゲストとして出演

2019年1月3日(木)放送の沢口靖子主演ドラマ「科捜研の女正月スペシャル」(夜9:00-11:10、テレビ朝日系)に、沢村一樹が特別ゲストとして出演する。

沢村が演じるのは新ドラマ「刑事ゼロ」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系※2019年1月10日[木]スタート、初回は夜8:00-9:48)の主人公でもある刑事・時矢暦彦。同じ「木曜ミステリー」枠の「科捜研の女」で、沢口演じるマリコとの初顔合わせとなる。

沢口と沢村の共演も今回が初めて。沢口は「沢村さんは爽やかで笑顔がすてきな方という印象がありました。今回お会いして、思った通り気さくで打ち解けやすい方でしたね」と言うと、沢村は「僕はテレビで“なんとか男爵”と言われているんですが、ご覧になったことないですか?」と返して、笑いを誘った。

また、沢村は「沢口さんは僕が青春時代から拝見している方なので、一緒にお仕事をさせていただくというのは不思議な気持ちです。しかも『科捜研の女』でお会いできるとは思っていなかったのでうれしいですね」と喜びを語った。

さらに、沢口は寒い冬の京都での撮影を乗り切るための方法を沢村にアドバイス。ポットに入れたホットはちみつレモン、カイロを入れられるスポーツ観戦用のミトン手袋を薦められ、沢村は「衣装さんに用意してもらいます(笑)」と“バトン”を受け取っていた。

今回のコラボレーションで、時矢はマリコらにどんな捜査協力をするのか。ドラマには他に宅麻伸、堀部圭亮、宮崎美子、上島竜兵らがゲスト出演する。

■ あらすじ

京都府が統合型リゾートの誘致に立候補する中、とある山中で爆発事件が発生。破壊された小屋の中から男性の遺体が発見された。

マリコ(沢口靖子)や土門(内藤剛志)らと合流した京都府庁土木建築部の巽省吾(宅麻伸)によると、土地と小屋の所有者は不明だという。

犯人が使用した車のタイヤ痕が検出され、被害者の身元もIR道路の工事関係者で発破技士の一之瀬廉(岡大介)と分かる。

車は廉が勤務する建設会社のものだった。廉の弟で同じ会社に勤務する発破技士の駿(上島竜兵)は、兄は爆破解体予定の小屋の下見に会社の車で行ったのだろうと言う。

そんな中、土地の所有者が名乗り出てきた。水野珠美(宮崎美子)という女性で、亡き父親が残した山林ばかりの土地の扱いに困っていたと言う。

一方、マリコらは科学捜査で犯人の車を追跡することに。爆発物処理班の黒部隆次(堀部圭亮)も同行し、険しい山道をたどっていくが、そこに爆弾魔の影が忍び寄っていた。

■ 沢口靖子コメント

「京都府警に時矢あり」「一課の敏腕刑事」という異名を持つ、できる刑事さんとご一緒できてとてもうれしかったです。先ほど急接近されるお芝居もあって、少しドキドキしました(笑)。とても頼もしくて、Gジャンの上にスーツを着るという非常におしゃれなスタイルの刑事さんだと思いました。

今回の「科捜研の女」正月SPは連続爆破事件というサスペンスフルな内容であり、新たな科学捜査も次々と登場してきます。スケールの大きい、見ごたえのある作品ですので、どうぞご期待ください。

■ 沢村一樹コメント

マリコさんは時矢とは初めてですが、僕はマリコさんのことはテレビで何回も見ているのでとても不思議な感じでした。「科捜研の女」にレギュラーで出演されている刑事の方は知っている方が多かったので、さほど緊張感もなく楽しくやらせていただけました。

「刑事ゼロ」で私が演じる時矢暦彦という男は、刑事になってからの記憶が全くない。ただ、記憶がない分、常識にとらわれない捜査であったり、今までできなかったことができるようになるというのが面白く描かれています。

(記憶喪失がばれないように)戸惑いながら、みんなと話を合わせながら事件を解決していく、ハラハラしながら推理を楽しんでいただけたら面白いと思います。ご期待ください。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)