SKE古畑がソロでリリースした1stミニアルバムの全楽曲を語る!<「Dear 君とボク。」ロングインタビュー 中編>

SKE古畑がソロでリリースした1stミニアルバムの全楽曲を語る!<「Dear 君とボク。」ロングインタビュー 中編>

古畑奈和が自身初のミニアルバム「Dear 君とボク。」の楽曲について語った

12月24日にSKE48・古畑奈和の1stミニアルバム「Dear 君とボク。」が発売された。同作は、2017年に発売されたシングル「オルフェス」の総売上枚数10000枚達成を受けて制作が決まったミニアルバムで、2019年1月16日(水)までの期間限定販売となっている。

待望のミニアルバムをリリースした古畑に、制作過程や収録されている全6曲について話を聞き、また、2018年に起こった自身の変化などについても語ってもらった。

<「Dear 君とボク。」ロングインタビュー 前編>の続き。

■ 「『愛してよ』ってすごい言葉だなって思いました」

――では、1曲ずつお話を聞いていこうと思うんですけど、1曲目の「本性」は中田さん作詞の曲ですよね。

嫌われてもいいから本当の自分を見せたいみたいな歌詞が、私と重なるなって思いました。私もアイドルとして出したい部分や出しちゃダメな部分に関しては、たくさん葛藤があったので。

私は、嫌われたとしても、今のありのままの自分を見せて好きになってもらった方が、最終的にはファンの皆さんに新しい刺激を届けられるかなと思って頑張ったところもあったので、隠していた自分を見せていく強さのあるこの世界観に共感しましたね。

――まさに“本性”を見せていく強さですね。

この曲は2人の男女っていう設定で捉えています。お互いがお互いを理解できていなかった2人なんです。

歌っていて、改めて「愛してよ」ってすごい言葉だなって思いましたね。隠していた部分を相手に見せた上で言う「愛してよ」って言葉がすごく響きました。

「嫌いになってもいいよ」って言うんじゃなくて、それでも愛してほしいという葛藤や弱さがあるんだなって思いました。そういう人間味のあるところがこの曲の好きなところですね。葛藤しながらも自分の本質的な部分と向き合っている感じ、人間らしさが私はすごく好きです。

■ 「MESSHIAH」にはタイトルにまつわる裏話が

――2曲目の「MESSHIAH(メシア)」も中田さんの作詞の曲です。

「MESSHIAH」は壮大過ぎて、実はまだつかみ切れてないんです(笑)。曲はアニソンみたいになっています。裏話的なところで言うと、最初は曲名が「救世のMESSHIAH」だったんですよ。でも、“MESSHIAH”って“救世主”って意味じゃないですか。

――“頭痛が痛い”的な(笑)。

そうそう! それを中田さんに言ったら「あ! うっかり!」みたいな(笑)。中田さんでも、うっかりやっちゃうことってあるんだなって思ってほっこりしました。

――「0start」公演で古畑さんのユニット曲が「MARIA」だったので、ちょっとつながりがあるのかなって思ったりもしましたけど。

何か縁があるんですかね?(笑)。

――アニソンっぽい曲だからこそ、歌い方を変えてみたりということはなかったんですか?

音の取り方を後ろで取るとアニソンらしいスピード感が出ないので、前で取るように心掛けました。あと、息継ぎが大変だったので、この曲はたくさん練習しましたね。

■ イメージは「少女漫画に出てくるような、ツンデレな女の子です」

――続く3曲目の「ミライクル」はどんな曲でしょうか。

この曲の作詞を担当された方に「ほっぺたを膨らませているようなかわいらしい女の子がいいです」って言って、女の子のかわいいところを詰め込んでもらいました。イメージは少女漫画に出てくるような、ツンデレな女の子ですね。結構低いキーが多いので、低いキーでどうやってかわいい声を出そうかなって考えました。

――かわいい女の子という詞のイメージとは対照的に、曲は疾走感のあるギターのイントロで始まります。

そうなんですよ。曲がカッコイイ系だったので、逆に詞はかわいい系にしようってみんなで話しました。

――曲と詞のギャップということですね。

かわいく歌うのも大変でしたね。さっきは低いキーの話をしましたけど、キーの高いところもあって、裏声から元の声に戻すところとかは苦労しましたね。

■ 「4me」は“芯の強さを持つきれいなお姉さん”のイメージ

――4曲目は声のエフェクトが特徴的な「4me」です。

いつかソロライブをやったときに、ファンの方がキュンとするようなセリフのある曲が欲しいと思って、1つはセリフのある曲を入れたいですってリクエストをして、それでできたのがこの「4me」です。セリフの部分は「For me?」って一言なんですけど、練習では苦労していたのに、本番は一発OKだったんですよ!

――この曲の聴きどころですね。

あと、この曲は“芯のある女性”を描いてもらったんですけど、歌い方は結構ルーズな感じというか、ちょっと力の抜けた感じで歌うのを意識しています。芯のある女性だけど、気負い過ぎていない感じを出したくて。“きれいなお姉さんの芯の強さ”みたいなイメージですね。

――“芯は強いんだけど、強く見せていない”みたいなイメージですかね。

そうですね。あと、好きなところがあって。「例えばこの先も歩いていたら 良いことも嫌なこともほら 私なりに楽しもう 全て」っていう歌詞なんですけど、私も、嫌なことも全部楽しめちゃうタイプなんですよ。

嫌なこととかショックなことがあっても楽しめちゃうというか、そういう状況にある自分が「今の私って“悲劇のヒロイン”っぽい!」みたいな(笑)。

だから、「私なりに楽しもう 全て」っていうのが、私自身とも一致しているなと思いますし、他の部分でもこの曲の女性みたいになれたらいいなとも思ってます。

■ 「観覧車」は“夢を持った男女がお互いの夢やこれからの未来のために別れを切り出す”曲

――古畑さんの思う1つの理想像なんですね。5曲目の「観覧車」ですが、これも中田さん作詞の曲です。

この曲は、私たちSKE48が普段公演を行っているサンシャインサカエにある観覧車をイメージして作ってくださいました。あと、私のファンの方は私の歌うバラードが好きって言ってくれる方が多くて、「絶対アルバムにバラードを入れてね」って言われていたので、「バラードはマストで」ってお願いしました。

夢を持った男女がお互いの夢やこれからの未来のために別れを切り出すという、ちょっと切ないけど、その中にも温かさが感じられる曲です。

でも、私にとってはファンの方とのことを浮かべる曲でもあるんです。「一番上まで行けたらどれだけきれいな景色を見れるだろう」という歌詞が、私にはファンの人といろんな夢や目標をかなえたら、どれだけすごい景色が広がって見えるんだろうとか、そのときのファンの方の笑顔って、どれくらいきれいで温かいものなんだろうとか、そういうことをイメージさせられる曲だなって思いました。

だから、この曲を聞いたらファンの方も泣いちゃうんじゃないかな(笑)。

いつか訪れる卒業公演とか、もしできたらですけど、ソロコンサートとか、そういうステージで歌ったらみんな泣いちゃうんじゃないかなって思うくらい私も好きな曲です。まだ人前で自信を持って歌える仕上がりではないと思っているので、頑張らなきゃいけないですけど。あと、歌ってるときに私が泣かないようにしなきゃ(笑)。

■ 「ファンの方との思い出が浮かぶ曲があるってことがすごくうれしいですね」

――最後の6曲目はこのアルバムのきっかけになった、2017年リリースの「オルフェス」ですが、改めてどんな曲でしょうか?

本当にかわいい曲で、デート前に女の子がよくする行動を描いた、うきうき感全開な曲です。この曲があってこその今なので、ずっと大事にしていきたいですね。

私たちも握手会の前って、こういうことをすることが多いんですよ。カレンダーをチェックして、「この日、握手会だ!」って思って、服を買いに行って、「どの組み合わせがいいかな?」って家で鏡を見ていたりします。「デートに行く前の女の子ってこういう気持ちなのかな?」って思いながら歌っています。

――リリースしたばかりの頃と曲の捉え方などは変わりましたか?

特別変わってはいないですけど、この曲には思い入れが強くて。10000枚を達成したときとか、「SKE48 リクエストアワー セットリストベスト100 2018 〜メンバーの数だけ神曲はある〜」で5位になったときとか、そういう場面とリンクして歌詞のところどころでファンの方を思い出すことが多い曲になりました。曲を聞くたび、歌うたびに、ファンの方との思い出が浮かぶ曲があるってことがすごくうれしいですね。

<「Dear 君とボク。」ロングインタビュー 後編>に続く。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)