「壇蜜無双!!」NHK2作品同時に“妖艶な美女”熱演!大胆ドレス&着物姿が話題!!

「壇蜜無双!!」NHK2作品同時に“妖艶な美女”熱演!大胆ドレス&着物姿が話題!!

壇蜜

森絵都の同名小説を原作に、昭和から平成に至る家族の歴史を描くドラマ「みかづき」(毎週土曜夜9:00-9:50、NHK総合)。2月2日放送の第2回では、吾郎に接近する古書店員・一枝役で壇蜜が登場した。連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)に続き、「みかづき」では和服姿でお色気を漂わせる壇蜜に、視聴者の注目が集まっている。(以下、ネタバレがあります)

「みかづき」は昭和から平成に至る日本社会の変遷を背景に、天才的講師の素養を持つ吾郎(高橋一生)と、のちのカリスマ的経営者・千明(永作博美)の出会いが生んだある塾と家族の物語。

第1回(1月26日放送)で千明の強引さに押される形で小学校の用務員を辞め、八千代塾を始めることになった吾郎。第2回では、高度経済成長期の波に乗り、2人の塾は急成長。勝見(勝矢)の塾と合併し、八千代進塾として再出発した。

■ 高橋一生に「好き」の爆弾発言!?

そんな第2回のラストで登場したのが、吾郎の行きつけの古書店で店員として働く一枝(壇蜜)だった。一枝は吾郎に教育に関する本を手に「なかなかいいんですよ。私、この人の考え方、好き」とぐいぐい迫り、「興味ないんだ?」「差し上げますわ」とどさくさにまぎれて吾郎の手を握るなど急接近。その場面を目撃した吾郎の妻・千明をやきもきさせた。

和服に髪を結い上げ、匂いたつような大人の色気を漂わせる壇蜜。さらに次回予告では、喫茶店で吾郎と2人、デートと思われるシーンも…。

そんな壇蜜、現在放送中の連続テレビ小説「まんぷく」(NHK総合ほか)でも目下、ヒロイン・福子(安藤サクラ)の義理の兄・忠彦(要潤)の絵のモデルとして出演中。

こちらでは、肌が大胆に露出するキャミソール風ドレス姿で忠彦に「笑った顔のほうが素敵」と意味深にほほ笑みかけ、忠彦の妻・克子(松下奈緒)には勝ち誇ったような視線を送る小悪魔ぶりで「まんぷく」公式Twitterも「たしかにあの表情は挑戦的にも見えましたね…」とぞわぞわ。2日放送の第103回では克子夫婦の家庭内不和を引き起こす勢いを見せている。

■ 「壇蜜パイセンさすが」ファン沸騰

2つの作品でともに主要キャラクターを惑わす役を演じる壇蜜に、SNSは話題沸騰。同じ日の朝と夜に“お色気キャラ”を演じた偶然に、視聴者からは「今日は他人の夫を誘惑する壇蜜を2回も見たww」「『まんぷく』でも『みかづき』でも最強の浮気疑惑相手!!」「壇蜜無双」「あちこちの家庭を同時に引っかき回す壇蜜パイセンさすが」といった声が上がっている。

「まんぷく」では勝気で妖艶なモデルを演じる壇蜜だが、「みかづき」で演じるのは世話好きでそこはかとなく知性を漂わせる古書店員。同じ“お色気”でも2つのキャラクターを演じ分け、それぞれの物語をかき乱す壇蜜に注目だ。

9日放送の「みかづき」第3回「翳(かげ)りゆく月」では、そんな一枝がキーパーソンに。一枝からソ連の教育者・スホムリンスキーの著書を紹介された吾郎は、塾の合間を縫って著作の執筆に没頭。その陰に一枝の存在を感じた千明は気が気でない。吾郎の著作はベストセラーになり、塾はさらに大きくなって千葉進塾となる。一方、成長した蕗子(黒川芽以)の恋愛は千明の反対もあって破綻。千明の母・頼子(風吹ジュン)も不治の病に冒されるなど、塾の拡大と裏腹に家庭は危機をはらみつつあった――。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)