柳葉敏郎&小木茂光の一世風靡セピア共演が実現

柳葉敏郎と小木茂光、元"一世風靡セピア"の共演が実現 ドラマ『よつば銀行』第6話

記事まとめ

  • 戸田菜穂と小木茂光が25日放送『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!』第6話にゲスト出演
  • 小木と柳葉敏郎の元”一世風靡セピア”の共演が実現、小木は商船会社の社長を演じる
  • 第6話では浩美(真木よう子)が人材紹介会社の社長・恭子(戸田)にヘッドハントされる

柳葉敏郎&小木茂光の一世風靡セピア共演が実現

柳葉敏郎&小木茂光の一世風靡セピア共演が実現

2月25日(月)放送の「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女 (ひと)に賭けろ〜」に小木茂光がゲスト出演し、柳葉敏郎と元・ 一世風靡セピア同士の共演が実現

戸田菜穂と小木茂光が、2月25日(月)放送の「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女(ひと)に賭けろ〜」(毎週月曜夜10:00-10:54ほか、テレビ東京系ほか)第6話にゲスト出演。小木と柳葉敏郎の元一世風靡セピア同士の共演が実現する。

戸田が演じるのは、浩美(真木よう子)をヘッドハントしようとするヒューマンリソースカンパニー社長の恭子。小木は、その会社のオーナーである商船会社の社長・松崎を演じる。

■ 戸田菜穂コメント

社長役は初めてでしたので初日緊張しましたが、昔から知っているスタッフの方々に囲まれ、温かい気持ちで臨めました。

恭子はこれではいけないと分かっていながらも、現状から抜け出せなかった人。浩美に出会い、新たな一歩を踏み出すそんな勇気をもらいます。

女性社長ならではのたおやかさを持って、それらを表現できたらと撮影に挑んでいます! どうぞご期待下さい!

■ 小木茂光コメント

柳葉さんとは映画での共演以来、何年も会っていなくて、久しぶりの再会でうれしく思いました。松崎を演じるにあたっては、なるべくソフトにいかに普通に見えるか。誠実で年相応に見えたらいいなと思い演じました。

この作品の現場は活気に満ちてテンポが良く、その熱意に私も気合が入り、心を引き締めて参加させていただきました。なので「普通に演じる」と「気合」が喧嘩をせず、空回りしないように平静さを保つことが苦心であり、楽しさでもありました。

6話は、大人同士の友情や利用し合うなどのしがらみがさらに強調されています。それに立ち向かっていく浩美の構図が面白いですね。どこにでもある大人の社会の矛盾、歯がゆさに浩美がズバッ斬り込んでくれると思います!

■ 柳葉敏郎コメント

お互いそれぞれ家庭を持っているし、プライベートでほとんど会うことはないですね(笑)。それぞれの子供が大人になったら、また新たな世代の付き合いはしていくのかも知れないですけど。

そういう意味でも、今回の共演で久々に会えて、近況を報告できたのが何よりよかったです! 一世風靡セピアの仲間たちの情報が仕入れられただけでもうれしかったです(笑)。

■ 2月18日(月)放送・第5話あらすじ

頭取重任に向けて根回しをする鳩山英雄(古谷一行)の動きに、島津雅彦(柳葉敏郎)は焦りの色を隠せない。そこで草柳康雄(木下ほうか)と永松隆司(林泰文)は、原島浩美(真木よう子)を陥れるための新たな計画を企てる。

事情を知らない奈良敬三(三宅弘城)は、永松に持ち掛けられたアパート販売会社を経営する西城俊徳(豊本明長)の融資話を喜んで受けてしまう。しかも担当になった矢野修(塚本高史)は契約を即決してしまい…。

■ 2月25日(月)放送・第6話あらすじ

原島浩美(真木よう子)が課長に着任して1年。業績は上がり、社内にも和やかな空気が流れているものの、厳しいノルマはいまだ達成できずにいた。

そこで浩美は新たにある人材紹介業と取引したいと言い出す。しかも浩美はその社長・森下恭子(戸田菜穂)にヘッドハントされたという。まさかこのまま転職を…? 営業課に不安が広がる中、恭子はオーナーの松崎洋右(小木茂光)から無償で援助を受けていることを浩美に打ち明ける。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)