<いだてん>エキストラは約200人!中村勘九郎&生田斗真のストックホルム出陣シーンの舞台裏

<いだてん>エキストラは約200人!中村勘九郎&生田斗真のストックホルム出陣シーンの舞台裏

四三(中村勘九郎)の元に、日の丸のユニフォームが!

宮藤官九郎が脚本を務める大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。

本作は、1912年のストックホルムオリンピックに出場する日本初のオリンピアン・金栗四三(中村勘九郎)と、1964年の東京オリンピック招致に奔走する田畑政治(阿部サダヲ)という2人の主人公を中心とした、日本の“スポーツ”の歴史物語だ。

2月17日放送の第7回では、四三と三島弥彦(生田斗真)がストックホルムオリンピックへの出場を決意。そして、第8回(2月24日[日]放送)で、2人のストックホルムへの旅立ちが描かれる。

本作のチーフ演出である井上剛氏は、第8回について、「はっきり言って、感動します。そんな回になっていると思います」と自信を見せる。どのような回になったのか、撮影の舞台裏などを聞いた。

■ “歌舞伎ブラザーズ”も見どころに!

――第7回は、四三と兄の実次(中村獅童)が再会したシーンで終わりました。第8回も2人のシーンがたくさん出てくると思いますが、撮影のエピソードなどをお聞かせいただけますか?

お兄さん(実次)は、熊本にいるシーンでは大体和服を着ているんです。でも、上京するシーンでは、洋装にしてもらっています。

これは、衣装合わせのときにたまたま思いついたことなんですが、洋服を着慣れてない、田舎の人がめいいっぱい見栄を張ってる感じが非常にかわいいなと思ったので、この扮装にしたんです。

勘九郎さんと獅童さんがそろうとやっぱりすごいですよね。僕らは2人を“歌舞伎ブラザーズ”って呼んでるんですけど(笑)。“歌舞伎ブラザーズ”のシーンは、独特の間や楽しさ、悲しさが生まれる気がします。

四三は第3回(1月20日放送)で上京してきたとき、お金をスられてしまって、本当は登りたかった「浅草十二階」に登れなかったんですよね。そこに今回、お兄さんと登るんです。

2人で東京を見下ろしながら語り合うシーンは、兄弟ならではのいい感じになっていて、感動的だと思います。

■ 炎天下の撮影で熱気あふれるシーンに

――第8回では、いよいよ四三と弥彦がストックホルムへの旅立ちが描かれます。2人が出発する新橋駅でのシーンは、昨年の7月にロケで撮影されていましたよね。あのロケを取材させていただいたときは、猛暑だったことが記憶に残っています。

あのシーンにはエキストラの方々も200人くらいいたのかな。出演者の皆さんはフロックコートっていう本当に重くて暑いん服装だったので、水分の補給をしながら、少しでも時間があったら日陰に入ったりして撮影してました。

でも、このドラマの要素として“熱気”は重要なものだと思うんです。だから、その暑さも相まって、現場の熱気にほだされた…というか背中を押されたような撮影だった気がしています。

――最後に、見どころをお願いします。

ついにストックホルムへ日本人選手が出発する“旅立ちの回”です。四三にとっては、上京だってびっくりだったのに、そこからストックホルムに行くので「何が待ち受けてるんだろう」と、思いっきり高ぶらせて出発します。

四三も弥彦も、自分たちの問題を解決して旅立つんですけど、はっきり言って、感動します。そんな回になっていると思います。

このドラマでは、全体を通して「人に送られる」という風景が何回もでてくるんです。今回、四三は壮行会を開いてもらって送り出されるんですけど、このシーンが最初のそういう場面になっています。

これが、戦争のころには違う風景になったり、先の回への伏線にもなっているので、そういうところも“歴史ドラマ”として楽しんでいただけたらと思います。

それと、新橋駅での“別れ”のシーンでは、生田斗真さんの演技が圧巻です。相当良いシーンが展開します。そして、感動だけではなく、驚くことが3つも4つもあります。

第8回のサブタイトルの「敵は幾万」。この言葉の見え方が変わってくるのかというのが、今回の非常に大きいテーマです。

群衆に“飲まれるのか”、“背中を押されるのか”ということを、1人1人の役者さんが全員違うリアクションで表現していると思うので、そこも楽しんでもらえたらと思います。

■ 第8回のあらすじは?

2月24日(日)放送の第8回「敵は幾万」では、いよいよ四三らがストックホルムへ出発。

大金を携えて上京してきた実次は、春野スヤ(綾瀬はるか)の働きかけで資金を得られたと四三に語る。スヤと無邪気に野山を駆けていた自分が、オリンピックのために海を渡る不思議さを感じつつ、四三は実次に一生懸命戦うことを誓う。

そして、東京高等師範学校で四三の壮行会が開かれるころ、スヤは熊本で嫁入りをする。

オリンピックに出陣するため、新橋駅を出発する四三と弥彦は、見送る大勢の人々の「敵は幾万」の歌に包まれる。まさに汽車が動こうとした時、弥彦の名を叫ぶ声がする。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)