シャーロット、白石加代子、杉咲花らキャラてんこ盛り「兄ちゃんもきたー!」<いだてん振り返り>

シャーロット、白石加代子、杉咲花らキャラてんこ盛り「兄ちゃんもきたー!」<いだてん振り返り>

三島家の豪邸で孔雀に遭遇した四三(中村勘九郎)

2月17日に第7回「おかしな二人」が放送された大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。

本作では、1912年のストックホルムオリンピックに出場する日本初のオリンピアン・金栗四三(中村勘九郎)と、1964年の東京オリンピック招致に奔走する田畑政治(阿部サダヲ)という2人の主人公を中心に、日本の“スポーツ”の歴史を描いている。

第7回では、四三と三島弥彦(生田斗真)がストックホルムオリンピックへのエントリーシートに名を連ね、出場に向けて準備を開始。弥彦の家で海外渡航に向けてマナーなどを学ぶが、四三は資金繰りができず不安を抱えていた。

同放送回は、SNSでは「三島天狗の印象変わった」「可児さんと永井さんかわいい(笑)」など、個性豊かなキャラクターたちの人間性が話題に。サブタイトル通りおかしな(?)コンビが続々誕生した第7回を振り返ってみよう。(※以下、ネタバレが含まれます)

■ “いだてん”と“痛快男子”が揃い踏み! いつものように暑苦しい三島天狗

嘉納治五郎(役所広司)の元へ集結した“いだてん”四三と、“痛快男子”弥彦。

四三と弥彦がついに対面し、“いだてん”と痛快男子のコンビが誕生。嘉納を前に緊張ぎみな四三に、弥彦はいきなり肩を組んで「僕と君は…盟友なんだぜ?」とあいさつし、唐突に相撲を仕掛け、いつものように抜群の暑苦しさを見せた。

その後、コックが給仕している弥彦の家で洋食のマナーを勉強することになり、三島邸を訪れた四三。すると、庭では孔雀に遭遇し、侵入者と間違われて仕込み杖を構える弥彦の母・和歌子(白石加代子)と女中たちに囲まれるという不憫(ふびん)な目に合ってしまう。

マナー講座でも、四三には安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)から「Forty three!(四三)」と厳しい言葉が飛ぶ。料理を出されるたびに、申し訳なさそうに「…いただきます」という四三に、和歌子と安仁子は「英語には『いただきます』という言葉はない。言わなくていい」と指摘し、どんどん四三を追い込む形に。

背中を丸めて三島邸を後にする四三を、三島家に仕える女中のシマ(杉咲花)が追いかけ「ほとんどお口にされていなかったようなので、よかったら」とおにぎりを差し出す。

「私じゃなくて、弥彦坊っちゃんが…」と言うシマの言葉に四三は、「すいまっせん」と謝るばかり。弱音をこぼす四三にシマは、「私はうれしかったです!『いただきます』って言ってもらえて。ここは日本だし、日本人だし、言っていいと思います!」とフォローした。

■ 可児&永井はストックホルムに行きたいんだぞ!

さて、四三と弥彦のオリンピック出場は無事に決まった。嘉納は、二人にストックホルムへの旅程を説明しながら、「同行者は一名、もしくは二名つける予定だ」と話す。

その一言に反応したのは、東京高等師範学校の「徒歩部」の顧問である可児と、舎監の永井道明(杉本哲太)の二人。これまでは嘉納の側で右往左往していた印象の可児と、生徒には厳しく、常に顔がこわばっていた永井だったが、海外行きを期待し、少しウキウキしている様子だ。

海外での心得などを教えている大森兵蔵(竹野内豊)とその妻・安仁子の陰口を、可児と永井でニコニコと言い合っていると、咳き込む兵蔵と顔面から怒りがあふれている安仁子が登場。安仁子に「何も聞こえなかった!」とにらみつけられ、可児と永井は震え上がる。

それでもウキウキは止まらない二人だったが、可児は嘉納から「同行するのは大森夫妻だよ」と告げられ、留守を頼まれる。直後に、新品のコートで登場した永井は「シベリア鉄道で途中下車するかもしれんからね、買っちゃったよ」と自慢げに一回転。その姿に、「同行するのは永井さんじゃないよ!」と言いたげな可児は頭を抱える。

■ “お金持ちのボンボン”弥彦の寂しさに気づく四三

第6回(2月10日放送)で、兄・実次(中村獅童)に資金援助の手紙を出していた四三。すると、実次から「四三よ、あっぱれよくやった! やっぱりお前はとつけむにゃあ男たい」と四三を応援する旨と、「金のことは案ずるな」と資金援助をすると書かれた返事が。

これには大喜びの四三だったが、その後しばらく兄からの連絡が途絶え、不安を覚えるように。そんな気持ちを、四三は「形ばかり出来上がっていくばってん、実感のなかです。本当に行くのやろか」と弥彦に打ち明ける。

自分とは真逆の環境で育ってきた四三に対して弥彦は「うらやましいな」とポツリ。「うちはダメだね、話が通じない。母は兄にしか関心がない。兄は金にしか関心がない」と思いを吐露。四三は「ばってん、子供に関心のなか親なんておるでしょうかね」と弥彦に尋ねた。

弥彦は、悲しげな笑みを浮かべながら、「期待に応えんでいいから楽だがね」と言いつつ、趣味のキャメラ(カメラ)を現像する暗室へ。そこでは母の写真が現像されていた。

■ 赤ゲットを来た実次のお出ましたい〜! 撮影裏話は?

同回のラストに登場したのは、四三の兄・実次。

一向に資金が届かず、困った四三は、オリンピックの予選会でもらった優勝カップを質に出すことに。そこへ、四三が上京したときと同じように“田舎者の象徴”である赤ゲットをかぶった実次が現れる。

唐突な実次の登場は、SNSでも「兄ちゃんがきたー!」と大きな話題に。熱く抱擁(ほうよう)する四三と実次の姿に、感動の声が上がった。

番組のチーフ演出である井上剛氏は、同シーンの裏話を、「お兄さん(実次)は、熊本にいるシーンでは基本的に和服なんですが、上京する時は洋装にしています。これは、衣装合わせのときにたまたま思いついたことなんです。着慣れてない洋服を着て、田舎の人がめいいっぱい見栄を張ってる感じが非常にかわいいなと思ったので、この扮装にしました」と明かす。

今回紹介した第7回は、NHK総合で2月23日(土)昼1:05-1:50ほかで再放送され、同日の昼16:10-16:40には、「いよいよ日本人初のオリンピックへ! 大河ドラマ「いだてん」ハイライト」と題した第1回〜第7回までのハイライトが放送される。

今後の展開を楽しむためにも、これから見始めるためにも、再放送やハイライトは見逃せないものになりそうだ。

■ お兄ちゃんが東京で大暴れ? な次回を予告

2月24日(日)放送の第8回「敵は幾万」では、いよいよ四三らがストックホルムへ出発。そして、“かわいらしい”兄・実次のシーンは、第8回でも見られる。

大金を携えて上京してきた実次は、春野スヤ(綾瀬はるか)の働きかけで資金を得られたと四三に語る。スヤと無邪気に野山を駆けていた自分が、オリンピックのために海を渡る不思議さを感じつつ、四三は実次に一生懸命戦うことを誓う。

そして、東京高等師範学校で四三の壮行会が開かれるころ、スヤは熊本で嫁入りをする。

オリンピックに出陣するため、新橋駅を出発する四三と弥彦は、見送る大勢の人々の「敵は幾万」の歌に包まれる。まさに汽車が動こうとした時、弥彦の名を叫ぶ声がする。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)