“カラフル”に囲まれて!岡崎紗絵、春気分をさきどり

“カラフル”に囲まれて!岡崎紗絵、春気分をさきどり

“カラフル”をテーマにたくさんのお花と一緒に登場した岡崎紗絵

寒さの中にも、近づく春を少しずつ感じられるようになった今日このごろ。色があふれ出す春にちなみ、今回は女優でモデルの岡崎紗絵が、“カラフル”をテーマにたくさんのお花と一緒に登場。“色”についての「涙した」という思い出や、出演中のドラマ「トレース〜科捜研の男〜」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)の今後の見どころを聞いた。

――今回は“カラフル”をテーマに、たくさんの“色”と撮影をしていただきました。“カラフル”と聞くと、どんなイメージがありますか?

“カラフル”と聞くと、まさにインスタ映えですね! 昨年訪れた韓国旅行ではカラフルなお店も多くて、キュートなスイーツの写真もいっぱい撮りました! あるカフェでは、カップからチョコがあふれているようなドリンクがあったり、ラテアートもとてもかわいらしいものがあったり。インスタ映えを狙うなら、韓国旅行はとてもオススメだと思います。女の子同士で行ったら、絶対に盛り上がると思います。

――春になるとたくさんのお花も咲き出します。岡崎さんはどんなお花が好きですか?

ベルガモットのお花は、お花自体も匂いも好きです。あとはラベンダー。幼い頃に北海道で見た、ラベンダー畑の美しい風景は忘れられません。またぜひ行ってみたいです。初めてのドラマ撮影でいただいた花束も思い出深いです。初のドラマは緊張の毎日で、不安でいっぱいでした。それだけに「お疲れ様でした。頑張ったね」と花束をいただいたときは本当に感動的でした。涙が出るのを必死で堪えて、楽屋に戻った瞬間に泣いてしまいました。あの花束と涙は、とってもあたたかな思い出です。

――とてもステキな涙ですね。

あとはカラフルな虹の思い出もあります! 小さなころに二重の虹を見たことがあるんです。母の携帯電話を借りて、必死で写真に収めようとしたのですが、なかなかうまく撮れなくて…。「肉眼に焼き付けよう!」と思って、じっと見詰めていました。何だがお得感もあって、幸せな気持ちになりました。

――出演中の「トレース〜科捜研の男〜」もいよいよ佳境を迎えています。

私自身、続きが気になって仕方ないです! 意外な展開にハラハラとさせられて、いつも台本をいただくとあっという間に読んでしまいます。今後は主人公の真野(錦戸亮)さんの過去や素顔が明らかになると共に、科捜研のメンバーのチーム感や信頼も深まってきます。ぜひ楽しみにしていてください。

――真野さんと船越英一郎さん演じる虎丸さんの関係性の変化もおもしろいですね。

そうなんです! 最初は見ているこちらもハラハラとするような関係でしたが、お互いのことが徐々にわかってきて、2人の会話のシーンでも、表情が柔らかくなってきたり、笑顔が見えたりと変化が生まれてきています。2人とも“事件を解決したい”という想いは同じ。信頼できる相手だと認め、協力し合っていく姿は、とてもステキです。

――2月25日(月)放送の第8話の見どころを教えてください。

第8話は、何が悪で何が正義なのかをまた考えさせられる回です。悪とされることは犯人からすると正義なのかもしれない…。一緒の施設で育った幼なじみの友情が描かれるのですが、彼らの深い友情や、梨央(石井杏奈)ちゃんに対する思いを、ぜひ見て感じていただけたらと思います。

ーー今回、人気女優の梨央として出演される石井杏奈さんとは、「仰げば尊し」(2016年TBS系)でもご共演されていました。

3年ぶりかな、久しぶりの再会です! 新木優子さんと杏奈ちゃんは「チア☆ダン」(2018年TBS系)でも共演されていたので、お二人もうれしそうでした。私が演じる英里は、劇中では事件の関係者と直接会うことはあまりないので、現場で少しでも会うことができてとてもうれしかったです!(ザテレビジョン・取材・文=成田おり枝)

関連記事(外部サイト)