菅田将暉「僕を教師にしてくれてありがとう」クランクアップの「3年A組―」生徒たちに感謝

菅田将暉「僕を教師にしてくれてありがとう」クランクアップの「3年A組―」生徒たちに感謝

永野芽郁を除く3年A組生徒たちがクランクアップ。記念撮影では笑顔を見せた

3月10日(日)が最終回となる「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)で、永野芽郁を除く3年A組の生徒たちがクランクアップを迎えた。

生徒たちの最後の撮影となったのは、がれきだらけの廊下でのシーン。粉じんまみれになりながら最後の撮影を終えると、教室に戻ってきた生徒たちの前に、この日午前中には収録を終えていたはずの菅田将暉がサプライズで登場。一颯先生の突然の登場で生徒たちを驚かせた。

約3カ月間、撮影の大半を過ごした思い出深い「3年A組」の教室で、菅田やスタッフから生徒たちに花束が渡され、涙、涙のクランクアップに。

花束贈呈の後には、黒板にそれぞれの役名が映写機で投影される中、一人ずつ名前が呼ばれ、28人の生徒それぞれが撮影を振り返った。

セレモニーの最後、菅田は「本当に皆さんお疲れさまでした。ドラマの撮影が進むにつれて、生徒の皆さんがどんどん自信にみなぎっていく姿や過程を見ることができて、本当に幸せでした。僕の生徒でいてくれて、そして僕を教師にしてくれて、本当にありがとうございました」と感謝の気持ちを述べた。

「3年A組」が迎える運命の10日目、全ての謎が明らかになる最終回が放送される3月10日は、ドラマの設定の中でも時を同じく3月10日を迎えることになる。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)