山木梨沙、College Cosmosの新曲でダンスを褒められ笑顔「ダンスは私なりに気にしていました(笑)」

山木梨沙、College Cosmosの新曲でダンスを褒められ笑顔「ダンスは私なりに気にしていました(笑)」

取材に登場してくれたCollege Cosmosのメンバー。左から對馬桜花、秋月香七、山木梨沙、松井まり、舩田美子

主要大学のミスコンファイナリストを中心に構成された「キャンパスクイーン」の選抜メンバーに、ハロー!プロジェクトのカントリー・ガールズに所属する山木梨沙が加わった現役女子大生アイドルグループ「College Cosmos (カレッジ・コスモス)」。今回は、3月6日(水)に発売されるデビューシングル『夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは』のことや、アイドルを目指したきっかけなどを語っていただきました!

■ College Cosmos (カレッジ・コスモス)に挑戦しようと思ったきっかけは?

舩田美子「オーディションがあることを聞いたんです。昔から音楽とか好きだったのでチャンスがあったら受けたいと思っていたので、受けました」

對馬桜花「中学生のころにアイドルさんの動画とかを見ていて、振り付けを覚えたり、歌っているまねをしていたんです。もともと興味があったので、このお話をいただいてオーディションに参加させていただきました」

秋月香七「私は重度のオタク(笑)。アイドルも大好きで、自分もアイドルになりたかった。もう大学生なので、この機会を逃したら二度とないと思って、このオーディションのお話をいただいたときに受けようってすぐ決めました」

松井まり「私は大学に入ってすぐ、今の事務所の方に声をかけていただいて、もともとは1人で活動していました。アイドルになれるともなるとも思っていなかったんですけど、もともとK-POPが大好きで、アイドルとかにも憧れがあったので「チャンスがいただけるならぜひ」ということでオーディションを受けました」

■ もともとアイドルというジャンルに興味があったんですね。

松井「そうかもしれませんね。私の好きなK-POPアイドルは、グローバルに活躍しているグループが多い。私たちカレッジ・コスモスも、知性を生かしていろんなところへ行って活動できたらいいなって。それこそ、對馬ちゃんはドイツ語ができるわけだし」

秋月「小学校のころにAKB48さんを知ったところから、私のアイドルオタクが始まりました。中学生になるとハロー!プロジェクトさんにハマってしまって、空いている時間があればずっと動画を見ているっていうくらいハマったんです。そこから中学、高校と成長していくうちに、もう幅広くアイドルみんなが大好きになっちゃいました(笑)。私もK-POPアイドルは好きですし、今は中国のアイドルとかも見るようになりましたね」

■ ライブとかにも行ってたんでしょうか?

秋月「行ってました! ペンライトを振っていましたよ。ハロー!プロジェクトだと、℃-uteさんが好きで鈴木愛理さんが大好きでした。最近はアンジュルムさんが好きです」

松井「カントリー・ガールズさんじゃなくて!?」

秋月「カレッジ・コスモスに参加されていて、カントリー・ガールズさんの山木(梨沙)さんは学校の先輩。なので、ちょっと近い存在だったんですよね。なので、もちろん曲とかを聞いて盛り上がっていたんですけど、何かちょっとアンジュルムさんとかを見てました(笑)」

山木梨沙「それは興味がないっていうお話ですか!?」

秋月「違います違います! 山木さんは応援していました!」

對馬「私も秋月さんと同じで、小学校高学年のころにAKB48さんから始まりましたね。MVやコンサート映像とかを見ているうちに『なんでこんなにアイドルって尊いんだろう』って思いはじめたんです。そこから、ももいろクローバーZさんやハロー!プロジェクトのファンの方とかと友だちになって、いろんな情報を聞いて、いろんなアイドルさんの動画を見て『アイドルっていいな。かっこいいな』って思ってましたね」

舩田「小さい頃からアニメとか好きで『きらりん☆レボリューション』を見ていたんです。そこで憧れじゃないですけど、主題歌などを歌っていたBuono!さんや久住小春さんに興味を持つようになりましたね」

山木「私はアイドルも芸能界も全く興味がなかったな。でも、中学校の部活の友だちにモーニング娘。さんを布教されて『あぁ、私のイメージしていたアイドルとは全く違う、こんなアイドルもいるんだ!』っていうところから好きになってオーディションを受けましたね」

■ 実際にカレッジ・コスモスとしてアイドル活動をしてみていかがでしょうか?

對馬「私はダンスがあまり得意じゃないので、それこそ2日で覚えなきゃいけないとかもあって大変でした。でも大変だったからこそ、メンバーのみんなが『ここはこうした方がいいよ』って教えてくれたりしてコミュニケーションがとれた。仲が深まっていく感じがして、そういう面でもいいなって」

舩田「私もバレエをやっていたんですけどダンスがすごく苦手で、最初の方は『(メンバーが)24人もいたらどうなるんだろう?』って不安もありました。でも、得意不得意はみんなあると思うんですけど、それを補いあえるメンバーだったので、そこはすごくいいなって」

■ ハロー!プロジェクトのコンサートに、オープニングアクトとして出演していましたね。

對馬「ステージに立たせていただいたときは、観客の皆さんの声やコールを聞いて『あ、これが本当のステージ』って感動しました。でも、それと同時に『カレッジ・コスモスというグループだけで立ったら、もっとすごいんだろうな』って。夢っていうか憧れだけど、自分たちがそれを叶えていけるようにしたいなってすごく思いました」

松井「パフォーマンスを実際にやってみて、自分がイメージしていることを舞台の上で伝えるのが本当に難しいんだなって学びましたね。自分が見ていたアイドルさんたちって、簡単にやっているように見えていたんですけど、全然そんなことなかった。すごく広い舞台に立つと、どこを見たらいいかわからない。本当にそこからなんですよ、私たちのスタートは。なので、今は学ぶことしかないなっていうのが感想です。どのお仕事へ行っても、どの舞台に出させていただいても、吸収の毎日ですね」

秋月「ハロー!プロジェクトさんのライブとか、自分が今まで観に行っていたステージに立たせていただいて『現実かな?』みたいな感じでいつも思うんです。私たちが出る前に舞台上に照明が照らされて、お客さんが盛り上げてくれたり、名前を呼んでくれたりするのに感動しました。カレッジ・コスモスがはじめてお客さんの前でパフォーマンスした際も、最初のMCで山木さんが喋っているときに泣きそうになった」

■ 山木さんは、カントリー・ガールズとの兼任活動ですね

山木「そうですね。カントリー・ガールズは5人体制で、ハロー!プロジェクトの中でも人数が少ないグループでした。なので、カントリー・ガールズのメンバーの場位置って、あってもせいぜい2列だったんですよ。でも、カレッジ・コスモスだと4列とかゆうにあるので、そういう前後感の意識とか、今までカントリーで意識していなかったところに意識が回るようになりましたね。まだまだ自分も足りないところがいっぱいあるなって、カレッジ・コスモスの活動を通して感じられました。あと、グループの色が違うと、自分の心持ちも変わるのかなって。なので、やることが増えて大変っていうよりかは、気持ちが切り替わって過ごしやすいです」

■ 3月6日(水)には、デビューシングル『夢は意地悪/言葉の水を濾過したい/記号なんかじゃない私たちは』が発売になりますね。

舩田「私は『記号なんかじゃない私たちは』という曲が好きです。先ほども言ったように私はダンスが苦手だったんですけど、今回の3曲の中で、この曲が一番ダンスの激しい曲。最初に教えてもらったとき、すごく出来なくて困ったんですけど、それでも一生懸命練習して踊れるようになった。披露するのが楽しみ!」

秋月「私も『記号なんかじゃない私たちは』がすごく好き。自分はダンスをずっと習ってきたので、一番踊る楽曲っていうところにやりがいを感じます。ワンピースの衣装はこの曲だけなので、衣装も気に入っていますね。なにより、作詞が児玉雨子さんなんですよ! 私の好きなアンジュルムさんとかの作詞もたくさん手がけられていて、作詞のところの名前を見たときに感動で『あぁ…』みたいな。ほかにもハロー!プロジェクトさんが好きなメンバーがいるんですけど、その子と『わ〜』って喋っていましたね」

對馬「私は『夢は意地悪』が好きです。やっぱり夢って誰でも持つと思うんですよ。でも、それが全て叶うわけじゃなくて、その夢を追いかける途中で得た経験によって、また違う夢ができたりする。それは簡単なことじゃないけど、追いかけていこうよっていう楽曲のメッセージ性がすごく好きですね」

松井「私は『言葉の水を濾過したい』かな。はじめての曲で、ありがたいことにすごくいい位置に立たせていただいた。その分プレッシャーとかもあったんですけど、みんなの力を借りながら成長できました。大サビで山木さんと一緒に「こ〜と〜」って歌うところで、みんなが一斉に顔を向けるところがあるんですけど、そこがすごい好きです!」

山木「『夢は意地悪』は、ちょっとかっこいい感じの応援ソング。明るいイメージではないっていうのが、おもしろいなって。衣装も制服みたいな水色の衣装で、今まで着たことのない感じでかわいいんです。間奏のとき5人ぐらいで踊るシーンがあるんですけど、私もその踊っている中の1人。私は今までダンスが苦手で、ハロー!プロジェクトのオーディションのときに℃-uteさんの『悲しき雨降り』って曲を踊って、ファンの方から『おもしろいね』って言われてしまったりして…。すごく注目していただけたのはうれしかったんですけど、私なりに気にしていたというか…。だからダンスでは負けたくないっていう思いが密かにあったので、初披露したときにファンの方から『ダンスが良かったよ。かっこよかったよ』って言っていただけたときに『あ、頑張って良かった』って思えた。なので、そういったところにも注目していただきたいです」

■ 最後にグループとして目標があれば教えてください!

山木「アイドルグループではあるんですけど、女子大生っていうところが、やっぱりアイドルの中でも新しい部分なのかなって。イベントにお邪魔したりとか、そういったこともやってみたいですし、今までのアイドルにはなかった新しい道を歩んで行けたら幸せだなって思います」(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)