小池栄子、鈴木保奈美と火花散るバトル「期待していてください!」

木村文乃主演ドラマ「大奥 最終章」に小池栄子、浜辺美波、南野陽子らが出演

記事まとめ

  • 小池栄子、浜辺美波、南野陽子らが木村文乃主演ドラマ「大奥 最終章」に出演する
  • また、岸井ゆきの、松坂慶子、鈴木保奈美、大沢たかおも出演
  • 菅野美穂主演「大奥」を皮切りに、松下由樹、仲間由紀恵、深田恭子らが主演を務めた

小池栄子、鈴木保奈美と火花散るバトル「期待していてください!」

小池栄子、鈴木保奈美と火花散るバトル「期待していてください!」

豪華絢爛(けんらん)な女優陣が「大奥 最終章」を華やかに彩どる

木村文乃が主演を務め、3月25日(月)に放送されるフジテレビ開局60周年特別企画「大奥 最終章」(夜8:00-10:54、フジテレビ系)の追加キャストが判明。新たに小池栄子浜辺美波、南野陽子、岸井ゆきの、松坂慶子、鈴木保奈美の出演が決定した。

これまで菅野美穂主演の連続ドラマ「大奥」(2003年、フジテレビ系)を皮切りに、松下由樹、内山理名、仲間由紀恵、深田恭子、沢尻エリカといった名だたる女優が主演を務めてきた同シリーズは、今回が完結作となる。

今作の舞台は、“暴れん坊将軍”としても有名な徳川第8代将軍・吉宗(大沢たかお)の時代。徳川家の基盤を立て直した吉宗を精神的支柱として支え続けた側室・久免(木村)の半生を描く。

小池は「大奥〜華の乱〜」(2005年)に出演しているものの、小池以外の追加キャスト5人は今回が「大奥」シリーズ初出演となる。

その小池が演じるのは、徳川第6代将軍・徳川家宣の側室であり、第7代将軍・徳川家継の生母・月光院(側室時代の名前はお喜世)。

浜辺が演じるのは権大納言・清閑寺熈定の娘・竹姫、南野は大奥総取締・高瀬役、岸井が扮(ふん)するのは女中の多喜、松坂は吉宗の生母・浄円院役、そして鈴木が家宣の正室・天英院を演じる。

月光院(小池)と天英院(鈴木)の骨肉の争いをはじめ、シリーズ完結作となる「大奥 最終章」で繰り広げられる女性たちの火花散るバトルに期待が高まる。

また、「大奥〜華の乱〜」で大きな注目を集めた“お伝の方(おでんのかた)”を演じた小池はもちろん、木村、大沢同様に「大奥」シリーズ初出演となる浜辺、南野、岸井、松坂、鈴木がシリーズ完結作を華やかに彩る。

そして主題歌は、独自のハーモニー・世界感が評価され、日本だけでなくアジアでも活動し注目を集めている新人アーティスト・Roys(ロイス)が担当。菅野主演の「大奥」で主題歌として歌われていた「I Say A Little Prayer」をカバーする。

以下、追加キャスト5人からのコメントを紹介する。

■ 小池栄子コメント

「大奥〜華の乱〜」以来となる大奥シリーズ出演について「声をかけていただいて本当にうれしかったです。『大奥〜華の乱〜』は、自分自身のキャリアを振り返るとターニングポイントとなった作品です。

『大奥〜華の乱〜』以降、お芝居の仕事が増えましたので、感謝の気持ちでいっぱいです。当時のスタッフさんと、またお仕事ができるのもうれしいです」と語る。

またファンに向けて「今回、最後の『大奥』ということで、皆さん期待してくださっていると思います。その皆さんに対しては、自信を持って“期待していてください!”と言いたいです。

『大奥〜華の乱〜』で演じさせていただいた“お伝の方”で私のことを知ってくださった方もたくさんいらっしゃると思いますので、今回の『大奥 最終章』で『大奥』への恩返しをしたいと思います」とメッセージを寄せた。

■ 浜辺美波コメント

大奥シリーズ初出演に当たって「ずっとマネジャーさんに、着物を着て『大奥』に出たいと言っていたので、お話を頂いた際は本当にうれしかったです。今回、“最終章”ということで、年齢的にもギリギリ間に合って良かったです(笑)」と明かす。

ファンに向けて「『大奥 最終章』に出演できるということで、私自身とてもうれしく感じています。その気持ちを精いっぱい、“大奥”での戦いにぶつけたいと思っています」とアピールした。

■ 南野陽子コメント

シリーズ初登場に「大奥で生きる女性は何作か参加していますが(天英院も演じたことがあります)、この“the大奥”は初めてでとても楽しみにしていました」と喜ぶ。

続けて「シリーズ最終章です。見納めです。この世界をどっぷり楽しんでください」とファンに向けて語った。

■ 岸井ゆきのコメント

大奥初参戦について「歴史ある『大奥』シリーズに参加できること、大変うれしく思っています。新しいドラマに参加するのとはまた違って、皆さんが時間をかけて作り上げてこられたというところで、いい意味で緊張感も感じています」と明かす。

ファンに向けては「スペシャルな共演者の皆さま、スタッフの皆さんと一緒に作っていく、『大奥』の世界。私も完成した作品を見るのが今からとても楽しみです。たくさんの方に、ご覧いただければうれしいです」と語った。

■ 松坂慶子コメント

大奥初出演について「『大奥』シリーズは、視聴者としていつも楽しみに拝見していましたので、今回参加させていただけることとなって本当にうれしいです。

木村文乃さんとは久しぶりの共演になるので(『長谷川町子物語〜サザエさんが生まれた日〜』(2013年、フジテレビ系)、とても楽しみです」と期待を口にした。

さらに「木村文乃さん、大沢たかおさんをはじめ、本当に魅力的な俳優さんたちが、大きく華やかにそれぞれの登場人物を演じられています。私自身も、ステキな俳優さんたちと1シーン1シーン撮影していくことがとても楽しいです。ぜひお楽しみに」とファンにメッセージを送った。

■ 鈴木保奈美コメント

大奥シリーズ初登場について「瀬戸朝香さんが“お万の方”を演じられた『大奥 第一章』がすごく好きで拝見していました。結構、ツッコミどころが多くて、“それは、ないでしょう”なんて言いながら楽しんでいました(笑)。

『大奥』シリーズは、作品としてとても興味深かったですし、『恋のパラダイス』(1990年)や、『東京ラブストーリー』(1991年)などでご一緒させていただいた林(徹)監督と、またお仕事できるのが楽しみです」と語る。

そしてファンに向けて「私自身もかつて『大奥』視聴者として、激しいストーリー展開などにツッコミながら楽しんでいましたので(笑)、皆さまにも『大奥 最終章』を楽しんでいただけたらと思います」とアピールした。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)