ザキヤマが本人役でドラマ出演! プロデューサーとの5年越しの夢が実現

山崎弘也が「私のおじさん〜WATAOJI〜」に本人役で出演 岡田結実に直談判して実現

記事まとめ

  • アンタッチャブル・山崎弘也が「私のおじさん〜WATAOJI〜」の最終回に本人役で出演
  • 今回の出演は、別番組で岡田結実と共演した際に山崎が直談判して実現したという
  • 山崎は「エンケン(遠藤憲一)さんの妖精さんともかぶらないよう」努力したと明かした

ザキヤマが本人役でドラマ出演! プロデューサーとの5年越しの夢が実現

ザキヤマが本人役でドラマ出演! プロデューサーとの5年越しの夢が実現

山崎弘也は、岡田結実演じるひかりが新たに担当する番組のMCを務める

アンタッチャブル・山崎弘也が、3月8日(金)放送のドラマ「私のおじさん〜WATAOJI〜」(夜11:15-0:15ほか、テレビ朝日系)の最終回に本人役で出演することが分かった。

山崎は、ひかり(岡田結実)が新たに担当することになったある番組でMCを務めるという役どころ。

今回の出演は、別番組で岡田と共演した際に山崎が直談判して実現したという。山崎が「座長(岡田)、ちょっと呼んでください!」と頼むと、岡田がその場でプロデューサーに連絡し、今回の出演が決まった。

しかも、そのプロデューサーは山崎が以前MCを務めていたバラエティー番組「日曜×芸人」(2012-14年、テレビ朝日系)でアシスタントディレクターだった経験があり、バラエティーからドラマに部署異動したとき「いつかザキヤマ(山崎)さん、ドラマに出てください」と約束していたそうで、今回5年越しの夢が実現した。

出演に当たり、“役作り”して撮影に臨んだという山崎は「いろいろと台本を読み込んで、エンケン(遠藤憲一)さんの妖精さんともかぶらないような、隙間のキャラクターを探すのに日々努力したんですよ」と明かす。

そんな山崎の出演シーンについて、岡田は「8話の中でも一番大事なシーンです。他の出演者の皆さんもザキヤマさんが来るって知って、うらやましがっていたんですよ」と語り、「出演してくださって、本当にありがたかったです!」と山崎に感謝を述べた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)