重岡大毅「衝撃映像や」兵動大樹と一つのカップでストローをチューチュー!

重岡大毅「衝撃映像や」兵動大樹と一つのカップでストローをチューチュー!

「モモコのOH!ソレ!み〜よ!」の兵動大樹のコーナー「兵動ぶらり」放送100回を記念して、重岡大毅とは大阪松竹座界隈から堀江をぶらり歩き

「モモコのOH!ソレ!み〜よ!」(毎週土曜昼1:59-2:27、カンテレ)の兵動大樹が関西の街を散策するコーナー「兵動ぶらり」が、3月9日(土)で放送100回を迎える。

これを記念して、9日(土)・16日(土)の2週にわたり、兵動がレギュラーメンバー陣と共にスタジオを飛び出して、ロケに出発。

ハイヒールモモコと大阪・天王寺周辺、西川ヘレンとは玉出〜住吉、重岡大毅とは大阪松竹座界隈から堀江をぶらり歩きする。

■ 天王寺でアメリカザリガニやサソリを実食!

モモコのお膝元・天王寺では、天王寺公園前のおしゃれなエリア“てんしば”へ。フットサルコートで急きょフットサルに参加するなど、街の人々とふれ合う。

たこ焼き屋ではモモコから食レポの裏技を教わり、兵動は「100回にして覚えることはまだまだあるんやな」と感心しきり。

さらに、“裏天王寺”と呼ばれるディープなスポットにある居酒屋へ。メニューにある「アメリカザリガニ」や「サソリの姿焼き」に兵動が挑戦するが、一体どんな味なのか。

■ ヘレンときよしの思い出の地を巡る

ヘレンとは、かつて夫のきよしと一緒に住んでいた玉出にある熱海荘から、住吉大社を巡る。ヘレンの当時の思い出を振り返りながら商店街を歩いた後、“チンチン電車”に乗って住吉へ向かうが、そこではどんな出会いが待っているのか。

住吉大社では、通称「太鼓橋」と呼ばれる反橋を二人で腕を組んで歩くのも注目だ。

■ 重岡ファンの悲鳴が聞こえそう!

重岡とは大阪松竹座の近くにある老舗の牛肉専門店で待ち合わせ。関西ジャニーズJr.の頃から、この店のカツサンドをよく食べていたという重岡が、思い出の味を兵動に薦める。

さらに、おしゃれスポット・堀江をぶらり歩きし、カフェで2種類のドリンクが一度に飲めるという不思議な“Wカップ”を発見。兵動は「重岡ファンの悲鳴が聞こえてきそう…」と心配しながらも、一つのカップにストロー2本を差して飲むことに。

重岡は「めっちゃチューチュー聞こえる!」と兵動の飲み方が気になりながらも、覚悟を決めて顔を近づけるが、あまりの急接近に2人の運命は…。

また、バルーン専門店で番組オリジナルのバルーン作りに挑戦する。

■ ハイヒールモモコ コメント

兵動君は何でもチャレンジするし、何でも食べるし(笑)、楽しいロケでした。赤ちゃんだった子が、大きくなってまた出てくれるぐらい「兵動ぶらり」も長く続けてほしい。

見どころは「そんなとこに店があんの?」っていうことや、街の人の笑顔。突然の出会いがあって一緒にフットサルしたり、外に出ていろんな人と出会うのはやっぱりいいなと思いました。

■ 西川ヘレン コメント

兵動さんはいろんな街で気さくにお話されますし、街の皆さんも声をかけてこられるし、いろんな場面で愛があったり、アクシデントがあったり、面白いことがいっぱいあるので、これからもまだまだ出会いが待ってるのではないかなと思います。

兵動さんと住吉大社でお参りして、100回記念の感謝の気持ちと、ますます番組が続いていくようにと二人でお祈りさせていただきました。それと、太鼓橋で手を繋いで一緒に橋を渡りました。あのぬくもりは忘れられません。

■ 重岡大毅 コメント

人に声かけるのはホンマに難しいです。だから、兵動さんはホンマにすごいなって思いました。「人との触れ合いがテーマやで」ってスタッフさんに言われてたんですけど。兵動さんがあんなにスッと懐に入って行ってはるのを間近で見て、やっぱりすごいなって思いました。

見どころは、やっぱり兵動さんと一緒にストローで飲むところですかね。兵動さんが柚子ソーダの底にたまってる柚子を吸おうとして「チューチュー」言うてるんですよ。あれは衝撃映像やと思います。でも、仲が良かったからこそできることなんで。皆さんには僕の勇気を見てもらいたい(笑)。

■ 兵動大樹 コメント

100回もやらせていただいて、モモコ姉さんにはまだまだ教えていただくことがあると思いましたし、ヘレンさんもとても知識の深い方なので、お店の方のおしゃべりなど、やっぱり勉強になりました。シゲちゃんとはツレと遊んでる延長みたいな感じで満喫しました。

シゲちゃんは僕のこと好きやと言うてくれてるけど、今日は“おやおや?”と思う事が何回かありましたね(笑)。ストローで嫌がられたのはショックでした。

「兵動ぶらり」が続く限りは、自分のスキルを上げるのはもちろん、やっぱり関西には楽しい方や面白い方がたくさんいて、万博に向けてこれから大阪がドンドン元気になっていく盛り上がりも肌で感じて、見ている方にもお伝えできれば良いなと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)