千葉からプロ野球へ羽ばたく高卒ルーキー3人が最初で最後のキャッチボール

千葉からプロ野球へ羽ばたく高卒ルーキー3人が最初で最後のキャッチボール

古谷拓郎選手、田宮裕涼選手、清宮虎多朗選手ら千葉県出身の高卒ルーキーが「千葉からプロの舞台へ」で初対談

2019年春、千葉からプロ野球の世界へと羽ばたく高卒ルーキー3人の初対談が実現する「千葉からプロの舞台へ」(3月23日[土]夜7:00〜7:30、チバテレ)が放送。彼らを1年間取材してきたチバテレ・小倉星羅アナが、千葉の高校野球やプロへの思い、素顔などに迫る。

登場するのは、古谷拓郎選手(習志野高校、千葉ロッテ6位指名)、田宮裕涼選手(成田高校、日本ハム6位指名)、清宮虎多朗選手(八千代松蔭高校、東北楽天育成1位)の3人。

球児として共に戦ってきた3人が、焼き肉を食べながら高校野球への思いや夢のプロ入りを控えた今の気持ちを聞かせる。

その後、最初で最後の3人でのキャッチボールも。プロ入り後は対戦相手として戦うことになるかも知れない彼らの貴重な映像となる。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)