「からくりサーカス」に神谷浩史、三宅健太、かないみからの出演が決定!古川登志夫は4役演じ分けを語る

「からくりサーカス」追加キャスト発表 神谷浩史・三宅健太・かないみからが出演決定

記事まとめ

  • アニメ「からくりサーカス」の追加キャストとして、声優の神谷浩史らが発表された
  • 三宅健太、かないみか、佐藤健輔、陶山章央らも新たに追加となる
  • 作中で4役を演じる古川登志夫は、コメントで演じ分けの難しさとこだわりを語った

「からくりサーカス」に神谷浩史、三宅健太、かないみからの出演が決定!古川登志夫は4役演じ分けを語る

「からくりサーカス」に神谷浩史、三宅健太、かないみからの出演が決定!古川登志夫は4役演じ分けを語る

4月より3クール目に突入する「からくりサーカス」。神谷浩史、かないみか、三宅健太ら追加キャストが発表された

放送中のアニメ「からくりサーカス」の追加キャストに、神谷浩史、三宅健太、かないみか、佐藤健輔、陶山章央が発表され、作品ファンへのメッセージが寄せられた。また、現在作中で4役に就いている古川登志夫から、各役の演じ分けにまつわるコメントが到着した。

“真夜中のサーカス”崩壊後、フェイスレスによって作られた自動人形の幹部“最後の四人”を演じるのが、三宅、かない、佐藤、陶山の4人。ハープを持った美青年の自動人形・クピディアーを神谷が演じる。

また、古川はベテランの味で、白金(パイ=ジン)、ディーン・メーストル、才賀貞義、フェイスレスを演じ分けている。「各キャラが一度ずつ豹変するだけでも、8種類のキャラの演じ分けを求められるようなところがある」とその難しさを表現。「注意したのは『言い方』や『口調』を工夫するのではなく『感情』や『思い』を探るということ」と、役に入る際のこだわりを語ってくれた。

「からくりサーカス」は、不治の病・ゾナハ病の元凶たる自動人形たちと、主人公の少年・才賀勝、中国拳法の使い手・加藤鳴海、マリオネットの使い手・しろがねたちとの戦いを描いたバトルファンタジー。勝の出自が明らかになり、4月の3クール目から、物語はいよいよクライマックスに突入する。

■ クピディアー役:神谷浩史

――キャラクターへの印象を教えてください。

とても優美なビジュアルで、その美しさから来ているであろう強い自信を感じました!

――作品ファンへメッセージをお願いします。

クピディアーの声を担当させていただけることになり、藤田和日郎先生の世界に僕の声が加わることになりました! 中学生の頃「うしおととら」に出会い、少年漫画の正しさを培った僕としては感無量です! 華麗で優雅なクピディアーの声をお聞かせできればと思っています!

■ ハーレクイン役:三宅健太

――キャラクターへの印象を教えてください。

兎に角、心が読めない、そして、かなり振り切れているオートマータです。見た目の全身タイツ感がヤバイです…。

――作品ファンへメッセージをお願いします。

激しくも、どこかはかなさを感じる「からくりサーカス」の世界で、ハーレクインがどう暴れてくれるのか…。お楽しみに!

■ ディアマンティーナ役:かないみか

――キャラクターへの印象を教えてください。

何とかわいらしいキャラなんでしょ〜とw ディアマンティーナの黒いモノが好き。かわいいぬいぐるみが好き。なトコロは共通点です(笑)。

――作品ファンへメッセージをお願いします。

さてさて、これから参加ですが、ドキドキワクワクでどうなることことやら!? お楽しみに。

■ カピタン・グラツィアーノ役:佐藤健輔

――キャラクターへの印象を教えてください。

でかい!強い!カッコイイ!が第一印象でしたが、よく知ると、とてもオートマータ「らしい」オートマータだなと感じるようになりました。でも、どこかしらニンゲン臭い。なぜなのか...そんなことを考えるのも面白いですね。

――作品ファンへメッセージをお願いします。

勝、しろがね、鳴海たちと、オートマータたちがどのように交わり、この戯曲はどこに向かうのか。まだまだ心を揺さぶる展開目白押しです!結末まで、どうぞお見逃しなく。

■ ブリゲッラ役:陶山章央

――キャラクターへの印象を教えてください。

こだわり持って生きている不器用そうなところに共感できますね。

――作品ファンへメッセージをお願いします。

原作の印象とは少し違うブリゲッラをお楽しみください。

■ 古川登志夫、4役演じ分けのこだわり

――今回4役を演じ分ける中で、こだわった点などはありますか?

「演じ分け」ですね。4役の演じ分けはそれだけでも難度が高いのですが、加えて各キャラともシークエンスごとに豹変していく。各キャラが一度ずつ豹変するだけでも、8種類のキャラの演じ分けを求められるようなところがある。しかして1人であるような。

演じ分ける上で注意したのは「言い方」や「口調」を工夫するのではなく「感情」や「思い」を探るということでした。音響監督さんのダメ出しから、そう思ったのです。持てる演技力のMAXで立ち向かうしかないと思いましたね。

――放送を楽しみにしているファンへ、今後の物語の展開の見どころをお聞かせください。

2つあると思います。歯車というのは、サイズや歯数の異なる歯車の歯が噛み合った瞬間に、スピードや回転方向が変化していく。この作品の面白さは、その瞬時の変化、思いがけない展開だと思います。そして時に回転が止まり、齟齬も生まれる。そこが面白い。

もう1つは、愛や憎悪や生き方といった人間性にまつわる珠玉の台詞の数々ですね。物語の展開、シークエンスごとに飛び出す琴線に触れる名台詞には、心を打たれることでしょう。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)