本物の弁護士が語る「蓮見杏子のような弁護士が面接にきたら、採用するのか?」<グッドワイフ>

本物の弁護士が語る「蓮見杏子のような弁護士が面接にきたら、採用するのか?」<グッドワイフ>

弁護士役として住田裕子弁護士(中央)、清原博弁護士(左)、角田龍平弁護士(右)が出演

常盤貴子をはじめ、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、博多華丸、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明ら豪華キャストが集結した日曜劇場「グッドワイフ」(TBS系で毎週日曜夜9時)。3月10日(日)放送の第9話には、情報番組やバラエティー番組で活躍している現役の弁護士、住田裕子弁護士・清原博弁護士・角田龍平弁護士がゲスト出演する。

第9話では、杏子(常盤)が多田(小泉)から神山多田法律事務所に誘われるきっかけとなったエピソードが明かされる。夫・壮一郎(唐沢寿明)の事件発覚後、復職を目指すものの世間の目は厳しく、なかなか杏子を採用してくれるところはなかった。そんな時、杏子は偶然多田と会い、手を差し伸べられるという、その後の二人の関係に大きな影響を及ぼす重要なシーンだ。その中で、復職を目指す杏子は弁護士事務所で採用面接を受けるのだが、その面接官役を住田裕子弁護士・清原博弁護士・角田龍平弁護士が演じる。本物の弁護士による採用面接シーンは緊迫感とリアリティーが増した。

また、ドラマ公式LINEでは最新話の放送直前に登録者に向けてスペシャル動画を公開しているが、これまでの動画を期間限定で公式LINEまたは公式Twitterで一挙公開することが決定した。

■ 住田裕子弁護士コメント

――本ドラマに出演した感想をお聞かせください。

今までバラエティー番組の再現VTRで演技をする機会はありましたが、食べるシーンが中心の私のキャラクターに合わせた設定だったので、こういう本当の意味でのシリアスな、しかも弁護士業界の中での厳しい面をやる役柄は初めてでした。

(出演オファーをされて)私自身も興味がありましたし、周りの方々も見ていらっしゃる番組なので、「出てみたら?」なんて言われまして。それだったらということで出演を決めました。とても良い経験をさせていただきました。

――実際に蓮見杏子のような弁護士が面接にきたら採用されますか?

いろんな問題はあるとしても、それを乗り超えている人というのは弁護士として深みが出るんです。ですから、私の場合はまず試用期間を設けて様子を見てから、いろいろ見極めた上で本採用にすると思います。

■ 清原博弁護士コメント

――本ドラマに出演した感想をお聞かせください。

以前、月曜ゴールデン枠のドラマにコメンテーターの役で出演したことはありますが、弁護士役は初めてでした。慣れている訳ではないですが、ご迷惑がかからないようにやらせていただきました。

――本ドラマについてどう思われますか?

僕ら弁護士の立場からみても共感できる部分が多いです。特に杏子と多田の司法修習時代の同期の話。実際でも同期というのは本当に繋がりが深くて友達以上の関係なんですが、ドラマでは好意を抱いているという設定で、実際にも良く耳にします(笑)。うまくいった例もありますが、中々うまくいかない例の方が多いのかなと思っていて、この2人はどうなるのか心配しています(笑)。

――実際に蓮見杏子のような弁護士が面接にきたら採用されますか?

うーん…厳しいかな。やはり弁護士は依頼者から、「この人は信頼できる人だ」って思われないと、どんなに優秀でも難しいんですよ。世間で騒がれた人の奥さんとなると採用するのはちょっと危険かなと思います。

■ 角田龍平弁護士コメント

――本ドラマに出演した感想をお聞かせください。

ドラマの出演は初めてでした。実際にやってみるとやはり緊張しますね! たった一行の台詞やのにこんなに緊張するもんなんや!と(笑)。昨日はお風呂に入りながらずっとぶつぶつ台詞を言っていました。

――本ドラマについてどう思われますか?

ドラマを拝見しています。実際の裁判では必ずしも神様の目から見た真実にたどりつくわけではありません。例えば、真実は罪を犯していたとしても証拠がなければ無罪になります。ドラマは神様の目から見た真実を提示してくれるからカタルシスがある。そろそろ「グッドワイフ」も真実が明らかになるのでドキドキして観ています。

――実際に蓮見杏子のような弁護士が面接にきたら採用されますか?

はい! 僕だったら迷わず杏子さんを採用します!!(笑)(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)