「3年A組」自己最高視聴率で終幕! 札幌地区では驚異の22%超え

「3年A組」自己最高視聴率で終幕! 札幌地区では驚異の22%超え

「3年A組―」が高視聴率で終幕!

菅田将暉が主演を務めるドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)の最終回が3月10日に放送され、平均視聴率15.4%を記録。番組最高視聴率にして、日本テレビの“日曜ドラマ枠”の最終回では過去最高となる数字を記録し、有終の美を飾った。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

「3年A組―」は、卒業まで残り10日となった高校で、菅田演じる美術教師の柊一颯(ひいらぎ・いぶき)が担任を受け持つ3年A組の生徒を人質に取り、命を落とした生徒・景山澪奈(上白石萌歌)の死の真相に関係する“最後の授業”を行う学園ミステリー。

菅田が念願だったという初の教師役に挑むことや、ネクストブレーク必至の若手キャストの出演が話題を集めた。

最終回で描かれたのは、くしくも放送日と同じ3月10日の物語。柊一颯が立てこもって戦ってきた強大な黒幕、澪奈を殺した“真犯人”が明かされた。

最終回では、この真犯人についてや一颯が放った胸を打つ熱い言葉の数々、永野芽郁をはじめとする生徒役キャスト、そして彼らを取り巻く大人キャストの熱演も大きな反響が上がった。

ちなみに、日本テレビ系列局のSTV(札幌テレビ)では22.7%という驚異の高視聴率をマークしていることも判明。

前週第9話の16.6%から6.1%もアップするという急上昇で、夜10時台スタートの連続ドラマとしては異例の数字をたたき出した。(数字はビデオリサーチ調べ、札幌地区)

■ ファン歓喜!「卒業式」の様子も配信開始

なお、最終回でドラマが完結した直後から、オリジナルストーリー「3年A組―今から皆さんだけの、卒業式ですー」がHuluにて独占配信スタート。

一颯が警察に連行され、3年A組の生徒が日常へ戻る瞬間から物語は始まる。“10日間の授業”で一颯の思いを受け継いだ生徒たちは、ふとその日が本来は卒業式だったことを思い出す。

その矢先に一颯のパソコンから発見される「卒業式」と銘打たれたファイル。それは、かけがえのない恩師・一颯の音声だった。

「これから、俺の卒業式を始める。俺に向かって、おまえたちが目指す未来を語れ」。そう口火を切るや、一颯は“自分を真の教師にしてくれた29人の生徒一人一人”に対し、熱いメッセージを投げ掛ける。

その愛に満ちた“最後のメッセージ”、それに対して生徒たちが本気で語る“目指す未来像”とは…。

このオリジナルストーリーは前編&後編の全2話で、前編は既に配信中。後編は3月16日(土)深夜0時(=17日AM0時)から配信スタートする予定だ。

その他「3年A組」の全10話や「スペシャルメイキング&朝礼体操 教えて甲斐先生!」もHuluにて独占配信されている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)