“誰かのために”3月11日に48グループが各地で「東日本大震災復興支援特別公演」を実施

“誰かのために”3月11日に48グループが各地で「東日本大震災復興支援特別公演」を実施

AKB48グループが各地の劇場で「東日本大震災復興支援特別公演〜誰かのためにプロジェクト2019〜」を行った

2011年3月11日に起こった東日本大震災の後に「誰かのために」プロジェクトを立ち上げ、被災地の人々への復興支援活動を行っているAKB48グループ。

3月2日には69回目の被災地訪問として、岩手・大槌町、宮城・石巻市、福島・南相馬地へ。復興支援ライブを行い、犠牲者への献花と黙とうをささげた。

そして、11日には「東日本大震災復興支援特別公演〜誰かのためにプロジェクト2019〜」を、AKB48、SKE48、NMB48、NGT48が各グループ専用劇場、HKT48が福岡市・スカラエスパシオ、STU48が広島市・広島テレビホールで実施した。

東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた「シアターの女神」公演では、チームBキャプテン・高橋朱里が「本日3月11日は東日本大震災から8年目です。AKB48グループは震災からの復興を少しでもお手伝いさせていただくために、『誰かのために』プロジェクトを立ち上げ、さまざまな活動をしてきました」とコメント。

続けて福岡聖菜が「私たちはこの先もできる限りの支援活動に取り組んでまいります。これからのさらなる復興、そして明るい未来へと思いを込めて、今日の公演メンバー16人でこの曲を歌わせていただきたいと思います」と語ると、復興支援ソング「掌が語る事」が披露された。

■ 第69回被災地訪問時メンバーコメント

横山由依(AKB48)「もうすぐこの活動を続けて8年が経ちます。私たちは今でも『何ができているんだろう?』と考えたり、悩んだりするんですが、こうして足を運んでライブを見てくださった方が『すごく楽しい時間でした』とか、『これからも続けてください』という声を掛けてくださることも多く、東日本大震災を若い世代の方も忘れないようにしていってほしいなという意味で、私たちができるのはこのライブだったり、被災地訪問活動なのかなと思うので、この活動はやっぱり続けていきたいなと思います」。

柏木由紀(AKB48/NGT48)「私はAKB48初めての被災地訪問でもあった2011年5月にこの大槌町に来させていただいて、そのときに来ていたという男性と8年ぶりに再会して、『あのとき来てくれてありがとう』と言ってくださって、こうやって続けてきて本当によかったなと思います。町はその当時よりはもちろん復興してきていますけど、まだまだ仮設住宅に住んでいる方もいらっしゃいますし、心に傷を負っている方もたくさんいると思うので、その中で私たちにできるライブだったり、出来事を風化させないことだったり、また1人1人としてもできることをこれからも微力ではありますが、続けていきたいなと今日改めて思いました」。

岡田奈々(AKB48/STU48)「南相馬を訪問するのは2回目になります。被災地復興支援に来るたびに現地の変化を感じたり、笑顔が増えていったり、震災後に生まれた子どもや妊婦さんまで遊びに来てくれたりと、子どもからお年寄りの方まで喜んでくださることがすごくうれしいです」。

向井地美音(AKB48)「私は震災当時中学1年生で、まだAKB48には入っていなかったのですが、そのときも地元・埼玉から被害の大きさはすごく感じていました。数年後にAKB48に入ってこの活動に参加させていただいて、当時総監督だったたかみな(高橋みなみ)さんなど、先輩たちの代が始めてくださった活動ですが、私は3代目の総監督に指名していただいたので、自分が就任した後も、ずっとこの活動をAKB48として続けていけるようにしたいと思いました」。

佐藤七海(AKB48)「私も実際に自宅を被災したのですが、AKB48のメンバーが被災地に来て『誰かのために』プロジェクトを立ち上げて復興支援ライブをしていることを聞いたり、テレビで見ていたりしていた自分が、AKB48に入ってこうして活動をさせていただいて4年目になりました。震災から8年経ったんですけど、やっぱり風化させたくないなと思いますし、これからは明るい方向に、一緒に元気に、もっと町が活性化できるようにしたいです。私も岩手県出身として、身近に感じていただける存在だと思うので、これからも明るくできるように頑張りたいと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)