GENERATIONS・片寄涼太、上海ファンミーティングでファン2000人を魅了!

GENERATIONS・片寄涼太、上海ファンミーティングでファン2000人を魅了!

片寄涼太が魅せた!ファンミーティングで弾き語り披露

GENERATIONS from EXILE TRIBEのヴォーカルで、ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)での演技も話題を呼んだ片寄涼太が3月9日(現地時間)、中国・上海での2年ぶり2度目のファンミーティング2019『EXPRESS MY MIND』を開催。1日で2公演を行い、2,000名のファンを魅了した。

アーティスト活動に加え、俳優としても注目を集める片寄は、中華圏を中心とした海外でも大人気!いま最もアジアで注目される日本人タレントの一人だ。そんな片寄の“今”が詰まったイベントは、片寄らしい工夫にあふれたものだった。

■ 映像から飛び出した?片寄涼太がピアノ弾き語り

イベント冒頭では、片寄のとある1日を主観目線で描いたP.O.V映像「ONE DAY」を上映。

ベッドでの目覚めから身支度するシークエンスから始まり、片寄の日常をそのまま疑似体験するかのようなシーンが続く。俳優の千葉雄大も“友人”役として映像にサプライズ登場し、ラストで千葉がピアノの弾き語りをお願いするシーンで突如終了。暗転後、片寄がピアノとともに姿を見せた。

片寄は、ORANGE RANGEの楽曲をカバーした「花」と、台湾出身の人気アーティスト、ジェイ・チョウによる、恋する人への愛の告白をロマンチックに歌った名曲「告白气球」を弾き語り。忙しい合間を縫って完璧にマスターした中国語でのパフォーマンスで上海のファンを魅了した。

まるで映像の世界から抜け出してきたかのような粋な演出は、ファンを一気に興奮の渦へと巻き込んだ。

■ 片寄涼太からのホワイトデーサプライズも!

事前にweiboで募集したファンからの質問コーナーでは「次の中国ツアーはいつ?」「初恋はいつ?」といった、活動内容やプライベートに切り込むものまでさまざまな質問が飛び交い、熱気に包まれた会場をより一層盛り上げた。

イベントの最後には、片寄がステージ上で抽選を行い、見事に当選したファンへギフトとフォトセッションをプレゼントするサプライズも。公演後はVIPチケットファンとのハイタッチ交流会を行い、ファン1人1人と声を交わしながら、ファンミーティングを締めくくった。

会場では片寄からのホワイトデープレゼントとして、入場者に赤いバラと協賛ブランド「DECORTE」の化粧水のセットが用意されるなど、片寄からファンへの思いあふれるイベントとなった。

■ 「3年A組」での演技も話題に

ドラマ「3年A組―」ではクラス一のワルだが実は母親思いの甲斐隼人役で出演。3月10日放送の最終回では、校舎の屋上から身を投げようとした教師・柊一颯(菅田将暉)の手をしっかりとつかみ命を救う熱演を見せ、“甲斐くん”がTwitterのトレンド入りするほどの反響を呼んだ。

そして3月21日には“セレブ王子”を演じる映画「PRINCE OF LEGEND」が封切られる。アーティストとしての魅力に加え、ますます新しい表情を見せる片寄涼太から目が離せない!(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)