田中みな実「モテ方より関係を持続させる方法を知りたいです」<グータンヌーボー2インタビュー>

田中みな実「モテ方より関係を持続させる方法を知りたいです」<グータンヌーボー2インタビュー>

田中みな実

MCを務める長谷川京子、田中みな実、滝沢カレン、西野七瀬が週替わりでロケに出かけ、2人の女性ゲストとともにフリートークを繰り広げる「グータンヌーボ2(読み:ぐーたんぬーぼぬーぼ)」(毎週火曜日夜0時25分カンテレ)。台本なしの赤裸々な恋愛話はもちろん、柔らかい雰囲気を持つMCたちのトークが「ゆるくて面白い!」と話題だ。

スタジオトークではゆるふわMC陣のまとめ役となり、ロケではゲストの体験談にがっつり食いつく田中が、女子会トークの本質について語ってくれた。

――回を重ねるにつれ、MC陣のチームワークがあがってきましたね。

最初の収録のころは「これで番組として成立するのかな?」ってちょっと不安もあったんです(笑)。出演させていただいている他のバラエティー番組には、回しやツッコミという役どころの芸人さんがいらっしゃるんですけど、この番組はわたしたち4人だけなので、盛り上がり方が不思議なんですよ。盛り上がるところは盛り上がる。けど、あまりにナチュラル過ぎて「これでいいのかな?」って考えてしまって。でも、今はこれが「グータンヌーボ2」らしさなんだと思うことにしています。

――長谷川さん、滝沢さん、西野さんと、ふんわりした方が集まっている印象ですよね。回し役を頼まれたのでしょうか?

制作サイドからは何も言われていませんが、何となくそうなっているのかもしれません。お三方とも、いい意味で「番組を面白くしようという!」って意気込むタイプではないので(笑)。だからこそ、他のバラエティーとはひと味違うハラハラ感が生まれるのかもしれません。ごくごく自然体だから無理して笑うこともなく、ものすごく素直に、面白くなければ笑わないという感じ(笑)。普通の女子会の、女子トークそのまま放送しているような…。世代が違う4人ですから、全員が同時にワッ!って盛り上がる場面もほとんどなく…それってすごくリアルですよね。

――たしかに、どなたも声を張ったり、積極的に自分から体験談を話したりする印象がありませんね。

そうなんですよ。面白エピソードを無理に話さなくてもいいんだと思うと、すっごく気持ちが楽です(笑)。4人の空間は不思議な心地良さがあってクセになる。一視聴者としても、ずっと見ていたい番組です。

――スタジオでのポジションだけではなく、ロケに出たときも田中さんが一番積極的に見えます。ゲストのエピソードに対して「どのタイミングで手をつないだの?」「そこでもうチューしちゃったの?」と、恋愛の“時系列”について多く質問している印象ですが、そこにこだわりが?

いえいえ、そんなことはなくて。たしかに、自分のロケ担当回を観て「あっ、チューについてすっごい質問してるなぁ」とは思いました。でも、普通に女の子同士で恋愛トークをしていると、ああいう話になるんですよ。「何でそこでそうなったの?」「どっちからそうしたの?」って。

――特に田中さんだけのこだわりではないと。

だと思います!友達同士の会話の中に普通に出てくるやりとりですね。タレントさんがゲストなので、どこまでツッコんでOKなのか難しい部分はありますが。ロケで3時間も一緒にお茶をしていると、そういう友達的な感覚に自然と陥るので。なんだろう、恋愛の時系列へのこだわりというよりも…だって、ほら、みんな自分とは違う恋愛をしているわけじゃないですか。単純にその部分に対する興味なのかもしれません。「自分はこういう感じだけど、他の人はどうなんだろう? 違うのかな?」って。気になりません?

――たしかに。それだけ自然にトークができているということなんですね。

そうだと思います。早見あかりちゃんがゲストとして登場してくれた時に、ご主人とは「最初は友達だった」っておっしゃっていて。となると「ずっと友達だったのに、何をきっかけに『付き合おう』ってなるの?」って。その友達期間中は1ミリも恋愛感情がなかったのかな? わたしだったらきっと、手ぐらいはつないじゃうだろうな〜とか。「何でプロポーズを4回も断ったの?」っていうのもストレートに聞いちゃいました(笑)。

この業界で働いている皆さんの恋愛の運び方は、なかなか見えないし、見せないところですもんね。結婚してからとか、付き合ってからのエピソードもさることながら、そこまでの過程やきっかけみたいなことを聞きたい!

――なるほど。では、ゲストの言葉の中から、ご自身の恋愛について「私にはこれが足りない!」と気付かされたことはありますか?

一番印象に残っているのは片瀬那奈さんの「(相手が)やってほしいことをやってくれた時に、『ありがとう』『すごくうれしいよ』って言う」というお話ですね。たしか、あの時、わたしも「やる」って同意したんですけど、あらためてそうだよなぁと。すごくシンプルなことだけど、お互いにそういう気持ちを持続できたらいいなって。

――簡単そうでなかなかできないことかもしれませんね。

最近本当にそう感じます。「モテるでしょ?」って言っていただくことが時々あるんですけど、モテたところでしょうがないよなぁと思ったりするんです。「どうしたら好きな人との関係を良好に持続できるのか?」ということのほうが大事じゃないかなって。それは、ずばりわたしの課題です。

――「グータン」に出演する前からそう思っていたのでしょうか?

はい。それを片瀬さんのお言葉で再確認できました。「押されて付き合ったけど長続きしない」「付き合ったのはいいけどケンカが多い」ではなく、すごく好きな人だけでいいからちゃんと付き合えるーーつまり、その人といい関係を育んでいくことこそが理想です。ものすごく当たり前のことのようですが、それができれば、結婚に向かっていくこともできるんだろうなって思います。本やネット上に「モテる方法論」はたくさんあるのに、「関係を良好に持続させる方法論」って、あまりないような…。

――それを田中さんが書くというのは?

いやいや!書けません!成功体験もないし(笑)。恋愛は相手あってのことだから、人それぞれでしょうしね。その手の本が少ないっていうのは、そういうことなのか。だからこそ、この番組で聞けるエピソードは参考になります。今後も女子会を楽しみながら、「自分にも当てはまりそうだな」って思えることをゲストの方からたくさん吸収したいです。

――では今一番、吸収したい話をしてくれそうな人、もしくは恋愛話を聞いてみたい人は誰でしょうか?

同じくMCの長谷川京子さんでしょうか。スタジオでちょこちょこ話してくださるんですけど、短いフリートークの場面だけなので、もっとしっかり聞きたいです。我々MCの中で唯一の既婚者ですし、お子さんもいらっしゃいますから、参考になるお話はたくさん聞けるはずです。お付き合いしていた時の関係が結婚してからどう変わったのか、お子さんができてからどう変わったのか。多分、長く一緒にいればすれ違ったりすることもあるんでしょうけど、そこにどう折り合いをつけてきたのかも知りたいです。少しずつおうかがいできればと思っています。

――いつか、お二人がガッツリ話している場面も見たいですが。

ええ、はい…もう少し心の準備が必要かもしれません(笑)。京子さんは本当にキラキラしているので、最近やっと隣で過ごす時間に慣れてきたところなんです。キラキラしていて、言いたいことをズバッとおっしゃる。そこが気持ちいいんですよね〜。クセになります(笑)。

「グータンヌーボー2」は毎週(火)夜0時25分カンテレにて放送。毎週(水)午前10時からAmazon Prime Video、カンテレドーガ、TVerほかにて配信。

撮影=山田大輔

取材・文=大小田真(ザテレビジョン)