中井貴一、香取慎吾らが歌い・踊る!三谷幸喜が10年以上も前に着想したミュージカルを中継

中井貴一、香取慎吾らが歌い・踊る!三谷幸喜が10年以上も前に着想したミュージカルを中継

「ミュージカル『日本の歴史』 作・演出 三谷幸喜  音楽 荻野清子」が3月16日夜7時よりWOWOWプライムで放送

三谷幸喜作・演出で、1700年にわたる壮大な日本の歴史をミュージカルで描き出した舞台「日本の歴史」を、WOWOWプライムにて3月16日(土)夜7時より放送する。

音楽は、数々の三谷作品の音楽を手掛け“音楽で伏線が張れる希有な才能”と三谷が信頼する荻野清子。

出演は、三谷が脚本・監督を務める映画「記憶にございません!」(9月13日[金]公開)の主演をはじめ、三谷作品に数多く出演している中井貴一。

そして、同じく三谷が脚本を手掛けた2004年のNHKの大河ドラマ「新選組!」で主演した香取慎吾が、2015年の舞台「burst!〜危険なふたり」以来の三谷作品の舞台に立つ。

ほか三谷作品常連の川平慈英、新納慎也、シルビア・グラブ、秋元才加、そして三谷作品初出演となる宮澤エマを加えた7人が、60以上の役を演じる。

アンサンブルから装置転換まで7人でこなす様子を含め、一瞬たりとも目を離すことのできない舞台となっている。

今回の舞台化の理由を三谷は、「歴史には自分が直面している問題や悩みから解放されるヒントが隠されている。それを知ることで勇気が湧いてくることを伝えたかった」とコメント。

他に、番組のインタビューで以下のように答えている。

■ 「ミュージカルなら、分かりやすく表現できるのでは」

――日本の歴史をミュージカルにしようと思ったのはいつ頃ですか?

ある家族の歴史が、日本の歴史と重なっていくという設定の物語を創りたいと思ったのは10年以上前です。それをどういう形で表現できるかと考えた時に、ミュージカルならば可能なのではないか、と思ったんです。

ミュージカルは、それこそ突然人が歌いだす世界でもありますし、何があってもおかしくない。日本史と家族史が重なっていく、ちょっと複雑な物語もミュージカルでやることで、分かりやすく表現できるのではないかと思いました。

もう、7、8年前かな、荻野さんにこんな事をやってみたいという話をしたのですが、実は彼女は全く歴史に興味がないという事がそこで分かったので、だったらとりあえずこれを読んでみてください、と日本の歴史のマンガ版を渡したのが始まりです。

――荻野さんの反応はいかがでしたか?

最初に僕がこんなものをやりたいんだという話をしてもよく分からないと言われました。それで、割と早い段階で構成表を作って荻野さんにお見せしたんですけど、やはりよく分からないと。ならば、これはイメージをつかんでもらうためにも台本を書いて、まず読んでもらおうと思ったんですが、だいぶ遅れてしまいました。

台本が完成する前にも、荻野さんに会って、こんな感じだというのを見せたのですが、荻野さんから、自分のような歴史に興味がない人からすると全く聞いたことがない人たちも多く出てくるから、これではついていけないという指摘を受け、せめて、名前だけでも聞いた事がある人を入れてもらえないかと。

それで、またいろいろ考えて、台本が完成して初めて、「三谷さんがやりたい事がようやく分かった、こういう事だったんですね」というそんなプロセスでした。

――歴史上の人物が後押ししてくれると思う事はありますか?

そもそも僕が歴史を好きになったのは、そこなんですよね。それを今回、歌にもし、せりふにもして皆さんに伝えたかったという思いが一番大きいですね。

自分が今、直面している問題は、僕が初めてぶち当たった問題ではなくて、今まで誰かが同じような事にぶつかり、同じような事で苦しんだはずで、それを知る事で、勇気が湧いてくるというか、そのために僕らは歴史を学ぶのではないかと思うんです。

その歴史をひも解く事で、今自分が悩んでいる事からどうすれば解放されるのかというヒントが、歴史のどこかに隠されていて、自分の未来も開けてくる。そういう歴史の見方をするという事はとても価値のある事ではないかなと思います。

それは自分が歴史を読む時に、強く感じる部分ですね。

なおミュージカル「日本の歴史」では、この三谷のインタビューに加え、音楽の荻野のインタビューも放送される。三谷から、この舞台の構成や台本を渡された時の、荻野の意見や感想も明かされる。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)