佐藤仁美が4人の妻を熱演!役作りの参考はネット投稿?

佐藤仁美が4人の妻を熱演!役作りの参考はネット投稿?

4人の妻役に挑んでいる佐藤仁美

NHK BSプレミアムで放送中の「我が家のヒミツ」(毎週日曜夜10:00-10:50)。

同作は、奥田英朗の短編小説をドラマ化した「我が家の問題」(2018年、NHK BSプレミアム)の第二弾。“4人の妻”を各話の主人公とし、オムニバス形式で4つの夫婦の会話劇を描く。

今回、一人4役で“4人の妻”を演じ分けているのが連続ドラマ初主演の佐藤仁美だ。

ネットオークションにハマる妻や妊娠中でナーバスになる妻などその役どころは多岐にわたる。

そんな佐藤に一人4役を演じることの苦労や共演した4人の夫の印象などを聞いた。

■ 「どうしてもですか?」という思いでした

――今回、一人で4役を演じられていますが、オファーを受けた時の印象を教えてください。

いやでした(笑)。

4役やって、「全部同じじゃん!」って思われたくなくて…。

“役者としてやりがいがあります”と言いながらも、最初は「いやだ、そんな評価は受けたくない! どうしてもですか?」という思いでした。

――役が違うとはいえ、“妻”を4役というのは変化をつけるのは難しそうですよね。

難しいですね。

はじめは、髪型や衣装、夫役も変わるし、「(同じ人が演じているって)バレないんじゃない?」なんて開き直ったり…。

でもやるからには! という思いももちろん自分の中にありました。

1番悩んだのは、妊娠中の妻・葉子を演じた第3話(3月17日[日]放送)です。

マタニティハイの状態になっている役なのですが、妊娠も結婚もしたことがないし、想像でしかなくて…。

また、実年齢より歳が一番離れていたのが葉子だったので、「この若作りどうする?」という悩みもありました。

でも、1話を撮り終わったら1日お休みがいただけていたので、リセットできてよかったですね。

いつも朝5時起きだったので、撮影中は全然お酒が飲めなくて(笑)。

お休み1日の半分は二日酔いで潰れ、そこから台本を読みという感じでしたが…。

――今回が連続ドラマ初主演ですが、何か心掛けたことなどはありますか?

私の中では“主演だから”といって変わったことはまったくなかったです。

コンビニでお菓子やスープを買ったり、第2話(3月10日放送)で共演した八嶋(智人)さんとピザを差し入れしたりということはしましたけど…。

あとはスタッフさんをあだ名で呼んだりしました。

ゲストで出演すると、スタッフさんの名前ってなかなか覚えられないんです。

今回はずっと一緒だったので、主役ってこうやって朝から晩まで撮影して、スタッフさんのことも覚えていくんだな、主役って大変だな、と思いました。

■ 「分かるなぁ」って目線で見ていただけたら

――演じられた4人の妻それぞれの特徴はありますが、一番共感できた妻とできなかった妻を教えてください。

全員に共感ができるんです。

第1話(3月3日放送)で演じた紀子は、ネットオークションにハマる妻。

私は結婚をしてないですけど、ずっと一緒に居ると家族の誕生日がどうでもよくなってしまったり、存在を忘れられてしまうお母さんっていると思うんです。

そういう感じで、そのままネットオークションにハマるみたいな…。

「梱包が大変」とかってよく聞くな、今そういう人多いな、って思いますね(笑)。

第2話では、転職ぐせのある夫が登場しますが、そりゃそんなに職を転々としていたら怒るよって思いますね(笑)。

夫役の八嶋さんとは、以前からお友達だったこともあり、すごくやりやすかったです。

八嶋さんがあの役をやるんだったら私はコミカルに、少しふざけないといけないかなって思っていたんです。

2人でのシーンを撮影する前に私だけのシーンがあったので、そういう感じを意識したのですが、2人で撮影すると「あ、やっぱりふざけてきた…」みたいな(笑)。そういったことがありましたね。

第3話は隣人のことが気になる妻ですが、私自身も隣のお家から物音が聞こえて、「朝方にこんなに音する? 何の仕事してるの?」って気になったことが何度もあったので分かります。

第4話(3月24日[日]放送)は夫の夢を支える妻。

私は夫ではないですけど、「そういえば昔“ヒモ”を飼っていたなぁ、そんな気持ちかなぁ」ってなりました(笑)。

妻が「何とかして頑張らなきゃ、この人は生きていけない」みたいな部分は共感できました。

視聴者の方にも「分かるなぁ」って目線で見ていただけたらうれしいです。共感できるところが多いと思います。

■ 2ちゃんねるで調べましたね(笑)

――4人の夫を演じられた皆さんの印象をそれぞれ教えてください。

第1話に出演された田中(直樹)さんは、ほんわかしたイメージがありますよね。

私自身、監督からも「ほんわかした感じで。ゆっくりと話して」と言われましたし、この2人ならパッと見かわいらしい、ほんわかとして、ボッーとした夫婦なんだろうなと思っていました。

田中さんとご一緒のシーンはそんなに多くなかったのですが、こちらがちょっとふざけると乗ってくれ、優しいお父さんだな、普段もこんな感じなんだろうなって思いました。

八嶋さんはずっと喋っているので、ずっとうるさかったです(笑)。NG出したらずっと爆笑するんですよ!

第2話の夫は、転職はしていないものの、監督が「これ僕です!」というくらい、監督と似ているそうなんです。

だから八嶋さんは監督に「こういう時どんな表情するんですか?」って聞いていましたね。「ビンタされた後はどんな顔するんですか?」って。

見どころですよ、ビンタされた後の八嶋さんの顔(笑)。

第3話の永井(大)くんは硬派ってイメージがありました。

昔よく遊んでいたんですけど、お仕事するのは初めてでしたね。

長いシーンを1回で撮ることがあったのですが、これまでの夫役の方とは違う緊張感が走ったんですよ。

「これドラマっぽい、なんか『相棒』シリーズっぽい…」って思いました(笑)。

すごく緊張しましたが、終わってから「今のシーンよかったよね」って2人で話しました。

第4話と最終話(3月31日[日]放送)に出演される岸谷(五朗)さんは本読みの時からもうその夫そのものでしたね。

その時から「ここのシーンは…」とご自身の考えをお話ししてくださって、もうこれは岸谷さんにおんぶに抱っこになろう、岸谷さんがいらっしゃるなら大丈夫って思いました。

――今週放送される第3話では妊娠している妻役に挑戦していますが、役作りの苦労や見どころを教えてください。

何度か妊婦の役をやったことはあるんですけど、不思議なもので(お腹が)軽いのに、腰も痛くなってくるんですよ。

足も閉じれないし、たまに監督に「佐藤さん、元気が良過ぎます〜」って指摘されたり…。

「私、(本当は)妊婦じゃないから!」って逆ギレもたまにあったりして(笑)。

夫の前ではチャーミングでありたい、でも妊娠という初めての経験に対する不安もあってどうしたらいいのか分からない。それなのに夫は自分の話を聞いてくれない、さらに怪しい隣人も気になる…という一番ややこしい役どころでした。

でも、妊婦さんってナーバスになってしまうからそうなんだろうなって思ったりもして…。

2ちゃんねるで調べましたね(笑)。「旦那は何も分かってないのよ〜、妊婦のつらさ!」みたいな投稿を、「そうだよね、うんうん」って読んで参考にしていました。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)