嵐「24時間テレビ42」の“顔”に!今明かす印象的だった出来事とは

嵐「24時間テレビ42」の“顔”に!今明かす印象的だった出来事とは

「24時間テレビ42」のメインパーソナリティーを務める嵐。会場となる国技館で気合を表したファイティングポーズ!

8月24日(土)、25日(日)に第42回をむかえる日本テレビ系夏の恒例チャリティー番組「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを6年振り5回目(2004、2008、2012、2013年)となる嵐が務めることが決定。大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤からコメントと、会場となる東京・両国国技館での5ショットが到着した。

■ 「例年にない大きな変化」とは会場!

メインパーソナリティー決定は、3月16日に放送された「嵐にしやがれ」(毎週土曜夜9:00-9:54)内にて発表。その中で「今年は例年にない大きな変化がある」として、会場が両国の国技館となることも明らかに。

新元号となって最初の24時間テレビにふさわしい、歴史ある会場での開催に、会場を訪れたメンバー5人も「迫力ある」と感動しつつも、「今までに見たことない景色」「どうなるか見当もつかない」とコメント。不安と期待の気持ちを胸に、本番に向けスタートを切った。

■ テーマを書にしたためた紫舟の思いとは

「24時間テレビ42」のテーマは「人と人 〜ともに新たな時代へ〜」。嵐のメンバーが見守る中、書家でアーティストの紫舟の書によって発表され、その筆致にメンバーからは「力強いですね」「すごいね」と絶賛の声が相次いだ。

櫻井が「どんな思いを込めて書き上げたのか」と質問すると、紫舟は「(元号が変わる)新しい時代は、年齢・性別・ハンディキャップの有無を飛び越えて、人と人とが向き合う時代になるのでは、人と人が手をさしのべ合う時代になるでは、という思いを込めました」とコメント。印象的な形の「人と人」の“と”の字については「人と人との間に生まれる、何か温かなものをイメージした」と語った。

■ 嵐のメンバーそれぞれが印象に残っていることを振り返る!

各メンバーは「これまでの『24時間テレビ』で印象に残っていることは?」と質問に、相葉は「2004年、メンバーに宛てたサプライズの手紙」と回答。「でも、気持ちを込めて書いたのに、本番で泣きすぎて伝えきれなかった」と後悔もにじませる。

二宮は「2012年の佐々木健介・北斗晶ファミリーのマラソン」を挙げ、24時間テレビ恒例企画のマラソンを「家族でリレーしていく姿が新鮮だった」と振り返った。

大野が挙げたのは、2008年に自身が担当した巨大バルーンプロジェクト企画。「(武道館の別場所で)一人で作業しながら、4人を見るのが新鮮だった」と回答。コメントを聞いていた櫻井から、通算3回(2004、2012、2013年)のチャリTシャツのデザインを大野が担当したことを加えられると、大野は「それは、すごい(ことだ)よ」と切り返し、笑いを誘っていた。

そんなナイスアシストをした櫻井にとって印象的だったことは「亀梨和也・小山慶一郎と行った2017年」。「24時間テレビ内の嵐にしやがれ企画で、嵐メンバーに合流したとき、いつものメンバーに囲まれる安心感を改めて感じた」と語った。

そして、松本は「被災地の方たちと一緒にやらせてもらっている企画。(東日本大震災から)8年経ったけれど、毎年放送している24時間テレビだからこそ、8年間でどう変わってきたのかを伝えることができていると思う。今年の24時間テレビは『いま、どう向き合うか?』をたくさん詰め込むことができれば」と明かし、今回の24時間テレビの展望も少しだけ教えてくれた。

最後に、櫻井が「6年ぶり5回目、さらに新元号となって最初の24時間テレビという大役を任せていただいた。国技館という新しい場所で、メンバーそれぞれがさまざまな人とつながりながら、新時代にふさわしい24時間テレビを作りたい」と代表して抱負を語った。

さらに、番組総合プロデューサーから、テーマに込めた思いや嵐への期待を含めたコメントが届いた。

■ 「24時間テレビ42」総合プロデューサー・江成真二のコメント

平成から新たな時代へ、新元号となって初めての24時間テレビ。自然災害をはじめさまざまな困難が降りかかる現代ですが、そんな今こそ手を取り合って新しい時代を作っていこう、そして新しい時代は様々な人が手を取り合う時代にしていこう、という思いがテーマには込められています。

メインパーソナリティーは20周年を迎え、より強い絆で結ばれている嵐の皆さん。そんな彼らとスタッフ一同手を取り合って今こそ必要とされる「新たな24時間テレビ」をお届けします。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)