芳根京子の“ウキウキ顔”や全力過ぎる姿に早くも反響!<チャンネルはそのまま!>

芳根京子の“ウキウキ顔”や全力過ぎる姿に早くも反響!<チャンネルはそのまま!>

芳根京子は焼き芋を持つ姿もキュート

先日、日本アカデミー賞新人賞にも選出された若き演技派女優・芳根京子が主演を務め、現在NETFLIXにて先行配信中のHTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」が、3月18日(月)より北海道テレビ(HTB)で5夜連続放送。放送に先駆け、メーキング動画がHTB公式YouTubeチャンネルで公開されており、芳根のキュートな素顔が注目を集めている。

「踊る大捜査線」シリーズの本広克行が総監督を務め、「水曜どうでしょう」シリーズの藤村忠寿氏、嬉野雅道氏が強力タッグを組む同ドラマは、札幌在住の漫画家・佐々木倫子が2008年から2013年まで「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)にて連載し、単行本全6巻がシリーズ累計発行部数100万部を突破した同名コミックが原作。

札幌のローカルテレビ局を舞台に、謎の採用枠“バカ枠”で入社した不思議なパワーを持つ新人記者・雪丸花子(芳根)が、デキる同期や上司ら周囲のテレビマンたちを巻き込みながら繰り広げる騒々しい日々を描く痛快コメディーだ。

22歳の若さで既に“朝ドラ”、“月9”という注目度の高いドラマ枠で主演を務めた経験を持つ芳根だけに、ちょっぴり空回り気味な愛されおバカキャラも見事に体現。

先行配信中のNETFLIXで視聴したファンからは、既に「芳根ちゃんの真面目で不真面目な顔が面白い!」「どうしてそんな表情ができるの?w」「どこか放っておけないかわいさ」「応援したくなるよね」といった好意的な反響が上がっている。

公開されているメーキング動画は、HHTVにヒッチハイクして戻ろうとプラカードを掲げる芳根のポーズが何なのか、というものを紹介する「芳根京子さんが掲げている小道具は何に使う?」や、ヘリコプター内部で巻き起こる芝居を撮るシーンの裏側を公開している「芳根京子ヘリコプターでの演技にウキウキ!」など、いずれも撮影の裏側を知ることができるものばかり。

特にヘリコプターの動画は、実際のヘリに乗って撮影できるということに大喜びした芳根の、「ウキウキ」と顔に書いてあるような姿が話題に。

ファンから「やばい、にまにまが止まらない?(*´?`*)??」「なんやこの可愛い生き物は!?」「ウキウキしてる芳根ちゃん可愛すぎる!(笑)」と、癒やされる声が続出している。

そんな芳根のキュートな姿が拝める「チャンネルはそのまま!」は、3月18日(月)より地上波で放送。あらすじを紹介する。

■ 3月18日(月)放送 第1話あらすじ

花子(芳根)は北海道のローカルテレビ局に勤めている新人記者。同期の仲間たちは、営業や技術、編成部に配属され、着実に成長を続けているが、花子は失敗ばかり。

花子が書いた、同期のアナウンサー・花枝まき(宮下かな子)のデビュー原稿も放送開始ギリギリまで遅れ、しかも信じられないほどの誤字だらけで、危うく放送事故を起こすところだった。

しかしそのおかげ(?)で花枝は、一気にアナウンサーとしての才能を開花させた。

そうやって周りの人たちを巻き込み、次々と謎の“化学反応”を起こす不思議な花子の存在感は、やがて同期の記者・山根一(飯島寛騎)や、カリスマ農業技術者・蒲原(大泉洋)、そして鹿取(安田顕)らライバル局・ひぐまテレビをも巻き込むことに…。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)