<はじこい>最終回直前のご褒美?ユリユリの“舌ペロ”オフショット動画に歓喜!【視聴熱TOP3】

<はじこい>最終回直前のご褒美?ユリユリの“舌ペロ”オフショット動画に歓喜!【視聴熱TOP3】

3月18日の「視聴熱」デイリーランキング・ドラマ部門で、横浜流星らが出演する「初めて恋をした日に読む話」がランクイン

webサイト「ザテレビジョン」では、3月18日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「トレース〜科捜研の男」(フジテレビ系)14018pt

3月18日に最終回が90分SPで放送された。真野(錦戸亮)の家族が殺された武蔵野一家殺人事件の真相は、現・警視庁刑事部長である檀(千原ジュニア)が絡んだものだった。きっかけは、高校時代に真野の兄・義一(倉悠貴)を偶然見かけた檀が「その笑顔を踏みにじってやりたい。苦痛にゆがむ顔を見たい」という思いを抱いたこと。そんな猟奇的な理由に視聴者は驚愕した。

警視総監の父の権力を使って、義一に対するいじめをさせた檀。さらに、真野の姉・仁美(夏子)を妊娠させたのは義一の担任教師だった早川(萩原聖人)で、妊娠がわかって捨てられた仁美が檀に復讐を依頼したことで、檀は早川へのいじめも指示した。そして、心が壊れていった早川に対して仁美を「殺しちゃえば」と提案。早川が一家を殺して、義一による無理心中に見せかけるように誘導したのも壇だった。

檀はいっさい手を下しておらず、教唆の証拠もない。義一のときと同じ興奮を得るため、壇は真野を真実へと導こうとしていた。そんな壇と対峙した真野は、ナイフや拳銃を向けるも、自身で手を下すことはしなかった。そこへ、早川が現れ、檀を刺した。

たたみかけるように判明していく真相がどれも衝撃的で、SNSは「まさか…」「サイコパスすぎる…」「鳥肌もの」と動揺が広がった。千原ジュニアの狂気に満ちた演技が「すごすぎる」という感想も。

その後、虎丸(船越英一郎)に檀と早川を助けた理由を聞かれた真野は、「自分自身の真実を知ったとき、もし檀や早川を殺したら、二度と暗闇から抜け出すことができなくなる。俺は前に進みたい、そう思ったんです」と告げた。

真野がこれまでの信念を貫き、前に進んだことに視聴者は安堵したが、意識不明だった檀が目を開くラストシーンに再びざわめきが広がり、「続編があるの?」といった声が上がった。

2位「初めて恋をした日に読む話」(毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)10674pt

最終回の第10話放送まであと1日となった3月18日、ドラマ公式アカウントではユリユリこと匡平を演じる横浜流星が“舌ぺろ”をする動画オフショットが公開に。いよいよ見納めということもあり、「見たいけど、見終わってしまうのが寂しい」など、早くも“ロス”を予感するコメントが寄せられる反響を呼んだ。

前回の第9話は、匡平の東大二次試験当日に、順子(深田恭子)が交通事故に遭うという衝撃のラストだった。雅志(永山絢斗)はロシア行きが決定する大事なレセプションを投げ出して病院に駆け付けた一方、匡平は試験を受ける道を選んだ。

ハッピーエンドを期待する声が多く、19日(火)放送の最終回で描かれる恋の結末に注目が集まる。

3位「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)4948pt

3月17日に第11回「百年の孤独」を放送。1912(明治45)年7月のストックホルムオリンピック開会式。四三(中村勘九郎)が「NIPPON」と書かれたプラカードを持ち、弥彦(生田斗真)が旗手となり、日本初のオリンピック選手として入場する。

監督の兵蔵(竹野内豊)に緊張をほぐされた弥彦は、競技に挑む。100m予選に続いて200m予選も惨敗した弥彦だったが、晴れやかに最後の400m予選へと向かった。

プレッシャーと戦い続け、全力を尽くした弥彦は、400mで準決勝に進めることになるも、嘉納(役所広司)らに「次は…ないです」「準決勝は、やめます」と告げる。そして「日本人に短距離は無理です。100年かかっても…無理です」と言った。

ただ、「楽しかったですか?」という四三の問いに、弥彦は「あぁ」と笑顔で答えた。「悔いはないのか」という嘉納の問いにも、「はい」と答えた弥彦。

ラストはマラソン競技の当日となった四三と一緒に、弥彦も川で冷水浴を行うシーン。そこで股間を隠した素っ裸という弥彦のサービス?ショットに、生田ファンを中心に驚きが広がりつつ、“弥彦回”となった本話も大きな感動を呼んだ。

本編後の「いだてん紀行」では、弥彦の戦いから96年後の北京オリンピックで日本男子がトラック種目で初のメダルを獲得したことを紹介。弥彦の「100年かかっても無理」との言葉、そしてサブタイトルの「百年の孤独」が、現代につながっていることを感じ、あらためて、四三や弥彦の“一歩”を称賛する声が寄せられた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)