黒木ひかり、タイで水着撮影「おぼれかけて死にました(笑)」

黒木ひかり、タイで水着撮影「おぼれかけて死にました(笑)」

「週刊ヤングジャンプ」の表紙に登場した黒木ひかりのアザーカットが到着

黒木ひかりが、3月20日に発売された「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙を初めて初単独で飾った。

今春高校を卒業する黒木は、「ヤングキングBULL」「少年サンデー」など今月だけで6誌の表紙に登場。3月26日(火)には1st写真集「現在地→卒業」(徳間書店)を発売する。

黒木からコメントが届いた。

■ うらやましいと思っていた

――週刊ヤングジャンプ初単独表紙出演の心境を教えてください。

ヤングジャンプさんには事務所の皆が表紙や巻末をよく飾っていて、1月にも一度複数人で出演したんですが、いつか私もピンで出演できたらいいなぁとうらやましく思っていたので、それがかなってとてもうれしいです。

しかも表紙で…! 本当にいろいろな私をそこまで導いてくれた方々に感謝しています。ありがとうございます!

――撮影はタイで行ったとお聞きしましたが、撮影の際のエピソードを教えてください。

そうなんです! まさか、、、まさか、、、海外で撮影するとは思っていなかったので、それだけで本当にテンション上がりました(笑)。

ただ、実は私泳げなくて…でも、撮影にはプールや海のシーンの撮影があるんですけど、撮影に集中しすぎるといつも泳げないのを忘れちゃって(笑)。

しかも、今回のプールは水深が深すぎて正直何度もおぼれかけて死にかけました(笑)。

何度も「ゴボっ」ってなりながら全力で撮影を頑張ったので、ぜひ見てもらえたらうれしいです!

――お気に入りショットはありますか?

お気に入りといえば、赤色のワンピースと水玉の水着のショットです!

赤色のワンピースの時は夕日の時間帯を狙っての撮影だったので、空がきれいで気持ちが良かったです。

あとは顔とか表情は、ヤングジャンプさんの他の出演者の方々の写真を参考に勉強して、ナチュラルな表情をどの写真でもできるように頑張りました!

――今後の活動の目標や出演情報がありましたら教えてください。

最近、うれしいことに映像のお仕事を忙しくさせていただいていて、所属していたユニットに迷惑をかけてしまっていたので辞めてしまったんですが、やっぱり音楽をやることは一つの目標です。

あとは、今やらせていただいている映像のお仕事とファッションのお仕事を一つずつ頑張って、たくさんの人に見てもらいたいなと思っています!

そしてまた近いうちに、ヤングジャンプさんの表紙に出演させていただけたらうれしいです!(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)